会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2018年11月15日(木)

玉湯川沿いを散策中…「玉造温泉(2)」 [有名温泉の魅力]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

振り返ると「長生閣」

川べりに下りたところの足湯から、振り返ると「長生閣」が見えています。
そしてご覧の通り、普通よくある足湯に比べると、川との一体感もあり、なにより結構広いので、この開放感はお奨めものののであります。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「勾玉橋」の見える夕景

反対側(北側=下流側…日本海側なので、北が下流になるのです)に見えるのは、勾玉(マガタマ)の飾りが付いた「勾玉橋」です。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

足湯に入りに来た女性たち

足湯に入りに来た女性がいたので、カシャっと。
足湯の大きさもお分かり頂けると思います。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

別の足湯

こちらは、別の場所にあった足湯です。
足湯のそばの大きな岩にある注意札には『温泉70℃』と書かれています。
あちちなので、ご注意を、ということですね。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

ゆ〜ゆ

そのそばには、この「ゆ〜ゆ」のような大浴場もあります。
玉造温泉にお泊りの方も、日帰りの方も「ゆ〜ゆ」の大浴場を利用できます(入浴料500円)
また、島根県ならではの「安来節・どじょうすくいショー(
夜8時半〜9時、別途500円)」や「温泉卓球(別料金)」もあるようです。

画像(151x180)・拡大画像(506x600)

散策マップ

全体の位置関係を見られる「散策マップ」も、掲示されています。

画像(180x131)・拡大画像(550x402)

拡大図

この玉湯川散策で歩いた範囲を、拡大してみましょう。

画像(180x124)・拡大画像(560x388)

姫神様の像

ゆ〜ゆの隣にある「姫神様」の像は、大国主大神の正妻でスサノウ命の娘の須勢理姫(スセリヒメ)を始め、ヤマタのおろちの奇稲田姫(クシナダヒメ)や、玉作湯神社の湯姫大明神など、数々の姫神様に縁のあるこの地をアピールしています。
特に、湯姫大明神様のおかげで千年以上お湯が湧き続けているのだそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「姫神の足湯」

その姫神様の辺りは「姫神広場」となっていて、こちらにも「姫神の足湯」があるので、どうせならこちらにも立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

風情のある灯りが灯る橋

このあたりまで来て、夕闇の気配が漂い始め、玉湯川に架かる橋に、風情のある灯りが灯り始めました。
私めは、泊まりの長生閣に戻る、ということで、玉湯川散策は、ここまでにて終了となったのです。
お時間のある方は、まだまだ楽しい発見がありそうな散策になるかと思います。

Posted by 小池 泉壬 at 16時59分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=496

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.