会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年05月29日(火)

万座温泉日進館の「まごわやさしい御膳」 [味の記憶]

画像(320x213)・拡大画像(600x401)

「まごわやさしい御膳」

2007年に、観光バスツアーを紹介するフリーペーパー情報誌「バス旅天国」を始めました。
始めた頃に、豊鉄観光さんのハニットアゼリアツアーに同行して、万座温泉日進館を取材しました。
その頃の万座温泉日進館の夕食は「まごわやさしい御膳」で、基本的に湯治客(何日間〜1週間くらい滞在する)対象であり、生活習慣病対策にもなる、宴会料理とは少し異なる夕食でした。
(その後何年か後に、夕食の御膳は無くなって(多分、団体客に受けなかったのと、手間が大変だったからでは、と推察)、割と普通のバイキング形式になりました。
※ホームページを拝見すると、バイキングの中の和食コーナーに「まごわ…」は残っているようです。今なら私も、体第一と選びそうです。

画像(180x165)・拡大画像(480x442)

「まごわ…」料理の説明

「まごわやさしい」料理は、今では健康食として、かなり知名度がありますが、当時はまだ珍しく、食べてみるまで分からなかったのですが、まめ、ごま、わかめ、やさい、さかな、しいたけ、いもを使った料理は、いつもの刺身や天ぷら、肉の陶板焼きなどが並ぶものと違い、皆のテンションが下がった記憶があります。

画像(124x180)・拡大画像(387x560)

例えばこの巨大なインゲン豆とブロッコリー、そして手づくり豆腐。
普通に家庭ならありそうですが、観光旅行の夕食、となると…。

画像(120x180)・拡大画像(374x560)

鍋に入れる具も、圧倒的に野菜が多かったのです。

画像(127x180)・拡大画像(396x560)

肉らしいのは、この鶏肉のみで、手前のオムレツのように見えるものは、湯葉にくるまれた野菜、だったと記憶しています。

画像(180x147)・拡大画像(520x427)

煮えてきた鍋には、鶏のつみれも見えますが、全体に塩分控えめのさっぱり味で、お酒が進む、といことは無かったようです。

画像(180x120)・拡大画像(590x394)

本当の露天風呂「極楽の湯」

しかし、お湯はすばらしく、体がじんわり解けるような感覚は、この万座温泉が一番だったと、今でも思っています。
湯治のような長逗留ならば、家庭料理(年配者の体調に気を配った)のような食事は、素敵なものでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

万座温泉日進館

今では、割と普通な夕食が頂ける万座温泉日進館。
標高1800mの別世界は、一度味わってみる価値ありだと、確信しています。
あのフロアショーも健在のようで、個人的に、また泊まりに行きたいものです。

Posted by 小池 泉壬 at 18時33分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=467

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.