会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年09月17日(木)

シャボテン公園4…カンガルーとワラビー [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

上の道からさっきの道を見る

大講堂の「学習発表会」がお開きになり、今度こそ園内取材をしないといかん、ということで、大講堂から山の小道を伝って「リスザルの森」を目指すことにしました。
下の道は、さっき朝一で「カピバラ露天風呂」に向かった道であります。
川の中の岩山は、どうやら「エリマキキツネザル」の島のようですが、一匹たりともその姿は見えませんでした。

画像(180x129)・拡大画像(500x360)

「園内案内マップ」該当部分アップ図

どこを見ているのか、分かりにくいと思いますので、「シャボテン公園1」でご紹介した「園内案内マップ」の、該当部分をアップしてご案内します。

画像(180x120)・拡大画像(500x336)

現在の園内図の同じ部分

実は、現在は多少動物たちの配置が変わっていて、こちらが現在の「シャボテン公園HP」の園内図の同じ部分です。
変更点は、2014年時点ではエリマキキツネザルが居た島に、リスザルたちが移っていて、リスザルの森の位置には「ペンギン」がいるようですね。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

可愛らしい小屋

それはともかくとして、この時には、上の径を歩いて行くと、こんな可愛らしい小屋が現れました。
これは、リスザルの小屋じゃないんだろうか、と当時の私は推察した訳です。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

『リスザルの森へようこそ』

すると、想像通り『リスザルの森へようこそ』という看板が現れ、リスザルは体調30pくらいだとか、ボス格のオスが、オニオン・みのり・ひのきという3匹との説明があります。
森にはリスザルが放し飼いなので、悪戯されても慌てないようと、前述の支配人さんが言っていました。
…ところが、結局リスザルくんたちには悪戯されるどころか、1匹の姿も気配も無かったのが残念でありました。
脱走する子も、ときどきあったらしいので、今では島に収容されているのでは、と思います。

画像(119x180)・拡大画像(379x570)

「カンガルーの丘」へ

結局、リスザルの森へは、さらに奥に上らないようなので、時間の都合で私はパス、そのまま進むとある「カンガルーの丘」へのコースを選択したのであります。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

トンネルを進む

これがなんと、トンネルに入って行くというミステリーでして、ほうほうほう、と思いながら、薄暗いトンネルを進んで行くうち、

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

カンガルーの扉

やっと、この扉が出て来ました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

扉を開けると

扉を開けると、こんな展開が待っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「黒鳥の池」

ここどこ、と、どうやら「黒鳥の池」つまりブラックスワンの池だったんですね。

画像(180x171)・拡大画像(480x458)

黒鳥をアップ

でも、黒鳥がどこにいるのか分かりにくいと思いますので、アップしてみましょう。

画像(180x134)・拡大画像(570x426)

クロカンガルー

で、確かに「カンガルーの丘」らしく、こうしてクロカンガルーくんも寝そべってたりするのですが、

画像(180x126)・拡大画像(550x385)

説明ボード

こうして説明ボードを見ると、この「カンガルーの丘」には、大きなカンガルーと、小さなワラビーともっと小さなワラビーの3種がいるということです。

画像(180x129)・拡大画像(546x393)

「ワラビー」のエリア

クロカンガルーのエリアの隣りに「ワラビー」たちがいるんですが、こちらは小さいベネットワラビーのエリアで、よ〜く見ると枯れた木の下に、4匹居るのが分かるでしょうか。
このシャボテン公園の特徴である、とても低い仕切りだけで、カンガルーたちと私たち観光客が、とても自然に交流できるのが、素晴らしいことですね。

画像(180x122)・拡大画像(550x373)

パルマワラビー

そして、この可愛らしいのが、一番小さなパルマワラビー(これでも大人です)であります。
次回は「カンガルーの丘」の続きから、「カピバラ」「チンパンジーの島」と進んでいきますので、お楽しみに。

Posted by 小池 泉壬 at 00時34分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=586

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.