会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
10月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年10月08日(木)

シャボテン公園7…小動物と地域別サボテンの展示 [行った気になる+動物]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「ベルツノガエル」の展示室

第1温室の後半は、次の第2温室との間の部屋と言うか、通路にあります。
写真は「ベルツノガエル」が展示されている展示室ですが、正式名の「伊豆シャボテン“動物”公園」らしく、生育地域の異なるサボテン展示と併せて、小動物の展示があるのが、このシリーズ2回目でご案内した、設立者・近藤典生博士のモットー『多肉植物類を、そこに棲む動物との共存の世界として観てもらいたい』が、現れています。
※ベルツノガエルは、南米に広く分布する大型の肉食カエル

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

ベルツノガエル

この色鮮やかな、丸っこい物体がベルツノガエルくんです。
こうして、体をやや地に埋め、獲物が通りかかるのを待ち、来たら、ぱっと大口で飲み込んでしまうのです。

画像(180x129)・拡大画像(560x402)

手描きの説明ボード

例によって、手描きの説明ボードも、このように用意されています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

『第4のナゾ』の立札

そして、次の第2温室に向かう通路に『第4のナゾ』の立札が!
(すみません、第2と第3は見逃してしまいました…)

画像(180x123)・拡大画像(560x384)

『第4のナゾ』のアップ

こちらが『第4のナゾ』のアップです。
内容が、いまいちよく分からず、ヒントの“宝箱”も、見つからなかったのが、残念でした。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「チンチラ」の展示ブース

次にあった展示ブースは、この「チンチラ」。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「チンチラ」

こちらが「チンチラ」で、ネコのチンチラとは違って、ネズミの仲間。
南米アンデス山脈の、標高400 - 1,650mの地域に生息しています。

画像(180x124)・拡大画像(570x395)

「第2温室」が見えてきた

さて、やっと「第2温室」が見えてきました。

画像(180x134)・拡大画像(560x417)

『ちょっとあぶない植物1.2.3』…

その入口前に、気になる掲示板が。
なになに『ちょっとあぶない植物1.2.3』…とな!

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「第2温室…アフリカ館」

「第2温室」そのものは、アフリカの多肉植物が集められています。
(アフリカにはサボテンはなく、近縁種の多肉植物が繁栄していて、見た目はサボテンによく似たものもあるとか)

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

アフリカ館の多肉植物展示

アフリカ館の中心に集まっている多肉植物たち、知らないで見たらサボテンにしか見えない姿です。
この中に、トウダイグサ科の植物も沢山入っているのです。
※毒があるといっても、切ったり折ったりしなければ大丈夫。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

「トウダイグサ 瑠璃塔」

では、親切に教えて頂いた『あぶない』植物って、気になりますよね。
と言うことで、まず見つけたのが、このいかにもサボテンに見える「トウダイグサ 瑠璃塔」でした。
ドクロマークが、おどろおどろしいのですが、毒性はそんなに強くない、ということです。

画像(127x180)・拡大画像(372x525)

「矢毒キリン」

そして、こちらは同じトウダイグサ科の「矢毒キリン」。
現地では、獲物を確実に仕留めるための毒矢として、使われるほどの猛毒があるのだそうです。
ちなみに、説明ボード左側の、サボテンに見えるものが本体です。

画像(135x180)・拡大画像(413x550)

「紅葉キリン」

こちらは「紅葉(モミジ)キリン」という、やはりトウダイグサ科の多肉植物です。
毒の程度は“中”といったところのようです。
コチラハ、サボテンどころか、葉の大きな木に見える姿で、葉が紅葉するように赤くなるので、この名が付いています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

多肉植物がいっぱい

なんだか毒のあるものばかり紹介してしまいましたが、多肉植物自体は、ホームセンターなどで売っている、室内で楽しめる植物です。
アフリカの環境の中では、どれほど大きくなるのか、なじみの多肉植物を探してみましょう。
そして、次回に続きます♪

Posted by 小池 泉壬 at 17時55分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=589

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.