会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
4月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2007年04月11日(水)

女性のコンシェルジェ、ご存知でしたか? [有馬温泉]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

コンシェルジュでもよい。
フランス語である。


「ホテルで、泊まり客の求めに応じて、街の地理案内や交通機関・観劇の切符の手配などをする係」あるいは「フランスのアパートの管理人」と辞書にある。

この言葉を聞いたのは、有馬温泉の兵衛向陽閣の営業企画室の室長さんからであった。

有馬温泉は坂道の多い温泉街である。どのホテル・旅館も山の傾斜に沿うように建っている。従って、向陽閣でも1階の入口を入るとすぐエスカレータがあり、上るとフロント・ロビーという構造になっている。

画像(180x154)・拡大画像(640x550)

このエスカレータでお客様が上がってくるのを、待ち構えて(?)丁寧に挨拶をしている若い女性スタッフがいる。

その女性がコンシェルジェである。意味は前述した通りだが、普通はフロントの中で接客をしているフロントマンが、お客様の質問にも応える形をとっている。

この場合は、来訪したてのまだぎこちないお客様に、早めに緊張を解いてもらおうという、ホテルの姿勢である。


画像(119x180)・拡大画像(424x640)

室長さんによれば、コンシェルジェではまだなじみがない言葉だし、かといってフロアレディでは別の意味に誤解されるし…とのことだった。

なんにせよ、私がこのホテルの豪華な雰囲気の次に眼を魅かれた(!?)この女性コンシェルジェさん、室長さんに言ってカメラに収めさせていただいたが、兵衛向陽閣においでになられたら、このホテルのことや有馬の街の歩き方など、勇気を奮って(?)訊ねられるとよいだろう。

これは新しい観光ホテルのスタイルになりそうな予感がしました。

追伸 )
昨日の「河原城」Netでお調べになられた方はご存知ですね。写真って、芸術なんだなあ…。
従って、あの続編は無しです。

すみません、もうひとつ。
ミニアンケート内容が変わりました。バスガイドさんについては、「バス旅天国」5−6月号8ページをご覧ください。

Posted by 小池 泉壬 at 19時05分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=46

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.