会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
2月
12345678910111213141516171819202122232425262728
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年02月14日(水)

真打登場!アマゾン川の生きものたち [バスでない旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

アマゾンの大きな魚の大きな水槽

淡水魚の化け物級と言えば、やはりアマゾン川に居そうです。
地元の長良川から始まり、メコン川、コンゴ川と、大きな川のデカイ連中を観た後ですが、アマゾンともなると知ってる魚も多く、期待感も増す、ってもんです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

アロワナの魚体と様々な魚たちとの対比も面白く、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

シルバーアロワナ

同じアロワナでも、色の違いがはっきりわかります。
なんとなく見慣れた昔馴染の“熱帯魚”です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

ピラルクー

大アマゾンと言えば、コレでしょ。
ピラルクーさまも、ゆったり寛いでいます。
しかし、デカイですね。

画像(180x119)・拡大画像(590x392)

なかなかのスケール感で、観客の目を集めています。

画像(126x180)・拡大画像(401x570)

アマゾンのカエル

魚たちだけでなく、カエルもいます。
その名も「ヤドクガエル」は、原住民が狩をするときの、毒矢に塗って使う体液が皮膚に滲み出ています。

画像(180x135)・拡大画像(520x392)

キオビヤドクガエル

キオビ、アイゾメ、マダラの3種のヤドクガエルを展示しているようですが、小さくって、はっきりわかったのは、このキオビヤドクガエルでした。

画像(119x180)・拡大画像(386x580)

デンキウナギ

…と言えば、もちろんデンキウナギも、おります。
アフリカのデンキナマズより強力で、500〜700ボルト、最大2m50pくらいのが居るようです。
が、こちらのは1mくらいではないでしょうか。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

ピラニア ナッテリー

…と言えば、こちらもおります「ピラニア ナッテリー」。
種類の多いピラニアの中で、凶暴さでは代表格のヤツです。
11:30ころには、アマゾンの魚たちの餌やりタイムがあるので、この針金に吊られている魚が、骨だけになるのも観られるようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

“アマゾン川の解説”パネル展示

そして、順路は“アマゾン川の解説”パネル展示を経て、

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

そのなまえ ヘンテコリン

企画展の「そのなまえ ヘンテコリン」のコーナーに。
この企画は4月8日までやっているようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

そのなまえ ヘンテコリン展

こんな感じの、手造り感満載の展示ですが、なかなか興味深い展示で、(特にお子さんの)人気を呼んでいます。

画像(151x180)・拡大画像(500x593)

イカス名前の連中

どうヘンテコリンかと言いますと、
こんな風に、イカス名前の連中が(基本、小さいのですが)いろいろいます。

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

学びの部屋 トト・ラボ

興味心が、あらぬ方向に行ってしまわないように(という訳でもないのでしょうが)、最後の締めは「学びの部屋 トト・ラボ」へと誘われるようになっています。
親御さんは一安心、といったところでしょうか。
そして、水族館らしい部分はこれで終わり、あと少々のご案内は次回にて。

Posted by 小池 泉壬 at 15時19分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=458

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.