会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2017年12月23日(土)

なかなか奥が深いです「二荒山(フタラサン)神社」 [こんなバス旅も]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

二荒山神社への道「上新道」

長々と続けて参りました「輪王寺〜日光東照宮」見物ですが、いよいよ最後の観光先「二荒山神社」に向かって、再び歩け歩け、となります。
五重塔の前から、灯篭がずらりと並ぶ、東照宮の塀に沿って、二荒山神社に向かって延びるこの道を「上新道」と言います。

画像(180x117)・拡大画像(580x378)

「楼門」が見えて来た

黙々(皆さん大分疲れてきているので)と、歩を進めていくと、赤い櫓のような門が見えて来ます。
これが東照宮側からの道に建つ「楼門」です。

画像(180x121)・拡大画像(570x385)

「楼門」

これが「楼門」で、男体山頂鎮座・千二百年祭の記念事業として昭和53年に建立された、東照宮との間をつなぐ「上新道」の、二荒山神社に入る門となっています。

画像(141x180)・拡大画像(428x545)

「麻掛け大黒様」

この二荒山神社のご祭神は、大己貴命(大国主命)、妃神の田心姫命、御子神の味耜高根彦命の、親子三神で、主神が大黒様ということで、縁起の良い神社として知られています。
楼門を入った所にある、この大黒天像は「麻掛け大黒様」として、この像に触れると、佳いことがあるというラッキースポットとして有名です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

由緒書き

また、門のそばには、このような二荒山神社の由緒書きが立っているので、興味のある方はよ〜くご覧ください。

画像(180x128)・拡大画像(569x406)

境内図

今回のバスツアーでは、東照宮に時間が多く配分されていたため、この二荒山神社の参拝時間が少なく(やむを得ませんが…)、境内をしっかり見切れなかったのが心残りです。
この通り、広い敷地に目立つ拝殿・本殿の奥に、見るべき処が多かったのです。
これからおいでの方は、この境内図をご参照ください。

画像(180x117)・拡大画像(579x378)

鳥居と、その奥に拝殿

上の境内図の、右下隅に小さくある「東照宮」への矢印の所が「楼門」です。
楼門を入ると、すぐ前方にこの鳥居と、その奥に拝殿・本殿が見えます。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

「拝殿」と、補修中の「本殿」、社務所

鳥居をくぐった先が、「拝殿」その後ろに補修中の「本殿」を中心に、様々な建物が見える広場になっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「拝殿」

こちらが「拝殿」です。
今回のバスツアーでは、この中には入らず、なんとなく広場に居たのですが、折角なら後ろの「本殿」や、奥の「大黒殿」は拝観(神苑200円、神橋300円)したいところです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

“夫婦円満”専用賽銭箱

ところで、この二荒山神社は、随分パワースポットが多い神社らしく(祭神が大黒様親子の神様ですから)金運や縁結びの霊験あらたかのようで、こうした“夫婦円満”を祈る、専用の賽銭箱まで用意されております。
この後は、次回に続きます。

Posted by 小池 泉壬 at 11時35分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=448

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.