会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
6月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年06月27日(土)

日本三名瀑のひとつという「袋田の滝」(1) [滝を観に行く]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

袋田の滝を目指して、滝川を渡る

日本三名瀑のひとつという「袋田の滝」へは、豊鉄ハニットアゼリアツアー「水戸黄門様ゆかりの地と日本三名瀑袋田の滝」の取材として、2010年9月1日に訪れました。
ちなみに三名瀑とは、日光華厳の滝と南紀那智の滝に加えて、三番目には、というパターンですので、まだ他にも三番目があるのかも、ですが…。
茨城県太子町(ダイゴマチ)を流れる、久慈川支流の滝川上流にある「袋田の滝」へ、駐車場から歩いて向かうことになります。

画像(180x76)・拡大画像(600x256)

グーグルマップより

位置関係は、大体こんな感じです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

滝川沿いに歩く道

橋を渡って、滝川沿いに歩く道の左右には、土産物屋さんや、飲食店が並んでいます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

にはこんなちょっとお洒落な飲食店

大部分のお店は、昔ながらの観光地の土産物屋さんや、食事処ですが、中にはこんなちょっとお洒落な飲食店もありました。
ジェラートアイスクリームや、地ビールを揃えたお店です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

トンネルへの階段

しばらく歩くと、いよいよ「袋田の滝」へのトンネル(滝川沿いの渓流散策コースから行くてもありますが、残念ながら滝を正面からは見られないので、2008年9月にオープンした、トンネル(利用料300円)を利用しましょう。

画像(180x93)・拡大画像(600x313)

階段登り口にある「案内図」

こちらが、トンネルへの階段の登り口にある「案内図」です。

画像(180x120)・拡大画像(570x382)

料金所とトンネル入り口

料金所で、300円也を支払って、すぐ横のトンネルに入ります。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

トンネルに入る

さあ、トンネルに入りましょう。
撮影時期は9月1日なので、これから夏に訪れることができれば(完全解除で)、こんな光景を見られるでしょう。
「袋田の滝トンネル」(長さ276m、高さ3m、幅員4m)と、言われています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

暗くてボヤボヤのトンネル内

トンネルの中は、思ったよりも暗く、涼しかったと記憶しています。
もしかすると、今ではもう少し明るくしているかも知れませんが…。

画像(180x115)・拡大画像(560x360)

それでも途中に、こうしたイルミネーション的な飾りのついた、仏様の守りのような、祠があるのです。
上の写真で、奥の方に見えている赤い照明の部分です。

画像(180x117)・拡大画像(570x371)

第1第2観瀑台への分かれ道

大分歩いたな、と思った頃、どうやらここが目的地なの?という場所に遭遇します。
その通りで、写真に向かって右に「第1観瀑台」への横穴があり、左手に「第2観瀑台へのエレベーター(第2観瀑台へは、エレベーターが必須。土日は混みそう)、正面奥に「四度の瀧不動尊」が祀られています。

画像(180x122)・拡大画像(570x388)

第1観瀑台へ

まずは、下から見上げる形の第1観瀑台からどうぞ。
上の写真の、右側に入る横穴に歩を進めると、すぐこの光景が目に飛び込んできます。ケッコー感動しますヨ。(ネタバレすみません)
次回は、怒涛の「袋田の滝」第1第2観瀑台のご案内でありますデス♪

Posted by 小池 泉壬 at 21時33分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=573

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.