会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
2月
1234567891011121314151617181920212223242526272829
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年02月25日(火)

空の駅(2)…通勤・通学は大変そうだなぁ! [大変でも上る]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

この階段を上る

「空の駅 余部」へは、この階段を上らないと行けません…と、思ったのは取材時期が2016年7月28日だったからでした!
なんと、2017年11月26日にエレベーターが完成していたのであります!

画像(180x120)・拡大画像(580x387)

「クリスタルタワー」の雄姿

それがこの「クリスタルタワー」であります(ネット画像を拝借しました)。
高さ41mの空の駅まで、ひとっ飛び、ではなく無料のエレベーターで40秒で行けちゃうのだそうです!!

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

上り始めの光景

気を取り直して、私が辿った、クリスタルタワーの無い2016年7月に戻りましょう。
階段を上り始めると、この雄大な光景に目を奪われます。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

左方向に上る三叉路

少し上るとこんな風に、向こう側からも上り道があり、更に左方向に上る三叉路になっています。
白矢印の先に、ちらっと見えるのは、

画像(180x136)・拡大画像(550x418)

時刻表(2016年当時))

この時刻表です。
「浜坂」や「鳥取」から、この空の駅「餘部(旧漢字)」、そして終着駅「豊岡」だったり「城崎」に行く列車の時刻表です。(上り〜豊岡・京都方面、下り〜浜坂・鳥取方面)
始発は上り6:27、下り7:41ですから、朝は豊岡方面に行く人が多かったのでしょうね。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

時刻表の先

時刻表の先の道がこれ。
もし、朝寝坊したら、かなり焦るでしょうね。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

雄大な景色

そして、雄大な景色。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

コンクリート製の橋脚をくぐって進む

コンクリート製の橋脚をくぐり、

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

九十九折りの坂道

九十九(ツヅラ)折りになっている坂道を、ひたすら上ります。

画像(180x126)・拡大画像(570x402)

「空の駅の案内図」

なおも繰り返す、九十九折の坂道を上って行くと、こんな「空の駅の案内図」があったり、

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

待望の「空の駅はこちら」の看板があったりして、坂道を上るエネルギーを足してくれます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

駅舎のような建物が見えた

そしてついに、駅舎のような建物が見えました。

画像(180x116)・拡大画像(560x363)

まあ「餘部駅」に到達

実は、この建物は駅舎というより、ちょっとした待合所で、その横にトイレもあったりします。
10:16に階段を上り始めて、ここに着いたのが10:23.
およそ6分〜8分かけて駅に辿り着くのが、毎朝だったら辛い!と、地元の方に同情しちゃいました。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

待合所とトイレ

「空の駅 餘部」のホーム西寄りに待合所とトイレがあり、

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

反対側(東方面)

反対側(東方面)は、このように真直ぐ線路が延びています。
なお、線路に沿って連なっているコンクリートの構造物は、崖面保護用のコンクリート壁です。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

駅名表示板「餘部 あまるべ」

こちらが現役の駅名表示板「餘部 あまるべ」です。
ホームにあるベンチは、どうやら昔の鉄橋の鉄材を切断したもののようです。

画像(180x116)・拡大画像(570x369)

ホームの東端

さらに、ホームの東端には、その先の旧餘部鉄橋の一部と、現在のコンクリート製橋梁が見えています。

画像(180x118)・拡大画像(570x375)

ホームの東端の先

ホームの東端から出られた先に、旧・餘部鉄橋の一部が残っていて、展望台のようになっています。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

旧鉄橋の残されている部分「空の駅」

結局、この旧鉄橋の残されている部分が「空の駅」ということになっているようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「空の駅」からの眺め

「空の駅」からの眺めがこちらになります。
やはり、行ってみて良かった、頑張って上って良かったという、私のお奨めポイントのひとつです。
ということで、この回はお終い、となります。

Posted by 小池 泉壬 at 23時48分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=553

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.