会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

2020年11月22日(日)

氷見と言えば「ブリ尽くし料理」でしょ〜♪ [こだわりの食事]

画像(320x210)・拡大画像(600x394)

「氷見グランドホテルマイアミ」

テレビを観ていたら、富山県氷見市の漁港で、今年のブリ漁は大漁の出だしです!と漁師さんの笑顔のインタビューがありました。
そう、氷見(ヒミ)と言えば、寒ブリです。
豊鉄観光さんの『寒ブリツアー』は、同社のヒット商品で、私も何度か取材で寄らせて頂きました。
写真は2009年9月30日のもので、お伺いしたのは、当時「氷見グランドホテルマイアミ」と言っていた観光ホテルです。
※ホテル前の海岸が“前網(マイアミ)”と、地元で呼ばれていたから、マイアミなのだそうです。

画像(180x138)・拡大画像(600x460)

グーグルマップにてご案内

ちなみに、ホテルの所在地は、能登半島の付け根にあたる氷見市の国道160号線の、海岸沿いにあります。
グーグルマップで、およその位置をご紹介させて頂いておりますが、マップ上には「氷見温泉郷 くつろぎの宿 うみあかり」とありますように、

画像(180x113)・拡大画像(580x366)

現在のホテル外観〜同館HPより

取材時から3年程経った2012年4月より、和風旅館「氷見温泉郷 くつろぎの宿 うみあかり」に名称変更されています。
ただ、経営母体は変わっておりませんので、概ね、取材内容の変化はあまり無いものと思います。

画像(180x106)・拡大画像(600x356)

バスツアー夕食フルセット

さてそれでは、そのブリ尽くし料理が、どれくらいこだわったものかを、ご紹介しましょう。
写真は、いつもの通り、豊鉄観光さんのバスツアーの夕食フルセット状態です。
食前酒(中下のピンク)に「五箇山の山葡萄ワイン」〜さらっとした甘口の飲みやすいワインでした

画像(180x141)・拡大画像(501x395)

「鯛兜煮」

まず取り掛かったのは、魚好きの私ならではの「鯛兜煮」。11月のバスツアー本番時には「ブリ大根」になるそうです。
甘口のこってり醤油煮の兜煮も、美味でした。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「お造り」

続いて「お造り」に箸が伸びます。
魚は左側から、メジマグロ、ブリ、イカ、甘海老、ちょっと焦げ目が着いているのは、ブリたたき、右端はタイ刺身。
ブリのたたきは初めてでしたが、これが意外に美味しかったです。

画像(180x150)・拡大画像(400x335)

「白海老の刺身 海老の卵添え」

「白海老の刺身 海老の卵添え」は富山県ならではの美味食材です。
小さな白海老をひとつひとつ、殻を剥いて刺身にしてくれる手間も味に入っているようです。

画像(180x125)・拡大画像(550x384)

「ブリステーキ」

こちらは、フルセットを並べる最後の方に出て来た「ブリステーキ」です。
ブリの照焼より洋風で、表面がぱりっとしていて、確かに、ステーキという味わいでした。大変美味♪

画像(169x180)・拡大画像(530x564)

「ブリなます」と酢味噌

こちらはなんと「ブリなます」。
つまり、酢の物系のお料理です。
写真下の、少し甘めの酢味噌で頂きます。

画像(180x168)・拡大画像(530x496)

「氷見細うどん」

それから、凌ぎとして「氷見細うどん」があります。
冷やしうどんですが、太い素麺ではなく、腰のある細いうどんといったところ。
本来は、宴会の途中にお腹が空いてその場を凌ぐところから出来た「凌ぎ」ですが、飽食の現代ではちょっと、かな?

画像(180x114)・拡大画像(550x351)

鍋と「ブリしゃぶ具材」

さてメインディッシュ(?)の「ブリしゃぶ」の登場です。
刺身と全く同じ鮮度のブリと野菜を、先ほどから煮立っている昆布スープで、頂く訳です。

画像(180x146)・拡大画像(530x430)

箸でつまんでしゃぶしゃぶ

こうして箸でつまんで、さっと沸騰しているだし汁にくぐらせます。
火(熱)が通り過ぎると、柔らかいブリの身が、ほぐれてしまうのでご注意を。

画像(180x141)・拡大画像(520x410)

ポン酢に浸けて

それを、ちょこんとポン酢に浸けて、熱いのをぱくり〜♪
その瞬間に、ポン酢の表面に、ブリの脂がさぁーっと広がる美しさ。

画像(180x137)・拡大画像(520x398)

「たこ飯」

最後に食べるご飯も、氷見名物の「たこ飯」で、一緒に混ぜ込まれている牛蒡のささがきとで、山と海の絶妙のハーモニー。
ご飯がほろりと口中で解けて、もうお腹一杯、と思っていたのに、なぜか箸が進むのです。

画像(180x139)・拡大画像(520x403)

デザートの「ハトムギゼリー」

今度こそ最後のひと品デザートは「ハトムギゼリー」となっておりました。
見たことも無い、聞いたことも無かったデザートです。
こうして見ても、どんなデザートなのか味なのか…?

画像(180x133)・拡大画像(520x387)

「ハトムギゼリーとマンゴー」

スプーンにすくってみても、よくわかりません。
グレイのふにゃっとしてるのが「ハトムギゼリー」で、黄色は添えのマンゴーです。
食感は見た通りのふんわりした感じで、食べた後、微かに麦粉菓子の風味が、口中に残りました。
※以上の食レポは、当時書き残していた食メモによります。大部分、現在も頂けると思うのですが…。

Posted by 小池 泉壬 at 16時20分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=596

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.