会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2019年12月31日(火)

琴平編Eやっと785段目が間近!…ってまだなの [大変でも上る]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

眼前の石段

さあ、年が変わる前に金比羅さんに辿り着かねば、ということで、眼前の石段を目指します。
(もちろん、取材時にはそんなこと思ってなかったので、下がって上っての「神椿」を撮ってから、この石段を眺めて、若干憂鬱になってた訳ですが…)

画像(180x114)・拡大画像(580x368)

旭社が見えました

先ほどの、「神椿」のあった広場から見上げた石段を頑張って上って行くと、おお着いたのか、と勘違いしそうな光景に出くわします。
残念ながら、見えている立派な神社は「旭社」です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「祓戸社」と「火雷社」

「旭社」の前に、上の写真で右端に見えているお社は、この写真の正面が「祓戸(ハライド)社」で、ご祭神は、罪穢を祓い清める神様、左奥に見える小さめなお社が「火雷(ホノイカヅチ)社」で、ご祭神はその名の通り、鎮火・消防の神様、疫病を防ぎ止める神様なのだそうです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「旭社」

そしてこちらが、628段目に建つ「旭社」です。
ご祭神は、天照大御神・天津神・国津神・八百万神ほか五神の計九つの神々です。
立派なのもそのはず、神仏分離以前の象頭山松尾寺金光院時代は、金堂だった建物なんです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「回廊」を右に進む

その「旭社」の芽に連なる「回廊」を右にしながら進むと、正面に鳥居と、さらにその奥に門らしきものが見えます。

画像(180x120)・拡大画像(570x380)

「賢木門」

そこにある門が、この「賢木(サカキ)門」です。
この門を建立するとき、時間に追われていて、誤って一本の柱を逆さに建てたところから「逆木門」と呼んだのですが、明治12年(1879)の改築の際、「逆」の字を嫌って「賢木門」としたのだそうです。
尚、逆さ柱は現在「宝物館」に保存されているそうです。

画像(180x89)・拡大画像(570x284)

グーグルマップより

「神椿」から先のコースを、グーグルマップで見ると、このようになっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「遥拝所」

「賢木門」前を過ぎてすぐの653段目にあるのが、この「遥拝所」です。
「遥拝所」とは、皇廟(伊勢神宮)や皇陵を遙拝する場所ということです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「遥拝所」の先の道

「遥拝所」の前を通り過ぎると、このような山間の道になります。
え〜、まだ歩くのぉ、と思ったって不信心者とは言えないと思いますよ。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「手水舎」

少し下り気味の坂に助けられて進むと、御本営間近という感じの「手水舎」があります。
ここの手前で一段だけ下る石段があるのですが、実は御本営まで上る石段は786段なのを、ここで1段下がって785段とし、786段(=なやむ)を避けたんだとか。
それより、向こうに見える石段が恐怖!

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

「連籬橋」

「手水舎」で手と口を清めて、その先にある「連籬(レンリ)橋」を渡ります。
※連籬とは、連なる「まがき」のことで 玉垣を表わしているのだそうです。
ちなみにここが 652段目になっています。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「御前四段坂」

そして「連籬橋」の向こうにそびえるのが、この四段階(ちょっとずつ踊り場のある)になっている「御前四段坂」です。
ここで652〜785段まで、実に133段の石段を上り切らないといけないのです!この時10:19でありました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

やっとゴールが見えた!

上って行くと、おお嬉し!あれこそ金比羅宮御本営ではありませんか。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「事知神社」

この長い石段の途中にも、重要な被写体があります。
こちらは「事知神社」のお社。
「事知神社」のご祭神は、商売繁盛の神である夷(エビス)様です。
ここは739段目ですぞ!

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「百度石」

その向かい側辺りにあるのが、こちらの「百度石」です。
亀の上に乗っていて、上の部分は空洞になっていて、木を動かして使う算盤になっています。
こちらも商売繁盛の関連でしょうか。
もう十数段でゴールですが、この後は来年に続きます。
皆さま佳いお年を♪

Posted by 小池 泉壬 at 15時52分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=548

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.