会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年09月04日(金)

シャボテン公園2…手造りの展示に愛が! [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「マーラ」の獣舎

前回よりの続きです。
時間の制限があった「カピバラ露天風呂」を取材した後、案内して頂いたN支配人ともお別れし、あとは自由に園内の取材を、ということになりました。
前述の「園内マップ」でご案内の通り、「太陽の広場」のお隣にある「マーラ」の獣舎から観て行こうと、思いましたが、最初の印象はなんとも“地味!”であります。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

「マーラ」

こちらが、地味な獣舎にお住いの「マーラ」くん(さん?)ですが、カンガルーみたいな脚に、ウサギみたいな体が乗っかっている、なかなか可愛らしい動物です。

画像(180x95)・拡大画像(570x303)

「マーラ」の隣りは「ラマ」

そして、「マーラ」の隣りは「ラマ」。
う〜ん、なかなかアイデアが効いてる配置ですね。
しかも、どちらも南米原産であるようです。
そもそも「太陽の広場」も、なんとなく「中南米」風。
筋が通ってますね。…動物園ではよくあること?

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「ラマ」

こちらが「ラマ」さんたち。
平和だなぁ…。
この平和感が「伊豆シャボテン動物公園」の特徴なんですね。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

かつての「地球環境館」

その後、奥に行かずに近くの「地球環境館」に寄りました。
(「大講堂」での学習発表会の時刻がありましたので…)
なにやら学術的な雰囲気が漂う佇まいです。
※残念ながら、2020年現在のシャボテン公園HPを拝見すると、この建物のあった場所には「わくわくモンキーハウス」なる施設があるようです。
ということで、この建物のご案内は、懐かしの…という気分でご覧ください。

画像(180x126)・拡大画像(560x395)

近藤典生博士のメッセージ

入館(無料)すると、“シャボテン公園設立者の近藤典生博士のメッセージ”が迎えてくれます。
博士の研究されていた多肉植物類を、その生育環境に近く再現し、そこに棲む動物との共存の世界を、楽しく来園者に観てもらえるように、ケージやフェンスも目立たぬよう設置したとあります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

『カピバラ大博覧会』

で、私が訪れた2014年12月19日時点では、この『カピバラ大博覧会』が開催されていました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

室内

室内は、いかにも、手造り感満載の、それでもカピバラ愛に溢れた展示になっておりました。
今や、人気の水族館、動物園では、この文化祭風の展示が大流行のようですので、時代の先端を行ってたんですねェ!

画像(180x138)・拡大画像(560x432)

「日本全国 カピバラ温泉マップ」

「カピバラの生態」や「カピバラ歴史年表」も興味深かったのですが、中でも「日本全国 カピバラ温泉マップ」で、当時TVCMで人気の出たカピバラ温泉は、ウチが元祖だ、という誇りに満ちた展示で、全国18か所(そんなにあるの!)との比較が、面白かったと記憶しています。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

コモンマーモセット

カピバラ大博覧会だけでなく、南米の超小型サルの仲間「コモンマーモセット」の檻や、

画像(112x180)・拡大画像(349x560)

「ワタボウシタマリン」

こんなに可愛らしい「ワタボウシタマリン」の檻がありました。
ちなみに、この後に出てくるリスザルも小さなお猿さんですが、マーモやタマリンより、もう少し猿っぽいようです。

画像(118x180)・拡大画像(376x570)

タマリンの説明板

マーモセットもタマリンも、どっちも小さくて同じように見えるのですが、どっこい違うところがあるようで、こちらはタマリンの説明板。

画像(132x180)・拡大画像(420x570)

マーモセットの説明

こちらはマーモセットの説明です。
よく似ているけど、門歯の形が違うんだそうです。
この手描き説明板、今もあるんでしょうかねぇ。

画像(180x123)・拡大画像(570x391)

「高原竜ヒドラ」の展示

最後に、昔『ウルトラマン 第20話「恐怖のルート87」』で登場した「高原竜ヒドラ」はこのシャボテン公園出身ということで、展示コーナーがありました。
大室山から現れ、最後はウルトラマンに退治されもせず、空に飛び去って行く、ちょっとうるっとくる話の怪獣でしたね。懐かしい方、みえるのでは…。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

高原竜とピラミッドと大室山

その高原竜は、今もシャボテン公園内の大室山の麓に居て、公園の守り神となっています。
次回は、「大講堂」の学習発表会の様子をば。

Posted by 小池 泉壬 at 00時15分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=584

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.