会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
3月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年03月27日(金)

いよいよ本格的な石垣の連なりに遭遇 [竹田城跡]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

一気に時代を遡って室町時代へ

観覧料受付処を過ぎると、それまでの山道歩きから、ぐっと城跡散策といったムードになってきます。

画像(131x180)・拡大画像(439x600)

城跡めぐり案内図

入場券と一緒にもらったリーフレットにこの先のコース案内がありました。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

石段

この先は、なだらかな山道から、今までよりはややきつめの角度の石段を上るようになります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

城跡らしく石垣が

そして、いよいよ城跡らしく、石垣が現れます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

石垣

見上げる石垣の美しさが、青空によく似合っています。
これが、入城受付でもらったリーフレットにあった『算木積み』というやつでしょうか。
下にライトアップ用の照明が設置されています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

周囲の景色が見える

大分高い処に来たので、周囲の景色が見えるようになってきました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

石段にはゴムシートが

ところで、この辺りから石段(結構角が鋭利な石で出来ています)には、転んで怪我などをしないように、ゴムシートで覆われるようになっています。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

ゴムシートのアップ

寄ってみると、こんな風になっています。
この先も、ずっと敷かれている、ということは、なんと大変な作業だったんでしょう!

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

『大手門』跡

ここまで上って来ると『大手門』と記された標識が立っています。
そうです、ここが山道で見た『大手門まで〇〇M』の起点だったんですねぇ。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「北千畳曲輪」

大手門跡を過ぎると、ぐっと開けた場所があります。
ここが「北千畳曲輪」という場所で、この先にある「本丸」の向こうにある「南千畳曲輪」、さらに本丸の後方にある
花屋敷曲輪」とで、バランスの取れた守備陣形をとっています。

画像(180x119)・拡大画像(550x366)

北千畳の位置

もらったリーフレットで、位置関係を確認してみましょう。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

上って来た道

上って来たゴムシートびきの、石段が見えます。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「立雲峡」の眺め

ここから見える周囲の山並みが「立雲峡」と呼ばれているようです。
例の有名な、雲海に浮かぶ竹田城跡の、雲海の器みたいなものでしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「本丸跡」を目指してGO!

さあ、それでもこの「北千畳」は、まだスタートラインみたいなものです。
まずは、ここから「本丸跡」を目指しましょう。
…というところで、次回に続きます。

Posted by 小池 泉壬 at 18時21分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 1 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=556

コメント

一度は行ってみたい竹田城跡雲海のイメージが強かったですが、自分の足で、散策した気分です

ここまち 2020年04月02日 20時31分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.