会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年09月01日(土)

ちょい諏訪(4)…タケヤ味噌会館、間欠泉、足湯 [バスでない旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

タケヤ味噌会館と駐車場

さて、「くらすわ」から車で5分くらいの「間欠泉」の見物をと、移動した私どもは、お目当ての間欠泉センターの向かい側にある「タケヤ味噌会館」駐車場に入らせて頂きました。
この駐車場は、なんと“無料”!
こんな時代に、なんとありがたいことだと、感謝した我々ですから、まずタケヤ味噌会館見学を優先したことは、ご納得頂けることかと思います。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

玄関を入った所

上の写真の向かって右側の、三角屋根の建物が「会館」です。
※ちなみに左側は工場で、入ることはできません。
…で、そのタケヤ味噌会館の玄関を入った所が、この写真になります。オブジェはともかく、敷石は味噌醸造用の重し石だそうです。

画像(180x116)・拡大画像(570x370)

2階へ

階段を上って2階へ。
2階には、(見学用の)作業場と、みそ汁が飲めるカフェコーナー「30 BAR(多分ミソバーと読むんでしょうね)」と、味噌製品中心の売店があります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

売店

こちらが売店の一部。
想像通り、タケヤみそ製品と、味噌にからんだあれやこれやが展示販売されています。
私たちが行った時も、ほかのお客さんがいたのですが、ここの係員も含め、皆それぞれ、といった自由な感じでした。

画像(180x124)・拡大画像(550x380)

味噌製品

こんな味噌もあります。
田楽みそ(豆味噌)、田楽みそ(甘口)、梅みそ、ごまみそ等々。
試食もそれぞれできますが、付き合っていると、さすがにしょっぱくなります、口中が。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

諏訪湖間欠泉センター

まあ、いつまでも居られるという場所でもないので、駐車料程度のお土産を買って、車はそのまま(ちゃんと間欠泉センター駐車場の看板もあります)、国道20号線を渡って、向かいの「諏訪湖間欠泉センター」に。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

間欠泉センター入口

入口を入る時『足湯←すぐそこ』の表示が、目に入ります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

館内

館内は、公共施設(入場無料の)らしく、ややがらんとした印象ですが、いいタイミングで流れた館内放送によると、2時から間欠泉が吹き上がります、とのこと。
これはラッキー(ちょうど1時55分だったので)と、間欠泉を待つことにしました。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

窓越しの間欠泉噴出場所

館内は、全体に諏訪湖を望むようになっていて、ベンチシートがそこここにあり、他の観光客も間欠泉噴出を待つ雰囲気です。
やがて、もうすぐです、みたいなアナウンスがあり、大部分の客は、室外に出て、このロックガーデンを見守っています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

湯気が出始め

どこから出るんだろうね、などと話しているうちに、湯気が立ち昇り始めます。
我らは、盛大に出る噴泉できっとびしゃびしゃになるんだろうと、室内から眺めていますが、ほとんど皆、外に出てしまったので、これはどーなることぞ、と固唾を呑んで待ちます。

画像(119x180)・拡大画像(386x580)

湯が吹き上がる

これは、大したことがないのでは、と思いかけたとき、ぶ、ぶわぁっしゃー!!てな感じで(ちょっと大げさかな…)、勢いよく湯が吹き上がりました。
そばにいた知ってる風の人が『これちょうどの時間で吹き上げるように、してるんだよね』という言葉は、聞き流しました。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

湖岸側から見ている人が断然多い

別に窓に湯がかかる訳でもない(当日は、案外風があり、かつこちら側に吹いているにも関わらず)ので、遅まきながら恐る恐る外に出てみました。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

そろそろ終わりがけ

ということで、こちらは諏訪湖岸側から、間欠泉センターをバックに撮っています。
そろそろ湯の噴出力が、弱くなり始めています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

足湯の看板

どうやら間欠泉もおしまい、というところで、入口に表示されていた「すぐそこ」の足湯に向かいました。
ちょっと、すぐそこではなかったのですが、まあ近くにある「足湯」を見つけて、用意してあったタオルなど持って、いそいそ歩き、この後は「足湯」と「ハイウェイ温泉諏訪湖」とさせて続きます。

Posted by 小池 泉壬 at 11時20分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=486

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.