会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
3月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2008年03月12日(水)

カラコロ城崎温泉の旅〜楽屋裏 [城崎温泉 2007]

画像(320x183)・拡大画像(640x367)

寒い日は宿で厚手の下駄用靴下も用意してくれるのだが…

前回にも触れた通り、城崎温泉の旅は、取材日が3月8日だったのに、5-6月号の写真撮りであったので、季節感を出す(いや出さない)のに随分苦労した。
特に、城崎温泉の名物「下駄で外湯めぐり」をメイン画面にすべきだと決めていたから…。カメラを持って温泉街に出撃した時は4時半過ぎ、前日の残雪があちこちにあり、自身下駄履きで感じる寒さに、温泉客がいるかいな、と不安であった。
しかも、素足に下駄の女性客が狙いだったから、無理無理、という内心の声の囁きに耳を貸さないようにするのが大変であった。

画像(180x126)・拡大画像(600x423)

まず、第一の悩みは最初の「鴻の湯」でなんなく解消した。なんと言っても、若い男女の温泉客が多い。(前述の理由で)
男性グループ、女性グループ、カップル、中年・熟年の方々、なんでもござれである。
で、足元を中心に撮りましたよぉ。靴下は避けて、ね。

画像(180x115)・拡大画像(600x384)

ところが、こんどはである。
この日は午前中まで雪で、その後雨に変わり、夕刻になってやむという天候だったのだが、早めに外湯めぐりに出た方は、傘を持っている。
なるべく旅行に傘を連想させたくないな、と欲をかいた。

画像(180x117)・拡大画像(600x393)

さらにさらに、路面がぬれている。
これらのおかげで、掲載写真ではトリミングに苦労した。というより、路面の光はどうしようもなかった。
うまく撮ったと思っていても、後で確認すると靴下履いていたり。

画像(180x114)・拡大画像(600x381)

宿にはこんなキレイなレンタル浴衣もある

しかし、人間努力はするもんである。
神の助けがあった。
この女性お二人に感謝であった。誰かが用意してくれたかのようであった。
できるものなら、握手してお礼を言いたいくらいであった。(そんなことしてたら、無事じゃあなかっただろうけど)

画像(180x123)・拡大画像(600x410)

宿の玄関はどこもこんな風だと思う

各共同浴場へも「はいこんばんは、ではさようなら」、とできるだけ入りましたよ。
しかし、服を脱いで湯につかり、体を拭いてまた服を着る。この繰り返しには浴衣じゃなきゃあ大変だ、と思った。
浴場の下足番の人は、下駄で宿を確認する。フロでなくプロだな、と心の中でダジャレた。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

初夏をイメージさせようと、川面を撮った

ついでにもうひとつ、楽屋のお化粧前をどうぞ。

そしてこんな風に厚化粧して、でもさわやかに見えるように手をくわえたのがこの写真。どうです、初夏の夕暮れっぽくありません?
そうは見えないって、そうかなあ。でも一生懸命を、体感した取材ではあった、です。

よろしければクリックお願いします。→ 人気ブログランキング

画像(320x217)・拡大画像(600x407)

Posted by 小池 泉壬 at 23時25分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=177

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.