会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
3月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年03月27日(火)

いろいろなお風呂が楽しめます「奥飛騨の緑の湯」 [大きなお風呂]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

奥飛騨ガーデンホテル「うぐいすの湯」

そもそも、観光旅館や日帰り温泉(スーパー銭湯は除く)の浴槽は、大きい(広い)のが普通ではありますが、あえて“大きな”とする場合、ひとつの浴槽の湯の中を、ほぼ直線で十歩くらい歩ける、としましょう。
写真のお風呂は「奥飛騨ガーデンホテル」の「うぐいすの湯」から、同ホテルを見たところです。

画像(180x108)・拡大画像(600x363)

グーグルマップ

同ホテルの場所を、グーグルマップで見ると、高山と松本のちょうど中間あたりの、山の中になります。

画像(180x118)・拡大画像(640x420)

同ホテルの「湯巡り案内図」

奥飛騨ガーデンホテルのお風呂は、この「湯巡り案内図」の通り、「うぐいすの湯」と隣りの「打たせの湯」「漠泉洞」が、湯衣着用の混浴露天風呂になっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

普通に裸で入る大浴場

さらにその前に、この内湯の大浴場から、スタートするようになっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

男性用半屋内露天風呂

大浴場から、この「日光の湯(写真手前の岩風呂)」「ヒノキの湯(その奥の長方形の風呂)」があり、
写真右側には、

画像(122x180)・拡大画像(382x560)

「立ち湯」

深さがあって、底面が足裏刺激型の「立ち湯」と「寝湯」があります。
ここまでは、男女は分かれていて、普通の入浴ですが、

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

備え付けの“湯衣”を着用して、外に出ると、俄然開放感あふれる「うぐいすの湯」が、目の前に広がります。
ただし、前2回でご紹介した“大きなお風呂”と比べると、奥行きはともかく、幅があまりありません(とは言っても結構広いです)が、

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

こうして、じゃぶじゃぶ歩いて、奥に進めるので、

画像(180x115)・拡大画像(600x385)

湯船の縁には「湯の花」が沈着しています

大きいお風呂感は、充分味わえます。
また、ご覧のように緑色した(薬湯じゃありませんよ)神秘的なお湯は、約3億6千万年前のデボン紀の海底の地層が隆起したこの辺りの地層から湧き出しているもので、好湯性の藻類のせいで、このように見えるという説も、あったようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「うぐいすの湯」奥部分

国内唯一の超深層水温泉で、
泉質は「ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物温泉(中性 低張性 高温泉)」となっています。
実際、肌辺りがよく、周囲の景色を眺めていると、ついつい長湯になりそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「打たせ湯」と「漠泉洞」

その「うぐいすの湯」の隣りに、ぬるめの浅い湯面の「打たせ湯」があり、さらに洞窟湯の「漠泉洞」があります。
「漠泉洞」の入口には、

画像(123x180)・拡大画像(390x570)

“瀑”は、ちょっと盛り過ぎですが、上の湯だまりからお湯が流れ落ちていて、ちょっとした湯滝気分が味わえます。
湯滝をくぐって、

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

洞窟内に入れば、ひっそり隠れ家的な「洞窟風呂」の気分も味わえます。

画像(119x180)・拡大画像(385x580)

こうして、中から外の景色を眺めるのもまた楽しからずや、ですね。
奥飛騨ガーデンホテルについては、「バス旅ガイド」でもご紹介していますので、参考までにご覧ください。

Posted by 小池 泉壬 at 14時00分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=462

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.