会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
7月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年07月10日(金)

香取神宮は立派な神社で門前市も又楽し(1) [神社えーら]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

香取神宮駐車場より

とよてつハニットツアー「水郷潮来の旅(潮来温泉泊)」の立ち寄り先、「香取神宮」の取材で現地を訪れたのは2012年6月24日のことでした。
駐車場に降り立った私に、『歓迎 香取神宮』のアーチが笑顔で迎えてくれているようでした。
「神宮」となっている神社は、皇室と縁が深く(皇室の祖先がご祭神になっていて)格式が高い存在なのですが、どうやら、親しみ易そうな空気を感じます。
※タイトルの“えーら”は、良いでしょうの意味です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「亀甲堂」

駐車場で目に付くのが、この「亀甲堂」です。
香取名物「厄落しだんご」や、水郷の新鮮な川の幸が自慢のお食事が楽しめます。
店外のところ天の屋台(応対の店員さん)に、お店の“やる気”を感じさせられました。

画像(142x180)・拡大画像(435x550)

「厄落しだんご」

こちらが、店頭に掲示されている「厄落しだんご」の写真付き看板です。
草だんごと、焼だんごがあるようですね。
取材で急いでいたので、食べなかったのが残念!

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

参道側の「亀甲堂」

『歓迎』のアーチをくぐると、香取神宮へ一直線の参道が延びています。
と、こちらの参道側に向けた「亀甲堂」の店構えがあります。参詣後のお客さんには、土産物選びに便利そうです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

参道の様子

参道は、こんな感じで、明るい通りになっています。
また、亀甲堂の外にも土産物屋さんが並んで、参拝客の関心を集めているようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「梅乃家本店」

そのひとつが、亀甲堂のお隣の「梅乃家本店」です。
こちらには、厄落しだんごに対抗して、焼立みたらし団子120円、草団子200円が名物のようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「栄亀庵」

生そばを食べさせる、昭和元年創業の蕎麦屋さん「栄亀庵」も並びにあります。
食べログの評判も上々の、美味しいおそばを召し上がれ。

画像(180x117)・拡大画像(570x372)

「岩立本店」

通りの反対側の明治28年創業の「岩立本店」は、揚げ立ての紫芋コロッケ、餡の甘みが絶妙の草餅、昔ながらのわらび餅が名物のお店です。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

参道の奥に鳥居が

この辺りから、参道の奥を見ると、大きな赤い鳥居がもう見えています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「蚤の市」

鳥居に近付くと、この日は好天でしたので、このような「蚤の市」が多数出店されていました。
大きな神社の参道に、このような蚤の市は珍しいのではないかと思います。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「uno Cafe」

また、茶店や蕎麦屋さんだけでなく、ちょっと洒落たこんなお店「uno Cafe」で、コーヒータイムも乙なものでは。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

香取神宮の鳥居はもうそこ

「蚤の市」まで来ると、香取神宮の赤鳥居はもうすぐそこです。
それにしても、普通、大きい神社の参道を歩くと、いやが上にも、厳かな気持ちにさせられるものですが、ここは明るいなあ、と思った次第です。

画像(180x116)・拡大画像(570x369)

「香取物産店」

なんだか、肝心の神宮に着く前に、参道のお店紹介になってしまいましたが、各地の神社を訪ねた私にも、これが印象的だったので、ご案内しました。
ちなみに、赤鳥居のそばの土産物屋「香取物産店」も覗いてみる価値ありかと思います。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

赤鳥居と香取神宮石碑

いよいよ赤鳥居と、香取神宮の石碑に着きました。
次回は、なるべく早いうちに、鳥居をくぐった風景をご覧に入れると約束させて頂き、ご案内はひとまず、ここまでと。

Posted by 小池 泉壬 at 11時45分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=575

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.