会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年12月13日(金)

琴平編C大門くぐってまだ上る [大変でも上る]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

大門、見えました

猫さんと出逢った辺りは、前回の写真を見て分かるように、もう大門の近く(多分320〜325段)でした。
もうひと頑張りで、三六五段にあるとあった「大門」です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

待機中の「石段かご」屋さん

こんな風に、下りの乗客を待っている「石段かご」のおあにいさん(?)の姿も見かけます。
ちなみにこの撮影時は、9:52でした。

画像(180x114)・拡大画像(570x362)

象頭山石碑

大門のところにある石碑には『名勝 及 天然記念物象頭山』とあります。例の『こんぴらふねふね おいてにほかけて しゅらしゅしゅしゅ まわればしこくはさんしゅうなかのごうり ぞうずさんこんぴらだいごんげん…♪ 』に出て来る像頭山で、遠目に山の形が象の頭に見えるからだとか。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「大門」

そして、これが「大門」。
上の方に『琴平山』と書かれた額は、皇女和宮さまの婚約者としても知られている、幕末から明治初期の皇族、有栖川宮熾仁親王の書とのこと。

画像(180x115)・拡大画像(580x372)

五人百姓の屋台

大門をくぐると、このように「加美代飴」を売っている五人百姓の屋台が5軒(でもこの日は4軒でした)並び、その奥に『琴比羅宮』と額の上がっている鳥居、数段の石段が続いています。

画像(180x117)・拡大画像(580x380)

大門を振り返る

くぐった大門を振り返って見ました。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

寄進の石柱

この辺りから、参道の右側に、こうした寄進の石柱が並んでいるのが目に付きます。
金額はなんと、金壱百萬円、金弐百萬円…!

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

さらにずらっと

こうして、ずらっと並んでいる様子は壮観ですね。
昔から、進行を集めている金比羅山ならではの光景ですね。
参道の左側には、様々な寄進の石灯籠が並んでいます。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

宝物館への脇坂

少し進むと、右手の坂道に「宝物館」という案内札が立っています。

画像(180x131)・拡大画像(560x408)

前回ご案内した「案内図」

あれれ、ということで、前回ご案内した「案内図」を見ると、宝物館の位置と、くぐってきた大門との位置関係がおかしなことになっています。

画像(180x73)・拡大画像(600x246)

グーグルマップで見る

実際には、こうしてグーグルマップで見ると位置関係はおかしくありません。
※案内図は西が上になっているので、わかりにくいかと思いますが。

画像(180x121)・拡大画像(580x393)

「宝物館」

まあそれは良いとして、またも坂道を少々上ると、見えました。
おしゃれな西洋建築物の「宝物館(入館料800円)」で、明治38年に和洋折衷の重厚な建物として建設された、日本の最初期の博物館でもあります。

画像(121x180)・拡大画像(378x560)

宝物館入口

なにせ、時間がないのに寄り道したので、入口から中をちょっとだけ見せてもらって、残念ながらここで引き返しました。
「十一面観音立像」(重文)、「三十六歌仙額」が特に有名な展示物だそうです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

坂道を下って、参道に

ということで、大急ぎで坂道を下って、参道に戻ります。
ちなみに、宝物館の案内板を撮ったのが9:56で、この下り坂の写真は9:58に撮っています。
さあ、急げ急げで、次回に続きます!

Posted by 小池 泉壬 at 23時22分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=546

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.