会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
6月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年06月25日(月)

超豪華な和倉温泉「あえの風」のハイレベル料理 [味の記憶]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「あえの風」

豊鉄ハニットアゼリア謝恩ツアー「和倉温泉コース」の宿泊先のひとつが、この泣く子も黙る超有名旅館「加賀屋」の姉妹館「あえの風」でした。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

花舞茶寮

ロビーも土産物ショップフロアもお風呂も立派でしたが、特にすごい(バス旅の宿泊先としては)のが、夕食会場です。
1階のシアターレストラン「花舞茶寮(ハナマイチャリョウ)」が、すごいんです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

シアターダイニング

このような観劇ブースが、円形舞台の周囲を囲み、客はこうして、食事とショーを楽しみながらの夕食タイムを過ごすのです。
非日常感満載の、ゴージャスタイムがスタートします。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

歌と踊りのショー

ちなみにステージでは、能登太鼓や華やかな歌と踊りのショーが開かれていました(取材は09年9月29日)。
その上、円形ステージが踊りを乗せたまま、ぐ〜っと持ち上がるんですから、エンターテインメント気分を満喫できました。

画像(180x117)・拡大画像(600x390)

夕食フルセット

そして、この場の豪華さに負けていないのが、お料理です。
う〜ん、華やかでしょう。

画像(180x127)・拡大画像(560x396)

前菜

例えば、この「前菜」どの一品も手の込んだものですが、中でも紙に包まれた“日本三大珍味”の能登名産「干くちこ」には、興味をそそられました。
※日本三大珍味=くちこ・からすみ・このわた、又はうに・からすみ・このわた。からすみはボラの卵巣、このわたはナマコの腸、ほかにアユの内蔵の「うるか」が入る場合も。

画像(180x144)・拡大画像(520x416)

干くちこ

紙包を開けると、こんな三角の平たい小さな、三大珍味のひとつ「干くちこ」さまが登場!
能登の新鮮なナマコの、貴重な卵巣をひとつひとつを、熟練の職人が、丹精込めて三角形に素干した「干くちこ」。
味は…、微妙だったけど、日本酒に合うのは分かります。

画像(180x149)・拡大画像(539x448)

のどぐろ一夜干し

そして、最近ではすっかり高級魚になった「のどぐろ」の一夜干し。
脂の乗った引き締まった身に、添えてある小さな器の「味噌」を着けると、ベリーグーな味です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

お造り

刺身もご覧の通り、希少感あふれるものです。
舟盛りみたいに、たっぷりあるのも嬉しいのですが、こうして、一品一品、丁寧に味わうのも、良いものですね。

画像(180x109)・拡大画像(560x342)

能登豚岩塩スープしゃぶ鍋

そして、こちらが私の記憶に残っている味「能登豚岩塩スープしゃぶ鍋」の食材です。
セットの写真の真ん中上の、鍋の横に配置されています。
※後日私的にこのツアーに参加した折には、残念ながら別料理に替わっておりました。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

しゃぶしゃぶ中

このように、豚肉をしゃぶしゃぶさせて頂くのですが、まず鍋に用意されている岩塩スープの塩梅が良い。
能登豚が旨い、地野菜が新鮮、小さな器に入っている美肌コラーゲンと天然ヒアルロン酸が、全体をとてもマイルドにし、かつ体に良いというイメージが美味しさを倍増します。

画像(180x123)・拡大画像(560x383)

鯛茶漬けのセット

これも、記憶に残っている「鯛茶漬け」。
土瓶の中には、熱々の出汁が入っており、木の椀の中にあるのは「能登産古代米おにぎり」です。
その木椀の斜め上の小鉢には、鯛の刺身が漬け状態になっていて、山葵が乗ってスタンバイ中。
※このセットは、実際には、食事コースの後半に出ます。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

鯛茶漬け最終工程

そして、こうして、頂くのであります。
正直、お腹一杯でしたが、大変美味しく頂きました。

画像(180x140)・拡大画像(500x390)

デザート

最後の締めのデザートに至るまで、さすが天下の加賀屋の姉妹館「あえの風」と思える、世界基準の和テイストな夕食でした。

Posted by 小池 泉壬 at 17時11分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=474

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.