会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
10月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年10月27日(日)

有馬「太閤の湯」は、スケールでかっ! [有馬]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「太閤の湯」外観

有馬温泉最大のスケールを誇る「太閤の湯」は、ご縁のある秀吉公にちなんだ入浴施設であることを、心がけているようです。
写真は、日帰り入浴で訪れるなら、ここからという「太閤の湯」の外観です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「湯屋番=フロント」

日帰り入浴の場合はまず、この「湯屋番=フロント」に行くことになります。
ここで『平日2400円、土日祝日2600円(※年始・GW・盆は+100円)…館内着・タオル料含む』の、入館料を支払います。
また、後述する「貸切岩盤浴」の受付も、ここでします。

画像(180x117)・拡大画像(600x392)

「太閤の湯」2階案内図

宿泊客だった場合は、例の本館4階のエレベーターで、カードリーダーを使って「太閤の湯 2階」に移動します。
最初はフロアが広い為、どっちに行くのか迷う方が多い(私もでした)と思いますので、まずはこの2階館内図を元に、ご案内しましょう。
※「太閤の湯」HP内の案内図の部分コピー

画像(180x119)・拡大画像(580x384)

「フードコート 湯の山街道」

まず最初に、「太閤の湯」2階に下りて右を見ると、目に飛び込んでくるのが、<18>の「フードコート 湯の山街道」です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

フードコート屋台

このように「めし屋」「めん屋」「のみ屋」「鉄板屋」などの商い口があり、

画像(180x119)・拡大画像(600x399)

「醍醐花の宴」

反対側にある「醍醐花の宴」に沢山用意されているお席で、食事を摂ることができます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「醍醐花の宴」の店内

「醍醐花の宴」の店内は、このようになっていて、奥の方に<9>の「貸切岩盤浴 ひょうたん夢蒸楽」の入口があります。

画像(180x122)・拡大画像(570x389)

「貸切岩盤浴 ひょうたん夢蒸楽」入口

「貸切岩盤浴 ひょうたん夢蒸楽」は、安土桃山の時代の秀吉を始め、庶民に至るまで好んだという“蒸し風呂”を再現したもので、1048円(税別)の別途料金を、前述3階の「湯屋番」に支払えば、体験することが出来ます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

入ったところ

入口を入ると、このようになっていて、男(黒)女(赤)の目印行灯が立っています。

画像(180x87)・拡大画像(580x282)

各色ひょうたんの定員は2〜4名

中は小部屋に分かれていて、「黒」は、床に桜島溶岩、「黄」は、壁や床に岩塩を、「白」は、床材が白い麦飯石、壁に稚内珪藻土、奥の「赤」は、床材に医王石が敷かれ、「桃」は、麦飯石と遠野角閃石というように、それぞれ岩盤の効能の違いを味わえるようになっています。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

クールルーム(ソルトビット)

真ん中にある「クールルーム(定員12名)」には、写真のようにソルトビット(ハンガリー発祥の冷たい塩が置かれた部屋)になっていて、岩盤浴で熱くなった体を、冷やします。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「太閤夢蒸楽」

「ひょうたん夢蒸楽」のほかに、有馬温泉のミストを併用した岩盤浴が楽しめる<8>「太閤夢蒸楽(有料)」があり、
こちらも、異なった効能を持つ鉱石・火成岩、桜島と阿蘇山の溶岩、パワーストーンや貴宝石の部屋、金泉と銀泉の混合泉ミストと、麦飯石岩盤の「金泉」の4部屋があります。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

ドクターフィッシュ(有料)

岩盤浴や蒸し風呂を味わったら(もちろん入らなくてもOKですが)、肝心の“太閤さんの湯”に進みましょう。
まず「湯殿屋(入浴受付)」を目指すのですが、その途中、図中の<27>にある(いる?)のが、この水槽です。
水槽に足を浸すと、熱帯産の小魚「ドクターフィッシュ」が集まって、足の皮膚の古いものを食べてくれます。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

無料岩盤浴「太閤の湯殿」

岩盤浴は、有料ばかりと思っていると、どっこい無料で楽しめるものもあるのです。
それがこの、図中<6)の「太閤の湯殿」です。
ここで、まずは岩盤浴の“良さ”をお味わいください。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

南蛮渡来「涼感爽健房」

そして、岩盤浴で熱くなった体は、この<7>南蛮渡来の「涼感爽健房」で冷ましましょう。
中は、ソルトビットの部屋になっています。

画像(180x117)・拡大画像(580x379)

「湯殿屋」

お待たせしました、こちらが図中に「湯殿屋」とある、浴場カウンターで、宿泊客の方は、ここで目印のリストバンドを確認してもらうことになっています。
◆次回は、いよいよお風呂をご案内します。
取材時と経営母体が変わった現在の「太閤の湯」の照合に時間がかかり、更新が遅くなってしまいました。

Posted by 小池 泉壬 at 21時37分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=541

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.