会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
3月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年03月23日(土)

あのテレビCMの舞台…箱根彫刻の森・きれいな塔 [あの舞台はここ]

画像(320x177)・拡大画像(600x332)

DOCOMOエクスペリアCM

テレビCMで、美しい女優さんが美しいステンドグラスの塔を、上っていく映像に目を奪われた方、いませんか。
今回の舞台は、箱根彫刻の森美術館の園内にある「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」です。
形は“塔”ですが、どうやら塔全体が彫刻、ということになっているようです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「箱根彫刻の森美術館」入口

その舞台がある「箱根彫刻の森美術館(入場料1600円NET割料金1500円)」の入口は、意外にこぢんまりしています。

画像(122x180)・拡大画像(382x560)

エスカレーター

実は、この建物は単なる入口で、入るとすぐに、こんなエスカレーターで下に降りるのです。

画像(180x93)・拡大画像(600x312)

グーグルマップより

「箱根彫刻の森美術館」と言うからには、当然箱根にある訳ですが、大体の位置はご覧の通り、湯本駅から塔ノ沢経由で「大涌谷」を目指す途中にあります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

エスカレーターの終点

ところで、かなり長いエスカレーターの終点に着くと、早速イタリアの彫刻家マルチェロ・マスケリーニの彫刻「翼のあるキメーラ」がお出迎え(写真右側)。
いやいや知らない彫刻家だと、気後れすることはありません、必ず説明板があるので、興味ある方はそれをご覧あれ。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

外に出ると、箱根の自然が眼前に

先ほどのキメーラのところから、ちょっとしたトンネルを通って、こうして外に出ると、箱根の自然が眼前に広がり、そこここに野外彫刻が点在しております。

画像(180x83)・拡大画像(600x277)

園内案内図

なかなかに広い園内の案内図をご覧頂くと、かなり離れた処(図中右端)に目的の“塔”があります。
途中、見るべきものがいろいろありますが、それは次の回ということで、今回は図中左端から、“塔”を目指します。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

“塔”近辺の様子

途中省略で、一気に“塔”の近くにワープしました。

画像(120x180)・拡大画像(381x570)

“塔”に向かって

“塔”に向かって歩みます。

画像(129x180)・拡大画像(410x570)

説明板

“塔”の上り口に、説明板があります。
このステンドグラスは「スカルプチャード・グラス」と言うのですね。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

見上げると

見上げると、あのCM映像の通りの光景が展開します。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

らせん階段

このらせん階段を上る訳ですね。

画像(119x180)・拡大画像(371x560)

ステンドグラス絵

よく見ると、このようなステンドグラス絵の集合になっていますが、多分お客さんが多く、ゆっくり観ながら上るのは難しいかも知れません。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

上りきると

らせん階段を上りきると、こんな景色が観られます。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

色彩の中を、下りる

足元に気を付けながら、帰りも美しい色彩の中を、下りて行きます。
次回は、他の見どころをご案内します。

Posted by 小池 泉壬 at 11時38分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=518

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.