会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年05月21日(木)

淡路島「イングランドの丘」のペリカン・コアラ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「イングランドの丘」入園ゲート

以前にご案内した「淡路ファームパーク イングランドの丘(入園料1000円)」で出逢った動物たちの思い出をば。

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

コアラの看板

「イングランドの丘」と言いながら、一番の目玉は、当時も人気の高かった“コアラ”でした。
この道路看板もこの通り、コアラをアイキャッチャーにしております。
なんでも、この辺りの地形(なだらかな丘陵地)が、イングランドに良く似ているからなのだそうです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

ゲートを入ると

入園してみると、とても明るい雰囲気で、イングランドというより、オーストラリアの開放感。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「植物館」

上の写真の、反対側にあるこの建物は「植物館」で、オーストラリア原産の植物メインの展示になっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「ワラビー広場」

そして、さらに歩を進めると「ワラビー広場」。
つまり、コアラに合せて、とことんオーストラリアなのです。
でも、淡路島の気候風土には、ぴったりマッチしていたと思っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

エミュー

ワラビー、つまり小型のカンガルーの名が着けられた広場には、エミュー(ヒクイドリ目ヒクイドリ科エミュー属の二足歩行の飛べない鳥で、同じくオーストラリアにも居るヒクイドリより背が高い)や、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

モモイロペリカン、エミュー

モモイロペリカンなどが、一緒に柵の中で飼われていますが、肝心のワラビーの写真は、どこかに居たはずですが、撮れませんでした。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

ペリカンくん

代わりに、人気を集めていたのがこのペリカンで、結構愛嬌(けれど、つつくことがあるので油断できない)のある客対応が受けていました。
(なかなかでかいので、触れなかったのが残念!)

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

コアラ舎

当時スーパースターのコアラちゃんは、豪華マンション住まいで、来援客の視線を集めながらも、

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

寝ているコアラちゃん♀

ユーカリの木に掴まって、のほほんと寝ているばかりで、たま〜に、もぞっと動くくらい(よく動くのは早朝か夕方らしい)と、一斉にデジカメのシャッターが(2007年3月下旬ではスマホはまだ存在せず)切られていました。
今では懐かしい、オーストラリア的思い出であります。

Posted by 小池 泉壬 at 16時39分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=568

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.