会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
8月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年08月08日(木)

小豆島「二十四の瞳映画村B」映画、二十四の瞳 [あの舞台はここ]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

赤い鳥居の道の奥にある映画館

前々回の「コブちゃん」の回の、魚のエサ置きの写真の向こうに、この赤い鳥居の道の奥にある映画館「松竹座」が写っています。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

映画館だった頃の「松竹座」

それから5年後の2013年には「ギャラリー松竹座」となって、もうこの姿ではありませんが、それだけに2008年の取材時の写真が、懐かしく思えます。

画像(122x180)・拡大画像(380x560)

『田中裕子版』ポスター

映画館は、無料で入館できるようになっていて、入口脇には館内で上映中(今はきれいにリニューアルされて、高峰秀子版を常時上映しているようですね)の、1987年公開の『田中裕子/大石先生版』のポスターと、

画像(128x180)・拡大画像(400x560)

『高峰秀子版』ポスター

こちらの、1954年公開の『高峰秀子版』のポスターが掲出されていました。

画像(180x116)・拡大画像(570x368)

映画館入口

この、昔の映画館らしい入口を入ると、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

上映中

館内では、ご覧のように田中裕子の大石先生の「二十四の瞳」が上映されていました。
※館内が暗いので、ぼやけた写真ですが、特に撮影禁止の断り書きも無かったので、ノーフラッシュで1枚撮りました。
夏場は、一休みできるのでお奨めですね。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「二十四の瞳像『せんせあそぼ』」

映画を少し観て、外に出るとすぐ近くにある「二十四の瞳像『せんせあそぼ』」の野外彫刻のところに、観光客が集まっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

12人の子どもたちと、大石先生

こんな風に、ほぼ等身大の12人の子どもたちと、大石先生の像があり、

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

記念写真スポット

こうして、絶好の記念写真スポットとなっているのです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「岬の分教場」

それでは、実際に1987年版(田中裕子主演)の撮影舞台にもなった「岬の分教場」に行ってみましょう。
次回は、分教場の中をご案内します。

Posted by 小池 泉壬 at 11時19分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=534

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.