会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年11月08日(金)

こだわりのお風呂がいろいろ…太閤の湯A [有馬]

画像(320x210)・拡大画像(600x394)

大浴場「金銀癒しの湯」入口

前回からの続きとなります今回は、金泉・銀泉で名高い有馬の湯に入るべく、訪ね当てた「湯殿屋」の横にある、大浴場「金銀癒しの湯」入口から始まります。
日帰り客も宿泊客も、お湯に浸かりたい方は、ここからの入場になる訳です。

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

天下の湯(太閤の湯画像…以下同)

来ている物を脱いで、がらり開けた扉の中は、こうなっております。
ここで、折角取材に行ったのに、ここから先は私が撮った画像でないことをお断りしておきます。
結構時間を外した積りでしたが、中にはすでにお客さんが入浴しており、カメラ持ち込みは不可でした。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

「黄金の蒸し風呂」

上の写真のように、銀泉(透明なお湯=炭酸泉)と、小さな祠のような「黄金の蒸し風呂」、そしてその奥に、金泉(赤いお湯=含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉)が並んでいて、真ん中の祠のようなこの「黄金の蒸し風呂」が目立っています。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

黄金の蒸し風呂内部

この時は、中には人が二人ほど入っていて、満員の様子だったので、ひとまず金泉、銀泉に入り、さらに次々と人が入って来たため、興味はあったのですが、上の階にあるという露天風呂群をめざすことにしました。
この画像は、太閤の湯さんのHPよりお借りした黄金の蒸し風呂の内部であります。

画像(180x128)・拡大画像(580x414)

太閤の岩風呂、金泉

天下の湯から、露天風呂に上る階段があるので、タオル1枚“裸のまま!”屋内階段をピタピタと、上ります。
取材時は17年の1月だったので、結構寒かったことが印象に残っています。
ドアを開けて、この「金泉」を見つけた時は、ホント嬉しかったデス

画像(180x160)・拡大画像(550x491)

露天風呂案内図

3階にある露天風呂ゾーンは、このような配置です。
当時、寒さに震えながら上った階段は、図中では「露天階段」となっています。
その上り詰めた処の、一番近くにあるのが「太閤の岩風呂」で、私は、そこから左の瓢箪風呂に進みましたが、右側に女性用露天風呂ゾーンがあったのですね。

画像(180x115)・拡大画像(580x373)

瓢箪風呂、銀泉

「太閤岩風呂、金泉」の写真の奥の方に見えているのが、この瓢箪型の岩風呂です。
まるでお庭にある池に入っているような、露天風呂ならではの、お遊び感覚があるお風呂です。

画像(180x115)・拡大画像(600x385)

「五右衛門釜風呂」

その瓢箪風呂の向こうに見えているのが、太閤秀吉ゆかりの、この「五右衛門釜風呂」です。
広いお風呂も良いけれど、こういうお一人様専用の浴槽が安心感があって好き、と言う方も結構多いのでは。

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

「露天ハーブ風呂」

私は入れなかったので、見てはいないのですが、女性ゾーンにはこのように見た目も美しい「露天ハーブ風呂」や、

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

「ねねの遊び湯」

「ねねの遊び湯」というお風呂もあるようです。
また「太閤の岩風呂 金泉」や「五右衛門釜風呂」は、こちらにも揃っているようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

記念写真コーナー

お風呂以外にも、このような記念写真用のコーナーや、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「千成瓢箪」コーナー

秀吉さんの馬印「千成瓢箪」コーナーとか、

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「利休茶屋」

お風呂上りに一休みできる「利休茶屋」、

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「太閤ねねのお休み処」

もっとゆっくり休める「太閤ねねのお休み処」など、どれも太閤秀吉さんらしい、おもてなしではありますね。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「太閤ねねのお休み処」の中

「太閤ねねのお休み処」の中は、こうなっております。

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

「土産物売店」

もちろん、ここらしい土産物の揃った「土産物売店」もあるので、日帰り、宿泊を問わず、一日中遊んでいられる温泉ランドでござりまする。…チャンチャン♪

Posted by 小池 泉壬 at 18時15分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=542

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.