会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
8月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2010年08月23日(月)

野沢温泉の外湯めぐりの楽しさ−1 [野沢温泉]

画像(320x201)・拡大画像(550x347)

熱めのお湯である。
野沢温泉外湯めぐりは薬師三尊と十二神将にちなんだ
1+12か所の共同浴場をラリーする達成感を伴う湯めぐり
であります。

熱めなので、こんな湯もみ板を置いていることもある。
と言ってもこれは、朝日屋というホテルの大浴場で、
共同浴場は、こんなに広くないです。

が、「めぐりって楽しいね」なんであります。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

一番大きいから大湯

最初は一番かっこよくて、大きい「大湯」から行くのが定番である。
こういう¨めぐり”のときに必ずあるマップがないのがちょっと困るが、
ハガキ大に折りたたまれた「外湯めぐり」を持って出かけましょう。


画像(119x180)・拡大画像(332x500)

十二神将の上司「薬師三尊」

基本的に、原則的に、共同浴場なので入浴料は不要。
だが、地元の人々のメンテナスのご苦労に報いるため
こんな賽銭箱がある。金額はあなたのお志で。

泉質は、単純硫黄泉です。ちょっとゆで卵臭がします。

お次は、すぐ近くの「河原湯」です。
こちらも新しい建物で、女性客にも人気があるようです。
祭神は「真達羅大将」です。

元は渓流に沿った河原にあったので、この名になったとか。

画像(320x212)・拡大画像(550x365)
画像(180x135)・拡大画像(600x450)

浴槽はこんな風です

驚くのは、入口(もちろん男女に分かれてます)を
入るとすぐ脱衣場、その奥に浴場、というところ。

泉質は、含石膏−食塩・硫黄泉で、いかにも本物の温泉だなぁ〜って感じです。

画像(138x180)・拡大画像(415x540)

続いて近くの「松葉の湯」に移動する前に、各湯の位置関係を、
町中にあったマップから見ておきましょう。
「大湯」が、一番坂の上でしょうか。それからそろそろ下り坂で、というコースをとって見ました。

次は「松葉の湯」。
祭神は「宮毘羅大将」です。
昔は矢場があったところで、¨的場”がなまって¨松葉”になっと云われている、とか。

泉質は、含石膏−食塩・硫黄泉です。

画像(320x240)・拡大画像(600x450)
画像(180x135)・拡大画像(550x413)

上り口のわきに「温泉卵」が作れるような仕掛けが。
湯が熱い証拠でもあります。

画像(180x135)・拡大画像(550x413)

中はこんな感じです。

画像(180x133)・拡大画像(540x400)

そして「秋葉の湯」。
祭神は「伐折羅大将」。「おぼろ月夜の館」(めぐり−2でご案内)の上にある。

泉質は、含芒硝−石膏硫黄泉です。芒硝(ボウショウ)とは、どうやら「硫酸ナトリウムの一種」や「硫酸マグネシウムの一種」のことで、漢方でも使っているようです。
それが微量に入っている、くらいの意味が「含」です。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

秋葉の湯から坂を下ってきて、「十王堂の湯」です。
ここは、2階建てで2階が男湯、1階が女湯になっています。

泉質は、含石膏−食塩・硫黄泉です。

さすがに1日で全部¨めぐる”のは厳しいでしょうね。
温泉街そのものも見たいし、「おぼろ月夜の館」など
観たり寄ったりの処もあるし…

ということで、この「新田乃湯」で¨めぐり”は一旦休憩とします。

画像(320x212)・拡大画像(600x398)
画像(180x118)・拡大画像(600x395)

新田乃湯の中はこうです

「新田乃湯」は、幕末に開拓されたところで、比較的新しい湯とされています。

泉質は、秋葉の湯と同じ、含芒硝−石膏硫黄泉です。
祭神は「安底羅大将」。
やっと、六つめぐったところですか、全部廻って見る方、がんばってください。

Posted by 小池 泉壬 at 09時41分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=277

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.