会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
6月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年06月08日(金)

山中なのに魚類が新〜鮮!小川温泉夕食 [味の記憶]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

小川温泉「ホテルおがわ」

山中とは言っても、富山県は違いますねぇ。
以前「とよてつバス旅ガイド」でもご紹介した「ホテルおがわ」の夕食も、記憶に残っている“旨い味”です。

画像(180x127)・拡大画像(600x425)

夕食セット

これが、その美味しい夕食の全容です。
前回のご紹介と、写真と趣を変えてご紹介しましょう。

画像(180x119)・拡大画像(540x358)

先付

真ん中下にある「先付」の、生の白海老の麹(甘粕?)和えが旨かったです。一匹一匹殻を剥くのが大変なんですと、仲居さんが言ってました。
小さくても味が深くて、旨かった初白海老でした。
小さな巻貝は、多分ニシ貝。奥のワタまで切らずに抜くの、難しいです。緑はソラマメ、季節の味。

画像(180x138)・拡大画像(540x416)

ホタルイカ沖漬け

富山県と言えば、このホタルイカ。
沖漬けは日本酒と合いますな。

画像(180x138)・拡大画像(530x409)

酢の物

ホタルイカは、こちらの酢の物の中にも泳いでます。
仲居さんによると、ここのモズクは、沖縄のにそん色ないとのこと。実際旨いです。
カニは、本物でカマボコではありません。酢の物として出色です。

画像(180x113)・拡大画像(540x341)

鯛切り身照焼

この焼物、ちょっと見はシャケみたいですが、実は鯛です。
噛んでみて、口中に広がる味わいに、おお、これは旨い!となります。
端にちらっと見えているのは、レンコン酢の物です。

画像(180x125)・拡大画像(530x371)

お造り・鯛昆布締め

最初のセット写真の右側の「お造り」は、量的にはそんなに目立っていませんが(なにやらの活き造りに比べると)、内容は大したものでした。
バス旅ガイドでも触れていますが、鯛の昆布締めは、歯応えも良く、味も奥行きがあって嬉しい味でした。

画像(180x119)・拡大画像(540x358)

お造り・ボタンエビ、ブリ刺身

その横のボタンエビも、いけてました。
ブリの刺身もね。

画像(180x124)・拡大画像(520x359)

天ぷら

こちらは天ぷらですが、ネタに工夫があります。
形が透き通って見えている「小アユの天ぷら」が、カリッとして微かにほろ苦く、かつ柔らかく、その後も出会ったことの無い旨さ。ほかの、アナゴなども美味しかったけど、小アユは印象に残る旨さでした。

画像(180x123)・拡大画像(550x378)

釜炊き飯と山の寄せ鍋加熱中

食事が中盤を越えると、仲居さんが飯炊き釜と、寄せ鍋に火を入れてくれます。
ご飯が旨かったことは、バス旅ガイドでも触れている通りで、いつになく最後の最後まで(デザートまで)食べ切って、後でお腹が苦しくて、大変でした。

画像(180x133)・拡大画像(530x392)

寄せ鍋

バス旅ガイドでも触れていますが、この寄せ鍋は旨かったです。通常、どこの旅館ホテルでも、こうした鍋系はありますが、具材が良かった。
鮭、豚肉、鶏肉、野菜類、そして特徴的な“油揚げ”。この油揚げで、鍋の味がぐっとマイルドになっていました。

Posted by 小池 泉壬 at 20時37分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=470

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.