会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年05月06日(水)

兵庫県豊岡市のコウノトリ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

コウノトリ展示ゾーン

前回に続き「城崎温泉の旅」と「夕日ケ浦温泉の旅」の取材時、2007年の3月と6月の2度、豊岡市の「コウノトリの郷」に立ち寄り、コウノトリを見ました。
この写真は、3月の取材時のもので、鳥類の展示としては必ずあるはずの“屋根”のない展示に驚きました(だって、屋根が無ければ逃げるだろ、と…)。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「コウノトリの郷」

田んぼの間を通っている道を走ると、このように「コウノトリの郷」の「コウノトリ文化館」の建物が見えてきます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

館内と松島館長後姿

文化館の中は、いかにも地方の文化施設らしい(って、変な言い方ですが、いい意味で)建物で、正面入り口を入ると、このような展示物が並んでいます。
写真中の後姿の男性は、館長の松島興治郎さんで、初訪問の私に1時間、コウノトリの自然繁殖への地元の情熱を語ってくれました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

日本コウノトリの剥製

館内には、この豊岡市の農村部の様々な自然との関わりが展示されていて、こうした剥製なども数多く見られます。
このコウノトリの剥製は、一度は絶滅となった日本コウノトリのもので、今、飼育されているコウノトリは、ロシア産のもので、他には中国産のものもいるようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

屋外飼育施設

文化館を突き抜けて、外に出るとこのように、屋外飼育施設になっています。
観光バスの立ち寄りコースと言うより、学術研究施設としての色合いが濃い施設だなと、当時思ったものです。

画像(180x116)・拡大画像(560x361)

コウノトリをアップ

少し見学者の位置と、コウノトリとの間隔が遠いので、動物園のような近接感はありませんが、自然にふるまっている彼らを、のんびり眺めていられるなら、ここは良い施設でしょう。
よ〜く観察したいなら、小型の双眼鏡か、デジカメで撮ってズームアップを。

画像(180x111)・拡大画像(580x359)

営巣用の塔

施設の外の農家の田んぼの中に、こうした電柱のような営巣用の塔が立っていて、やがてコウノトリが来てくれるのを待っています。
事実、数年後にこの塔に営巣したコウノトリに、赤ちゃんができたというニュースを観ることが出来ました。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

コウノトリの郷米

実際、一度はいなくなってしまった自然のコウノトリを復活させる試みは、農家の方にかなりな重荷を背負わせたようで(農薬の思い切った削減で、害虫駆除が大変)、その無農薬・減農薬をウリにしたお米を、隣接の「コウノトリ本舗」で積極的に販売していました。
人にも優しい栽培法の安心米です!

Posted by 小池 泉壬 at 15時49分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=562

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.