会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
8月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年08月31日(月)

最近のニュースから思い出した「シャボテン公園」1 [行った気になる+動物]

画像(320x286)・拡大画像(500x447)

ハシビロコウのビルおばぁさんbyTOKYO HEDLINE

最近のニュースに世界最長老のハシビロコウが死去、というのがあり、それから数日後に、この『ハシビロコウのビルは、実はメスだった』のニュースが登場しました。
その彼女が、40年に渡って「伊豆シャボテン動物公園」で暮らしていたとのこと。
なら、動物好きの私のこと、取材で行ったことがあるのだから、きっと撮っているに違いない、と当時の写真を確認すると、なんと…!
しかし、写真を見直して同園の良さが思い起こされ、こりゃ皆さまにご案内せねば!と思い立ったのであります。

画像(320x212)・拡大画像(640x425)

「伊豆シャボテン公園」の案内サイン

…ということで、時は2014年12月19日10:21に遡ります。
当日は、取材していた稲取温泉「銀水荘」を朝の9時過ぎに出発、海産物土産物店「いろり海産」を朝一取材(9:49〜10:13)して、次の取材先「伊豆シャボテン公園(当時)」に向かったのであります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

“富士山”が見えます

通常は、駐車場のことは、そんなに触れていないのですが、サボテン公園の駐車場は、見どころが多いのであります。
まず“富士山”が、晴れていればよ〜く見えます。
駐車場からの出口の辺りからが、よく見えます。

画像(180x117)・拡大画像(580x377)

“伊豆大島”が見えます

また、駐車場なのに「望遠鏡(お金を入れて1〜2分間見れるアレです)」があって、その先に(天気が良ければ)、児嶋じゃなくって“伊豆大島”が見えます。

画像(180x115)・拡大画像(580x371)

「シャボテン公園」入口

そして、入口を入ります。
当時は「シャボテン動物公園」じゃなくて、まだ「シャボテン公園」だったんですね。

画像(180x141)・拡大画像(580x456)

「園内案内マップ」

こちらが、入口にあった「園内案内マップ」ですが、取材の都合(なんと言っても有名な“カピバラ露天風呂”の取材が優先でした)で、彼らの入浴時刻に合せて、入口から図の右斜め奥の「カピバラ虹の広場」に向かって一直線したのであります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「カピバラ虹の広場」目指して

当時の(今もでしょうか?)N支配人にご案内頂いて、入浴が始まるのに合わせなきゃ、と、この道をせっせと歩いたものであります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「カピバラ虹の広場」

皆さんもうこんなにお集まりでした。時刻は10:36
12月中旬だったので、湯気がもうもうでした。
緑の半纏のおじさんが、元祖・露天風呂に入ってるカピバラが、某社のTVCMで評判になった時のお話など、しています。
なんと言っても“元祖”なんです、このシャボテン公園のが!

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

のほほ〜んなカピバラくんたち

カピバラたちの、のほほ〜んな絵も、こうしてしっかり撮れました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

人気のカピバラ露天風呂

それにしても、確かに人気があることが、よ〜く分かりました。

画像(180x117)・拡大画像(570x372)

「チンパンジアム」

それから、もう一度入口方面に戻って、後はゆっくり施設の写真取材となりました。
まず目立ってる「チンパンジアム」に寄ってみました。

画像(180x120)・拡大画像(560x375)

中にいた子

お宅もヒマだなぁ、って言われたような…。
何頭もメンバーが居るようで、紹介写真もあるのですが、この子が誰かは、分かりませんでした。
今、紹介写真を見比べてもよく分からないんです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「チンパンジアム」の隣りが「大講堂」

この「チンパンジアム」の隣りが「大講堂」で、決まった時刻に学習成果発表会があるので、後ほど寄ることにして、今はパスです。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「太陽の広場」

そして、前が「太陽の広場」です。
団体で来たときには、ここで記念写真を撮るようになっています。
トーテムポールは「戦士の像」であります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「高原竜」「シャボテン大温室」「大室山」

「戦士の像」の向こうに見えているのが、「伊豆シャボテン公園」のシンボルとも言える「高原竜」とピラミッド型の「シャボテン大温室」、そして丸い形の「大室山」です。
う〜ん、例によって、まだ入口を入った辺りでうろうろ、次回に続くので、お楽しみに♪

Posted by 小池 泉壬 at 17時29分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=583

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.