会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
1月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年01月12日(金)

お魚と対面まで今少しお待ちあれ「アクアトト岐阜」A [バスでない旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

昼食は「アロワナガーデン」で

少々言い訳がましい今回のタイトルですが、昼食時の訪問のため、まずは「アロワナガーデン」で昼食となった我らです。
店名となんの関連付けも無いこのレストランで、1月4日の大勢のお客さんと、空いてる席争奪戦を演じ、やっと落ち着いて撮ったこの写真は、通常はもっといいお店だよ、と言っているようです。(撮った本人が言うのも変ですが…)

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

ジンジャーとビネガーのチキン南蛮セット

さて、我らが頼んだメニューをご紹介すると、連れ1はこの「ジンジャーとビネガーーのチキン南蛮セット(980円)」。
ちなみに、お椀の中身は薄味の味噌汁で、全体の印象は可もなく不可もなく、とのこと。

画像(180x115)・拡大画像(560x359)

ローストビーフ サラダライス

連れ2が選んだのは「ローストビーフサラダライス(1100円)」で、白いコップに入っているのはコンソメスープで、その下の器に入っているのが、ドレッシングです。
まあ美味しかったようですが、次のローストビーフ丼のより、ビーフが小さ目&硬めだったようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

ローストビーフ丼

そしてこちらが、私の「ローストビーフ丼(1100円)」。
最近、よくあるローストビーフ丼ですが、肉の上の“たれ”がドバッとしている割には、そんなに濃い味ではなく、肉も柔らかく、これで良かったな、という感じです。
※もう少し、アクアトトらしい魚系の料理があればネ、というのが感想でしょうかね。

画像(127x180)・拡大画像(404x570)

アロワナガーデン館内出入り口

ところで、館外入口から入店した我らは、通常とは逆に館内入口(出口?)に出ることになりました。
この出入り口は、水族館内見学の出口のそばにあり、トイレ入口のそばでもあり、

画像(180x117)・拡大画像(580x378)

土産物ショップ

なかなかアイテム数の多い、賑わいの土産物コーナー「ミュージアムショップ」に続いておりました。(ユニークなアイテムは、後日ご案内します)
つまり、水族館出口の反対側になり、このショップ通路の先に水族館の入館チケット売場があるのです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

チケット売場の左半分と水族館入口

ミュージアムショップを抜けると、このようにエントランスホールに入館チケット売場があり、アクアトト水族館への入口があります。
ちなみに、入館料は大人1500円(年間パスポート3000円!)中高生1100円(年パス2200円)、小学生750円(年パス1500円)で、近くに住んでればなあ、と思いました。

画像(180x116)・拡大画像(580x376)

館外からの入口

ちなみに、こちらがアクアトトの本来の入口であります。
この右側に、でかいピラルクの実物大模型があって、記念写真を撮ることが出来ます。

画像(123x180)・拡大画像(385x560)

イベントタイム案内板

お話しを戻しますと、水族館入口辺りには、このようなイベントタイムの案内が出ております。
せっかく、遠くから来た水族館フアン(か、どうかはともかく)なら、こうしたイベントは見逃す手はありませんよ。

画像(175x180)・拡大画像(550x563)

1階フロア案内図

それから、こちらはアクアトトの1階の案内図です。
実は、アクアトトは4階建ての建物で、見学路も随分工夫されているので、どこをどう進んでいるのか、ちょっとわかりにくところがあります。
1階のアロワナガーデンとミュージアムショップと、エントランスの位置関係は、ご覧の通りです。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

トト神社

そして、やっと水族館入口を入ると、すぐにあるのがこの「トト神社」であります。
ここで、簡単なおみくじ(無料)をひいて、縁起の良さそうな“白いカエル”を拝見して、次に進みます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ゾウガメひろば」

次に進む、と言っても、次はすぐのところにある「ゾウガメひろば」です。
冬ということで、カメさん(アルダブラゾウガメ)たちは、外の遊び場には居ず、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

アルダブラゾウガメ諸氏

暖かい小屋の中で、仲良く(ベジタブルな)お食事中でした。
有名なガラパゴスゾウガメと並ぶ、世界最大のリクガメで、インド洋西部のアルダブラ諸島にだけ生き残っているカメさんなのだそうです。

画像(180x118)・拡大画像(580x382)

エレベーターホールへ

このほか、人気のカピパラさんたちも1階におりますが、それは後述、ということで、なんと1階はもう終わり。
水族館らしくない、館内をそのまま進むと、エレベーターホールがあり、そこから一気に4階に上って、本格的な「世界淡水魚園水族館・アクアトト」訪問となりますが、スミマセン次回に続きます。

Posted by 小池 泉壬 at 10時07分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=451

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.