会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2020年05月29日(金)

「吹割の滝」を詳細にご案内(1) [印象に残っている取材先]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

観光駐車場からぞろぞろ出発

「吹割の滝」を見に行くときは、この観光駐車場からスタートします。
写真は、2007年5月30日の午前8時44分、名阪近鉄観光の「老神温泉と吹割の滝観光ツアー」に、同乗しての取材旅で、朝早くの出発から、1番目の観光立ち寄り先「吹割の滝」見物に、ツアー客と一緒に出かけるところです。

画像(180x107)・拡大画像(580x347)

グーグルマップ1

老神温泉から15分程の位置にあり、この国道120号線を北上すると、尾瀬があります。

画像(180x115)・拡大画像(570x365)

じゃあ、出発しますネ

このドライブインは、やや変わっているかも知れませんが、歩いて滝見物に出かけるのは、今も同じでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

“いわな焼き”

途中にある“いわな焼き”は、今も名物のようで、ホテル(紫翆亭)でたっぷり朝ごはんを頂いてなかったら、よだれが出て困ったことでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

『滝入口』

『滝入口』の表示板と駐車場の大看板は、ストリートビューで見たら、今も同じように立っていました。

画像(180x126)・拡大画像(580x409)

地図を拡大

地図を拡大してみると、駐車場側と滝の間に道路(120号線)があり、その下をくぐる小道があるのが分ります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

国道の下をくぐるトンネル

こんな風に、観光客は国道の下をくぐるトンネルを通って、車道を安全に横切って進みます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

川に向かって下る

川は大分下にあるので、このような下り坂を足元に気を付けながら、降りて行きます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

長い下り坂

下り坂は、案外長くて、帰りのしんどさが思いやられました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「片品川」

下りて来たところが「片品川」の川べりになります。
前述の拡大図にある「吹割の滝遊歩道」の端も、上流に見えています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

“岩場に注意”の看板

川べりには、観光客への“岩場に注意”の看板が立っていて、ガイドさんがその注意を読み上げてくれました。
なお、「吹割の滝」はどうやら「ふきわりのたき」ではなく、「ふきわれのたき」のようですね。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

川べりに沿った遊歩道

ここから川べりに沿った遊歩道の、ゆるやかな下り坂を辺りの景色を楽しみながら、のんびり歩いて行けます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

川床の様子が徐々に変化

すると、川床の様子が徐々に変化していき、川の流れの表面に白波が立ち始めます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

吹き上がるような光景

よくある滝に近付いて行くときの、どどどどどーみたいな音はあまりせず、このような川床の段差に、流れがうねっているのが目立ち始めます。
凝灰岩・花崗岩の川床の柔らかい部分を、片品川の流れが浸食して、吹き上がるような光景を現出するのです。→続く

Posted by 小池 泉壬 at 16時44分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=569

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.