会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
4月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年04月08日(日)

山梨の味「峠の釜めし&くり合戦」「ほうとう」 [味の記憶]

画像(320x229)・拡大画像(560x401)

峠の釜めし

このバス旅天国を始めてすぐの2007年1月下旬、「風林火山博」とホテル春日居を中心にしたバスツアー立ち寄り地の巣材の際、食した味の記憶をたどるところから、始めましょうか。

まずは、中央道方面のツアーでよく寄る「おぎのや」さんの名物「峠の釜めし」からスタート!
釜めしの横にある、ピントがずれたみたいなものは、香の物です。

画像(180x127)・拡大画像(570x403)

ふたを取った「峠の釜めし」

関東の方は、おなじみなのでしょうが、愛知県人の私はこれが初お目見えです。釜めし、とは言うものの、炊きあがったばかりでもなく、お弁当の釜めしなので、全体的にきりっとしたいでたちです。
鶏肉もも肉も、しっかり煮上がっています。黄色いのは栗、オレンジ色は杏です。
こ栗と杏の甘みと、甘辛の椎茸、きんぴら牛蒡、そしてご飯の相性が良く、とても美味でありました。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

川中島 くり合戦

その後、おぎのやのスタッフさんが出してくれた「川中島 くり合戦」というお菓子、

画像(180x125)・拡大画像(550x383)

川中島 くり合戦

まあ、ご覧の通りの栗饅頭なのですが、黒ゴマつきの濃い色と、白ゴマの薄い色の二種、

画像(180x91)・拡大画像(550x281)

割った、くり合戦

こうして割ってみると、中は黒餡と白餡になっていて、ぽくぽくした食べ心地。
栗饅頭好きの私は、大変満足でありました。

画像(180x119)・拡大画像(600x397)

ちょうど、この年はNHK大河ドラマで、山本寛助の「風林火山」をやっていて、山梨県は「風林火山博」で賑わっておりました。
おぎのやさんでも、1階土産物売場の主役で、くり合戦もそこに向けてのキャンペーン中。ほかに「信玄餅」「ゴマだれ餅」もアピール合戦をクリ広げておりました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

ほうとう(980円)

この取材旅行では、ホテル春日居(笛吹川のほとり)に行く目的がありました。
車(バス旅の取材ですが、車移動が多かったのです)で、春日居温泉の街中を走行中に、『甲州名物 ほうとう』の看板を見て、とあるほうとう屋「しんとみ」さんに立ち寄って、昼食に頂いたのが、このほうとうです。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

ちょっと「すいとん」みたいな食感

一応、うどんときしめんの中間みたいだと、思ってはいましたが、その通りでした。
当時の味メモには、白みそに里芋とかぼちゃの甘さの、とろりとした優しい味。豚肉が味に深み雄出している。
ほうとうは、厚めのきしめんのようで、コシがある、となっております。

Posted by 小池 泉壬 at 14時51分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=463

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.