会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
2月
12345678910111213141516171819202122232425262728
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年02月08日(木)

アフリカの魚たちとのご対面! [バスでない旅]

画像(320x217)・拡大画像(600x407)

リバーエクスプローラー号

さて、こちらが「リバーエクスプローラー号」です。
なんか、これかーという声が聞こえて来そうですが、そこはまあ、水族館の職員の皆さんの気持ちを汲んで、コンゴ川のクルージングに出かけましょう。

画像(180x114)・拡大画像(580x368)

船内のつもり

エクスプローラー号に乗り込む(というか、通路を進む)と、ちょっぴり乗船気分。
丸い窓がありますね。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

コンゴ川の景色

窓を覗くと、コンゴ川の風景が!…見えた気分で、どうぞ。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

オスフロネスグラミー、オスフロネスエクソドン

と、先が心配になったところで、ちゃんとコンゴ川の魚たちの水槽が、あります。
説明板によれば、多分、手前の白っぽいのが「オスフロネスグラーミー」で、その上の黒っぽいのが「オスフロネスエクソドン」かと…。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

オオナマズ

こんなオオナマズもおります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

ニシアフリカ小型ワニの水槽

こちらの水槽は「ニシアフリカ小型ワニ」とありますが、なかなかワニは見つかりません。
でも、水中に泳いでいるエンゼルフィッシュに似ている魚「モノダクテイルズ セベエ」が、熱帯の川の風情を醸し出しています。

画像(180x121)・拡大画像(570x384)

ニシアフリカ小型ワニ

で、あちらこちら一生懸命探すと、いました水中でなく、陸上に。
よく見ると、可愛い顔してますね。

画像(180x115)・拡大画像(580x373)

大型水槽

そして、いよいよ久しぶりの大型水槽の登場です。

画像(180x111)・拡大画像(580x358)

タンガニーカ湖の魚

コンゴ川の魚だけでなく、「タンガニーカ湖の魚」の水槽もあります。

画像(180x116)・拡大画像(570x368)

タンガニーカ湖の魚

タンガニーカ湖は、大地溝帯が造った湖で、琵琶湖の3倍もあり、一番深いところは1471mもの水深があり、シクリッド科の魚(ティラピア、エンゼルフィッシュ、ディスカスなどが有名)が多種多様に生息していることで、有名だとのことです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

デンキナマズ

こちらは、コンゴ川の「デンキナマズ」です。
アルビノ種のようで、色白です。
アマゾン川のデンキウナギには負けますが、発電量350Vは、充分実戦では役立ちそうです。

画像(180x117)・拡大画像(570x371)

次の川への案内

そして、そろそろ次の川に誘う案内表示が、前方に現れます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

2階から1階への通路

例によって、2階から1階への通路があり、南米を感じさせる演出がなされています。

画像(180x124)・拡大画像(570x395)

アマゾン川の世界

やっと1階に下りて来ました。
思った通りの、アマゾン川の世界が広がります。

…というところで、次回に続きます。

Posted by 小池 泉壬 at 00時22分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=457

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.