会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年11月10日(土)

平安時代から有名でした…「玉造温泉(1)」 [有名温泉の魅力]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

玉湯川沿いに延びる「玉造温泉」

玉湯川を挟んで、JR玉造駅から玉作湯神社までの、南北2q強に渡って延びているのが「玉造温泉」です。
他の有名温泉地が、海山に広がっているのに比べると、なんてすっきりした温泉街でしょう、それが私の第一印象でした。

画像(119x180)・拡大画像(385x580)

「玉造グランドホテル 長生閣」

この玉造温泉には、豊鉄ハニットアゼリアツアーの「玉造温泉の旅2」「玉造温泉の旅3」でご紹介している「玉造グランドホテル 長生閣」に宿泊取材しました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

玉湯川に架かる緑色の「玉造大橋」

当日(2010年11月1日)は、16時前に宿に到着し、館内(ロビー、土産物売店、大浴場まで)を撮影し、16:30頃から、温泉街の取材に繰り出しました。
まずは、長生閣から南の「玉作湯神社」を目指しました。
写真の緑色の「玉造大橋」越しに、左隅の立木の横にかすかに赤い「宮橋」が見えています。

画像(180x117)・拡大画像(570x372)

「湯薬師広場」

上の写真の左側の道を、南下(写真上では上に進む)すると、この「湯薬師広場」があります。

画像(180x115)・拡大画像(580x371)

「歴史ゾーンマップ」

上の「湯薬師広場」の写真では、西日が反射して見えていないのが、この「歴史ゾーンマップ」です。
(取材範囲のアップ図ですが、実際はもっと様々な情報が記載されています)
このマップ内の観光スポットは、比較的狭い範囲に点在しているので、玉湯川沿いの散策ならば、陽のあるうちに宿に戻れるでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「たらい湯」と案内表示

湯薬師広場にある、勾玉がある「たらい湯」は、玉造温泉の美肌源泉が湧いているので、備えられているヒシャクですくって、手にかけて下さいとなっています。
石のたらいの中の源泉はとても熱いので、ヒシャクですくうように、と注意書きにあります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「川辺の出湯跡」

こちらは、湯薬師広場の近くにある「川辺の出湯跡」です。
玉造温泉の発端は、この玉湯川に自然に湧いていたお湯の発見から始まったのですね。
少し前まで、この案内板の写真のような川辺の露天風呂があったんですね。

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

「湯閼伽井戸=恋来井戸」

川の中には「湯閼伽(ユアカ)の井戸=別名・恋来井戸」があります。
ゆあか、なんて…とおっしゃるなかれ、【閼伽】アカは、
仏教の原型《(梵語)arghaの音写文字で、価値・功徳の意味があり、仏に手向ける水は「閼伽水(アカミズ)」と云われているそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

めのう・和紙の店 森脇物産店

先ほどの「湯閼伽の井戸=恋来井戸」を見て、さらに進むと、前回ご案内した赤い「宮橋」の向かいに「玉作湯神社」があります。
参拝が済んだら、元来た道をどんどん戻る(北上する)と、こうした「めのう細工」を扱うお店が何軒かあります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

めのう しんぐう

そのお隣も、めのうのお店「しんぐう」。
この玉造温泉(玉湯町)の近くにある「花仙山(カセンザン)」は古墳時代からの“めのう”産地で、唯一「青、赤、白」三色全てのめのうが採掘されています。
特に青いめのうは「出雲石」と呼ばれ、新潟の翡翠と並ぶ有名な国産貴石で、それを扱うお店があるのです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

足湯

そして、この辺りから、下の玉湯川に下りられる場所がいくつかあって、めのうのお店の対岸に渡ると「足湯」が設置されているので行ってみました。

この続きは、次回ということで…。

Posted by 小池 泉壬 at 10時01分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=495

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.