会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2017年12月30日(土)

パワースポット、つまりご利益が期待できそうな神社、と言ったら罰当たり? [こんなバス旅も]

画像(320x207)・拡大画像(600x389)

観光バスで行くと、ついついはしょりそうな「二荒山神社」ですが、前回も言った通り、ご祭神が、大己貴命(大国主命)、妃神の田心姫命、御子神の味耜高根彦命の、親子三神ということで、特に“縁結び”や親子、夫婦の中が良くなる願いを引き受けていらっしゃるようで。
また、摂社(同じ境内内にある別の神社)もあり、写真の「拝殿」「本殿」の向こうに、ちらっと見える「日枝(ヒエ)神社」(山の神様・健康の神様)や、その奥に『安産子種石』のある別宮の「滝尾神社」がなどもあります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

手水舎

この神社につきものの「手水舎(チョウズヤ、テミズシャ)」の向こう(写真右隅)に、女性が二人写っていますが、なにをしているかと言えば、

画像(118x180)・拡大画像(374x570)

願掛け

願掛けをして、願いのこもった「結び札」を、結んでいるところなのであります(偶然写りこんでいらっしゃるのですが…)。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

結び札

結び札とは、どうやらこのように、願いを“未来の何時何時の日”に、こうなりましたと、結果報告のように書いて、このように結んで成就を祈るもののようであります。
これは、なかなかインパクトのある手法だなと、感服した次第であります。ちなみに『2020年〜〇〇運に恵まれました』と未来過去形で書くようです。

画像(120x180)・拡大画像(359x536)

「親子杉」

ほかにも、境内の正門にあたる「神門」のそばに立つこの「親子杉」は、現在は一本が切り株状態ですが、ひとつの根から三本揃って生えているところから、祭神の親子の神様に因んだ、家族の杉の木ですし、

画像(109x180)・拡大画像(354x582)

「縁結びの木」

「神門」を挟んだところに「夫婦杉」、門の外には、杉の木に、楢(ナラ)の寄生木(ヤドリギ)が一緒になっている「縁結びの木」まであります。
『すぎならいっしょに』と掛け言葉が添えてあります。

画像(180x124)・拡大画像(570x393)

「茅(カヤ)の輪くぐり」

ここを訪ねた10月12日には「神門」を入ったところに「茅(カヤ)の輪くぐり」がありました。
元々は、正月から6月までの半年間の罪穢(ツミケガレ)を祓う夏越しの大祓(オオハラエ)として、輪をくぐって病や罪を祓うものですが、12月のものは、年越の祓(トシコシノハラエ)と言います。

画像(180x118)・拡大画像(570x374)

「神門」

こちらが「神門」で、これは境内側から見たところで、写っている杉の木は、さきほどご案内した「親子杉」です。
私たちは、東照宮から上新道経由で「楼門」をくぐって境内に入りましたが、本来は参道を通って、この「神門」から、二荒山神社に参る訳です。

画像(180x116)・拡大画像(580x375)

二荒山神社のメインの石の鳥居

そういうことで、私たちはガイドさんの先導の下、最初にバスを降りた、「東武観光センター日光店」に向かって、帰路に着きます。
「神門」を出て石段を下り、振り返ると二荒山神社のメインの石の鳥居の奥に「神門」が、私たちを見送ってくれています。

画像(180x120)・拡大画像(570x380)

「常行堂」

今度は、二荒山神社の参道の下り坂を歩いて行くと、すぐにこの「常行堂(ジョウギョウドウ)」があります。
かなり疲れてはいますが、元気な方ならご本尊の「宝冠五智阿弥陀如来」という、クジャクに乗った姿が美しいご本尊にお参りされては、と今になって思っている次第です。

Posted by 小池 泉壬 at 15時33分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=449

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.