会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年09月07日(土)

海老の食べ放題〜様々な海老料理@ [食べ放題]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

海老食べ放題のステージ「鳥羽ビューホテル 花真珠」

日帰りバスツアーで人気があるのが『〇〇食べ放題』でしょうか。
もっとも、この“食べ放題”という文字も、以前ほどのパワーは無くなっているのかな、と思うのですが、それでも〇〇に“海老”と入ると、まだまだご威光が感じられます。
と言っても、このバスツアーに参加したのは2015年の6月、いつものマイカーでの取材ではなく、ちゃんと会費をお支払いしての取材であります。

画像(180x146)・拡大画像(560x455)

ツアーコース

これが、そのツアーチラシのコースです。

画像(180x115)・拡大画像(570x366)

セッテイング最終段階

最初の写真の「鳥羽ビューホテル 花真珠」に着いたのが11時半頃でした。
中に入ると、大広間はセッテイングの最終段階でした。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

スタンバイ中の塩焼海老軍団

こちらが、塩焼待ちの生状態の海老軍団です。
ん…これだけ?という、疑問が少し芽生えました、このときは。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

準備完了!

と言っているうちに、準備完了!
お客さまは、お席にお着き下さい、と仲居さんのアナウンスがあります。
食卓上は、山盛りになっている塩焼海老と鰹タタキの大皿のほか、火の点いたコンロと、それぞれの席にも料理のお皿。

画像(180x138)・拡大画像(550x423)

伊勢海老の小鍋

この小鍋は、コンロにかけるもの。
中身は、小さいながらも(は余分か!?)伊勢海老です。

画像(180x133)・拡大画像(550x407)

甘海老お造り

そしてこの甘海老が「お造り」ということですね。

画像(180x147)・拡大画像(500x411)

卵みっちりの甘海老

この甘海老は、鮮度も良く、卵がみっちり入っていて、私的には大変美味しく頂けました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

鰹のタタキ

鰹のタタキも、鮮度よく、旨かったです。
が、私の狙いはやはり“海老”でした。

画像(180x147)・拡大画像(500x409)

茹で海老

実は、大量にある塩焼海老(食べるそばから補充されます)と、小鍋の伊勢海老、甘海老のほかにも、海老たちはあって。
この、マヨに合う“茹で海老”とか、

画像(180x131)・拡大画像(520x381)

小海老のかき揚げ

後で出て来る「小海老のかき揚げ」とか、

画像(180x131)・拡大画像(500x366)

海老の串揚げ

はたまた「海老の串揚げ」などと、海老料理のオンパレードでした。

画像(180x151)・拡大画像(500x421)

桜海老入り炊き込みご飯

締めは「桜海老入り炊き込みご飯」と、ホントに海老尽くしではありました。
(海老がやや小ぶりなのは会費的に納得です)
この後、デザートの「杏仁豆腐」までで、お腹一杯になりました。

画像(180x130)・拡大画像(500x362)

これを並べるのも楽しいもんです

ちなみに、私が食べた“食べ放題海老塩焼」は、これくらいです。
写真を撮りながらでなければ、もう少し行けたでしょうが、塩焼海老は味が濃く、殻の取り方を工夫しないと、頑張ってこの倍くらいまでかなぁ…
このツアー、お風呂もあったので、次回のご紹介♪

Posted by 小池 泉壬 at 13時40分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=536

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.