会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
10月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年10月22日(木)

シャボテン公園9…可愛い小動物とメキシカンビュー [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

ナマケモノはどこ?

前回に続いて、第4温室から「第5温室」への通路で、小動物たちを見ながら進みます。
「パカ」のお次は、前足の指が2つの「フタツユビナマケモノ」のブース。
窓に『なまけものはどこ?』とありますが、元々スローモーなナマケモノは、ほかの肉食動物に見つからないよう、樹の上でじっとしている動物なので、飼われている状態でも、なかなか見つけにくいのです。
※ナマケモノには「ミツユビナマケモノ」という、前足の指が、3本の種類もおります。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

「フタツユビナマケモノ」

そして、真剣に探しましたら、いましたいました、上の写真の左側の、緑の葉の陰に。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ムツオビアルマジロ」のブース

こちらのブースには「ムツオビアルマジロ」が入っています。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

「ムツオビアルマジロ」

こちらが住人(?)の「ムツオビアルマジロ」くん。
体の真ん中辺りのウロコ帯の、太いのが6本なのでムツオビなのです。(ウロコは毛が変化したものだそう)
ココノオビアルマジロというのもいますが、ボールみたいに丸くなれるのはミツオビだけとのことです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ミナミコアリクイ」のブース。隣りも

その横にあったのが、今や大人気の「ミナミコアリクイ」のブースで、私が取材したとき(2014年12月)には、ご覧の通り、改装中でお留守でした。

画像(180x89)・拡大画像(601x300)

「コン」と「トト」

こちらが、今や大人気のミナミコアリクイの兄弟「コン」と「トト」です。(画像はシャボテン公園さんのHPより)
最近(2020年6月)末っ子の「ケイ」が生まれたそうです。
7月には、写真のようなエサやり体験もやっていました。
カッワイー♪

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

前方にこんな光景が

現在は、もう少し小動物が増えているようですが、2014年当時は、もう少し進むと、前方にこんな光景が現れました。
シャボテン公園名物(?)の、手づくり文化祭風ディスプレイですね。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

『メキシカンハロウィン 死者の日』ディスプレイ

ここには、可愛い(?)ドクロがいっぱいあり、『メキシカンハロウィン 死者の日』の説明があります。
※ディズニー・ピクサーの『リメンバー ミー』ご参照

画像(180x120)・拡大画像(560x376)

「金鯱」の大きさ順の展示

それから、次の「第5温室」に関連する、よく見るサボテン「金鯱(キンシャチ)」が、大きさ順に展示されています。
5年生から50年生まで、年月で段々大きくなっていくんだなぁ、と思わせておいて…、

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「第5温室」

「第5温室」に入ると、その「金鯱」が、この大きさになっています!
どうやら、日本一の大きさの「金鯱」だということです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「大極殿」と「リュウゼツラン」

「第5温室」のテーマが「メキシコ館」ということは、『死者の日』の展示から、想像していましたが、やはりメキシコとサボテンは、相性ぴったりですね。
トゲの猛々しいのは「大極殿」、隣りの大きい葉が、メキシコと言ったらこれだよ!みたいな「テキーラ」の材料、「リュウゼツラン」であります。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「銀世界」

こうして、メジャーなサボテンのところには、サボテン名が立っていますので、サボテン好きな方には嬉しい展示が続きます。
「銀世界」は、名札の足下にある可愛らしい白い毛玉みたいなので、ふかふかに見えますが、触ると棘が痛いのです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「猩々丸」と「玉翁」ほか

こちらにも、真ん中辺りにちょっと伸びてる「猩々丸」、その右に白いまん丸な「玉翁」、手前のは赤い可愛い花が咲いてました。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

碧塔、象牙ウチワ、巨人団扇

メキシコというと、西部劇で見たような背の高いサボテンも並んでいます。
真ん中の、ひょろっとしたのが「碧塔」、その右下に、いかにもサボテン的な形状の、ウチワサボテンの仲間「象牙ウチワ」が群生しています。
見えにくいですが「碧塔」の後ろには、食用サボテンとして有名な「巨人団扇」が生えています。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

見事なのっぽサボテンたち

とにかく、背の高いサボテンを見てると、アリゾナとかメキシコに行ったような気になりますね。
とにかく、元はちっちゃなサボテンが、15年くらいで30p、腰の高さ(90pくらい)になるのに、30年程かかるんだそうですから、この見事なサボテンになるのに、何十年かかってるんでしょうかねぇ。
次回は「伊豆シャボテン公園」のまとめ、とさせて頂きます。

Posted by 小池 泉壬 at 10時56分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年10月15日(木)

シャボテン公園8…第3森林・第4マダガスカル温室へ [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

第3温室へ

アフリカの多肉植物のあった第2温室から、第3温室への移動も岩窟を抜けて進みます。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

「森林性サボテン館」

進んだ先の第3温室は「森林性サボテン館」。
サボテンというと、荒野や砂漠を連想しがちですが、実は草木の生い茂る森林(あるいはジャングル)にも、サボテンの仲間は繁栄しているのですね。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

『サボテンはどこどこ?』と『アコウ』

ジャングルの中のサボテンについては『サボテンはどこどこ?』というパネルが案内しています。
その前に、ちょっと気になる『アコウ』という文字。
これは別名「絞殺しの木」と云い、実を食べた鳥や猿が落とした種が、別の木の窪みなどで成長し、伸ばした枝で親木にからみついて、枯らしてしまう木なんです。

画像(180x144)・拡大画像(520x418)

サボテンに見えない森林性のサボテン

そしてこちらが、サボテンに見えない森林性のサボテンたちです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「第6のナゾ 月下美人が咲いている日数 」

そして、この森林性サボテン館には「第6のナゾ」として、こんなパネルも立っています。
『月下美人』が咲いている日数についての問題です。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

すらりとした植物「月下美人」

ちなみに、このすらりとした植物が「月下美人」のようですが、花が咲いてないと、ジャングルの中で見つけるのは難しそうです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「第5のナゾ」のパネル

「第6のナゾ」と言えば、「第5のナゾ」を見落としていました。幸い、沢山撮っていた写真の中にありましたので、ご案内だけいたします。
「第2温室」のどこかにあったのですね。
もしまだ、この企画をやっていたら、よ〜くお確かめくださいますように。

画像(180x119)・拡大画像(565x376)

「シャコバサボテン」ほか

この「森林性サボテン館」のサボテンは、よく見ると馴染みの多肉植物がいろいろあります。
こちらの、ブラジル高地の森の「シャコバサボテン(漢字では蝦蛄葉仙人掌)」は、原種の茎が海のシャコに似ていたからなんだとか。
今では「クリスマスカクタス」の方が、お馴染みかも。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「第4温室」へ

そして、ステージは「第4温室」へと、進みます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「マダガスカル館」

この「第4温室」は「マダガスカル館」とも云います。
6500万年前に、インドとアフリカと真ん中の島に分離して、出来たと云われるマダガスカル島は、中央が高原になっていて、その東側と西側とに、自然が大きく3つに分かれているため、数々の固有の動植物が生息している大きな島です。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

『第7のナゾ 仙女の舞』

「第4温室」には、『第7のナゾ 仙女の舞』があります。
そのパネル左の「仙女の舞」の名札のところにある大きな葉の多肉植物で、触ったらどう感じるか?が、ナゾになっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「シロムネオオハシ」

そして次の「第5温室」に行く通路部屋に、可愛らしい小動物たちの展示ブースが点在しています。
写真は、アニメに出て来そうなオオハシの仲間「シロムネオオハシ」です。
大きい嘴は、意外に軽いので肩こりはしないようです(笑)

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

連絡通路

連絡通路は、やはり岩でできたトンネルです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「パカ」の展示ブース

この第4温室と、次の「第5温室」をつなぐ通路の小動物は、かなり珍しいものも多く、動物好きの方には好評のようで、こちらの「パカ」も、地味めですが、なかなか見られないもののようです。

画像(180x118)・拡大画像(560x370)

「パカ」

こちらが「パカ」たち。
げっ歯類(ネズミの仲間)で、ちょっとカピバラ似で、一見おとなしそうですが、怒るとうなるんだそうです。
次回は、続きの「ナマケモノ」からになるので、よろしくお願いします。

Posted by 小池 泉壬 at 13時56分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年10月08日(木)

シャボテン公園7…小動物と地域別サボテンの展示 [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「ベルツノガエル」の展示室

第1温室の後半は、次の第2温室との間の部屋と言うか、通路にあります。
写真は「ベルツノガエル」が展示されている展示室ですが、正式名の「伊豆シャボテン“動物”公園」らしく、生育地域の異なるサボテン展示と併せて、小動物の展示があるのが、このシリーズ2回目でご案内した、設立者・近藤典生博士のモットー『多肉植物類を、そこに棲む動物との共存の世界として観てもらいたい』が、現れています。
※ベルツノガエルは、南米に広く分布する大型の肉食カエル

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

ベルツノガエル

この色鮮やかな、丸っこい物体がベルツノガエルくんです。
こうして、体をやや地に埋め、獲物が通りかかるのを待ち、来たら、ぱっと大口で飲み込んでしまうのです。

画像(180x129)・拡大画像(560x402)

手描きの説明ボード

例によって、手描きの説明ボードも、このように用意されています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

『第4のナゾ』の立札

そして、次の第2温室に向かう通路に『第4のナゾ』の立札が!
(すみません、第2と第3は見逃してしまいました…)

画像(180x123)・拡大画像(560x384)

『第4のナゾ』のアップ

こちらが『第4のナゾ』のアップです。
内容が、いまいちよく分からず、ヒントの“宝箱”も、見つからなかったのが、残念でした。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「チンチラ」の展示ブース

次にあった展示ブースは、この「チンチラ」。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「チンチラ」

こちらが「チンチラ」で、ネコのチンチラとは違って、ネズミの仲間。
南米アンデス山脈の、標高400 - 1,650mの地域に生息しています。

画像(180x124)・拡大画像(570x395)

「第2温室」が見えてきた

さて、やっと「第2温室」が見えてきました。

画像(180x134)・拡大画像(560x417)

『ちょっとあぶない植物1.2.3』…

その入口前に、気になる掲示板が。
なになに『ちょっとあぶない植物1.2.3』…とな!

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「第2温室…アフリカ館」

「第2温室」そのものは、アフリカの多肉植物が集められています。
(アフリカにはサボテンはなく、近縁種の多肉植物が繁栄していて、見た目はサボテンによく似たものもあるとか)

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

アフリカ館の多肉植物展示

アフリカ館の中心に集まっている多肉植物たち、知らないで見たらサボテンにしか見えない姿です。
この中に、トウダイグサ科の植物も沢山入っているのです。
※毒があるといっても、切ったり折ったりしなければ大丈夫。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

「トウダイグサ 瑠璃塔」

では、親切に教えて頂いた『あぶない』植物って、気になりますよね。
と言うことで、まず見つけたのが、このいかにもサボテンに見える「トウダイグサ 瑠璃塔」でした。
ドクロマークが、おどろおどろしいのですが、毒性はそんなに強くない、ということです。

画像(127x180)・拡大画像(372x525)

「矢毒キリン」

そして、こちらは同じトウダイグサ科の「矢毒キリン」。
現地では、獲物を確実に仕留めるための毒矢として、使われるほどの猛毒があるのだそうです。
ちなみに、説明ボード左側の、サボテンに見えるものが本体です。

画像(135x180)・拡大画像(413x550)

「紅葉キリン」

こちらは「紅葉(モミジ)キリン」という、やはりトウダイグサ科の多肉植物です。
毒の程度は“中”といったところのようです。
コチラハ、サボテンどころか、葉の大きな木に見える姿で、葉が紅葉するように赤くなるので、この名が付いています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

多肉植物がいっぱい

なんだか毒のあるものばかり紹介してしまいましたが、多肉植物自体は、ホームセンターなどで売っている、室内で楽しめる植物です。
アフリカの環境の中では、どれほど大きくなるのか、なじみの多肉植物を探してみましょう。
そして、次回に続きます♪

Posted by 小池 泉壬 at 17時55分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.