会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

記事の検索



カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2019年11月08日(金)

こだわりのお風呂がいろいろ…太閤の湯A [有馬]

画像(320x210)・拡大画像(600x394)

大浴場「金銀癒しの湯」入口

前回からの続きとなります今回は、金泉・銀泉で名高い有馬の湯に入るべく、訪ね当てた「湯殿屋」の横にある、大浴場「金銀癒しの湯」入口から始まります。
日帰り客も宿泊客も、お湯に浸かりたい方は、ここからの入場になる訳です。

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

天下の湯(太閤の湯画像…以下同)

来ている物を脱いで、がらり開けた扉の中は、こうなっております。
ここで、折角取材に行ったのに、ここから先は私が撮った画像でないことをお断りしておきます。
結構時間を外した積りでしたが、中にはすでにお客さんが入浴しており、カメラ持ち込みは不可でした。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

「黄金の蒸し風呂」

上の写真のように、銀泉(透明なお湯=炭酸泉)と、小さな祠のような「黄金の蒸し風呂」、そしてその奥に、金泉(赤いお湯=含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉)が並んでいて、真ん中の祠のようなこの「黄金の蒸し風呂」が目立っています。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

黄金の蒸し風呂内部

この時は、中には人が二人ほど入っていて、満員の様子だったので、ひとまず金泉、銀泉に入り、さらに次々と人が入って来たため、興味はあったのですが、上の階にあるという露天風呂群をめざすことにしました。
この画像は、太閤の湯さんのHPよりお借りした黄金の蒸し風呂の内部であります。

画像(180x128)・拡大画像(580x414)

太閤の岩風呂、金泉

天下の湯から、露天風呂に上る階段があるので、タオル1枚“裸のまま!”屋内階段をピタピタと、上ります。
取材時は17年の1月だったので、結構寒かったことが印象に残っています。
ドアを開けて、この「金泉」を見つけた時は、ホント嬉しかったデス

画像(180x160)・拡大画像(550x491)

露天風呂案内図

3階にある露天風呂ゾーンは、このような配置です。
当時、寒さに震えながら上った階段は、図中では「露天階段」となっています。
その上り詰めた処の、一番近くにあるのが「太閤の岩風呂」で、私は、そこから左の瓢箪風呂に進みましたが、右側に女性用露天風呂ゾーンがあったのですね。

画像(180x115)・拡大画像(580x373)

瓢箪風呂、銀泉

「太閤岩風呂、金泉」の写真の奥の方に見えているのが、この瓢箪型の岩風呂です。
まるでお庭にある池に入っているような、露天風呂ならではの、お遊び感覚があるお風呂です。

画像(180x115)・拡大画像(600x385)

「五右衛門釜風呂」

その瓢箪風呂の向こうに見えているのが、太閤秀吉ゆかりの、この「五右衛門釜風呂」です。
広いお風呂も良いけれど、こういうお一人様専用の浴槽が安心感があって好き、と言う方も結構多いのでは。

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

「露天ハーブ風呂」

私は入れなかったので、見てはいないのですが、女性ゾーンにはこのように見た目も美しい「露天ハーブ風呂」や、

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

「ねねの遊び湯」

「ねねの遊び湯」というお風呂もあるようです。
また「太閤の岩風呂 金泉」や「五右衛門釜風呂」は、こちらにも揃っているようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

記念写真コーナー

お風呂以外にも、このような記念写真用のコーナーや、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「千成瓢箪」コーナー

秀吉さんの馬印「千成瓢箪」コーナーとか、

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「利休茶屋」

お風呂上りに一休みできる「利休茶屋」、

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「太閤ねねのお休み処」

もっとゆっくり休める「太閤ねねのお休み処」など、どれも太閤秀吉さんらしい、おもてなしではありますね。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「太閤ねねのお休み処」の中

「太閤ねねのお休み処」の中は、こうなっております。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「土産物売店」

もちろん、ここらしい土産物の揃った「土産物売店」もあるので、日帰り、宿泊を問わず、一日中遊んでいられる温泉ランドでござりまする。…チャンチャン♪

Posted by 小池 泉壬 at 18時15分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年10月27日(日)

有馬「太閤の湯」は、スケールでかっ! [有馬]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「太閤の湯」外観

有馬温泉最大のスケールを誇る「太閤の湯」は、ご縁のある秀吉公にちなんだ入浴施設であることを、心がけているようです。
写真は、日帰り入浴で訪れるなら、ここからという「太閤の湯」の外観です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「湯屋番=フロント」

日帰り入浴の場合はまず、この「湯屋番=フロント」に行くことになります。
ここで『平日2400円、土日祝日2600円(※年始・GW・盆は+100円)…館内着・タオル料含む』の、入館料を支払います。
また、後述する「貸切岩盤浴」の受付も、ここでします。

画像(180x117)・拡大画像(600x392)

「太閤の湯」2階案内図

宿泊客だった場合は、例の本館4階のエレベーターで、カードリーダーを使って「太閤の湯 2階」に移動します。
最初はフロアが広い為、どっちに行くのか迷う方が多い(私もでした)と思いますので、まずはこの2階館内図を元に、ご案内しましょう。
※「太閤の湯」HP内の案内図の部分コピー

画像(180x119)・拡大画像(580x384)

「フードコート 湯の山街道」

まず最初に、「太閤の湯」2階に下りて右を見ると、目に飛び込んでくるのが、<18>の「フードコート 湯の山街道」です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

フードコート屋台

このように「めし屋」「めん屋」「のみ屋」「鉄板屋」などの商い口があり、

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

「醍醐花の宴」

反対側にある「醍醐花の宴」に沢山用意されているお席で、食事を摂ることができます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「醍醐花の宴」の店内

「醍醐花の宴」の店内は、このようになっていて、奥の方に<9>の「貸切岩盤浴 ひょうたん夢蒸楽」の入口があります。

画像(180x122)・拡大画像(570x389)

「貸切岩盤浴 ひょうたん夢蒸楽」入口

「貸切岩盤浴 ひょうたん夢蒸楽」は、安土桃山の時代の秀吉を始め、庶民に至るまで好んだという“蒸し風呂”を再現したもので、1048円(税別)の別途料金を、前述3階の「湯屋番」に支払えば、体験することが出来ます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

入ったところ

入口を入ると、このようになっていて、男(黒)女(赤)の目印行灯が立っています。

画像(180x87)・拡大画像(580x282)

各色ひょうたんの定員は2〜4名

中は小部屋に分かれていて、「黒」は、床に桜島溶岩、「黄」は、壁や床に岩塩を、「白」は、床材が白い麦飯石、壁に稚内珪藻土、奥の「赤」は、床材に医王石が敷かれ、「桃」は、麦飯石と遠野角閃石というように、それぞれ岩盤の効能の違いを味わえるようになっています。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

クールルーム(ソルトビット)

真ん中にある「クールルーム(定員12名)」には、写真のようにソルトビット(ハンガリー発祥の冷たい塩が置かれた部屋)になっていて、岩盤浴で熱くなった体を、冷やします。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「太閤夢蒸楽」

「ひょうたん夢蒸楽」のほかに、有馬温泉のミストを併用した岩盤浴が楽しめる<8>「太閤夢蒸楽(有料)」があり、
こちらも、異なった効能を持つ鉱石・火成岩、桜島と阿蘇山の溶岩、パワーストーンや貴宝石の部屋、金泉と銀泉の混合泉ミストと、麦飯石岩盤の「金泉」の4部屋があります。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

ドクターフィッシュ(有料)

岩盤浴や蒸し風呂を味わったら(もちろん入らなくてもOKですが)、肝心の“太閤さんの湯”に進みましょう。
まず「湯殿屋(入浴受付)」を目指すのですが、その途中、図中の<27>にある(いる?)のが、この水槽です。
水槽に足を浸すと、熱帯産の小魚「ドクターフィッシュ」が集まって、足の皮膚の古いものを食べてくれます。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

無料岩盤浴「太閤の湯殿」

岩盤浴は、有料ばかりと思っていると、どっこい無料で楽しめるものもあるのです。
それがこの、図中<6)の「太閤の湯殿」です。
ここで、まずは岩盤浴の“良さ”をお味わいください。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

南蛮渡来「涼感爽健房」

そして、岩盤浴で熱くなった体は、この<7>南蛮渡来の「涼感爽健房」で冷ましましょう。
中は、ソルトビットの部屋になっています。

画像(180x117)・拡大画像(580x379)

「湯殿屋」

お待たせしました、こちらが図中に「湯殿屋」とある、浴場カウンターで、宿泊客の方は、ここで目印のリストバンドを確認してもらうことになっています。
◆次回は、いよいよお風呂をご案内します。
取材時と経営母体が変わった現在の「太閤の湯」の照合に時間がかかり、更新が遅くなってしまいました。

Posted by 小池 泉壬 at 21時37分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年10月11日(金)

(旧)有馬ビューホテルうらら→現「有馬きらり」 [有馬]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

有馬ビューホテル外観

前回ご案内のように、現在は見ることができない『旧バス旅ガイド』でご紹介していた(主に)観光ホテル系の再編集版をアップして参りますので、よろしくお願い致します。

まずは、左欄「カテゴリー」からピックアップした「有馬ビューホテル」から始めます。
(車には狭い)坂道の多い有馬温泉らしく、このホテルも坂道を上った先にあります。
また、本館の後ろには「太閤の湯」という日帰り温泉施設が隣接していて、気軽に“有馬温泉”を体験するのに最適です

画像(180x119)・拡大画像(590x392)

玄関からフロントロビーへ

上の写真の、こげ茶色の玄関から、館内に入ると写真の右側奥がフロントになっています。

画像(180x119)・拡大画像(590x392)

女性客向けのきれいな浴衣

宿泊の場合は、このような女性客向けのきれいな浴衣が用意されています。※17年1月時点
上からL・M・Sのサイズで並んでいます。(レンタル料はフロントでお尋ね下さい)
脇に立っているのは、通常部屋に用意されている浴衣の見本です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

部屋

3〜4人で泊まる、平均的なお部屋の様子です。
部屋の窓に見えるのは、アセビか山藤の花ではないかと…

画像(180x123)・拡大画像(550x378)

説明書きと鍵

この宿に宿泊したなら、ぜひ「太閤の湯」をお試しあれ、
ということで、到着した宿泊客には、このような説明書きと、エレベーターのカードリーダーに読み込ませて、動かせるリストバンドと、部屋の鍵が渡されます。※17年1月時点

画像(180x124)・拡大画像(570x393)

4階、太閤の湯へのエレベーター室

そのエレベーターには、本館4階のエレベーター室で、ホテルのスリッパを靴箱に入れてから、乗り込む訳です。
「太閤の湯」については、後日のご案内としましょう。

画像(180x120)・拡大画像(590x395)

ハニットアゼリアツアー夕食

次は、お待ちかねの夕食のお料理になる訳ですが、こちらのバスツアー用のものを参考にどうぞ。

画像(180x131)・拡大画像(550x401)

「雪見八寸」

この夕食については、バス旅ガイドフォロー17年2月16日のブログ記事の、補完とさせて頂きます。
こちらは、未掲載の「雪見八寸」で、目立つ「紅ずわい蟹葛煮」は、つるりとした食感が特徴、松葉が刺してある「湯葉西京焼き」、その上が「焼河豚寿司」、左に「筍お浸し」、その上、向かって右から「鮟鱇肝ポン酢」、「白子豆腐」、「菜花松前和え」となっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

玉葱フォンデュ

前回でも触れていますが、ここならではの珍しい料理「玉葱フォンデュ」は、淡路島名産の玉葱を煮詰めて作ったゼリーを、小鍋で溶かして、鍋の横の舟形皿の、鱈・白子・海老・鴨団子・ひょうご味どり・蟹つみれ・チーズ麩・菊菜・乱切り蕎麦などを入れて頂きます。
最初、スープの玉葱風味が気になるかも知れませんが、じきに慣れ美味しく頂けるでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

ホテル大浴場、男湯「碧翠」

「太閤の湯」ほどの規模ではありませんが、ホテル宿泊客専用の大浴場は、それほど客で混むこともなく、それでいてちゃんと“金泉”“銀泉”もあるので、ゆっくり落ち着いて入るのに向いています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

金泉から銀泉を見るの図

金泉から銀泉を見たところですが「含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉」の金泉は、より効きそうな気がしますが、
どっこい、無色透明な有馬温泉の銀泉だって、「二酸化炭素泉(炭酸泉)」や「放射線能泉(ラドン泉)」なので、効能は期待できるようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

朝食風景

そして、朝食は最近の観光ホテルらしくバイキングスタイルです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

バイキング

さすがホテルのバイキングらしく、和の料理をメインに洋の料理と、その種類はバラエティに富み、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

だし巻玉子

仲居さんのお給仕や、シェフがその場で調理してくれるだし巻玉子などもあり、夕食とはまた違った食べる楽しみがありました。

Posted by 小池 泉壬 at 10時38分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.