会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
12月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2020年12月29日(火)

なんと、素晴らしいお料理! [三朝温泉の旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

夕食フルセットの威容

2009年3月25日に訪れた山陰三朝温泉「三朝館」。
初夏の倉吉(散策)〜三朝温泉泊〜とっとり花回廊〜蒜山高原の旅の取材だったのですが、3月の鳥取は、まだ寒く、雪が降る天気でした。
左のカテゴリー欄の「雪でした」でも取り上げていますが、とにかく冬シーズンのお料理、しかも取材もあるということで、随分ボリューミィで、美味しいご馳走が並びました。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

『先付』の「鉄皮の霜和え」

ラジウム泉で有名な三朝温泉のお湯については「三朝温泉の旅1」にてご紹介していますが、今回は料理のご紹介です。
まず『先付』の「鉄皮の霜和え」。鉄皮とは、とらふぐの皮の棘を料理人の高度な技で処理して、数の子とポン酢で和えたとろける珍味です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「季節の吹き寄せ盛り」

先付の次は『前菜』に箸を伸ばしましょうう。
「季節の吹き寄せ盛り」は、全体に甘口の料理で、手長海老には、小さな金平糖がまぶされています。
その他、平隠元豆、薩摩芋、南瓜、黄色の器のクコとグレープフルーツなど、意表を突いた味が、舌を活性化させます。

画像(180x142)・拡大画像(560x444)

』、「厳選旬魚五種盛り合わせ」

次は『造里』、「厳選旬魚五種盛り合わせ」。
ボタンエビ、さざえ、鮪、鰤、鯛の刺身が、険を競うように、舌の上で踊ります。
秀逸は、さざえの刺身のこりこり歯応えでしたね。

画像(180x129)・拡大画像(550x395)

「いくら」

同じ器に同席している「いくら」も、ぷっちんぷっちんと、興を添えてくれました。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「鴨南うどん」

さてお次は、会席料理のリリーフ投手とも言うべき『凌ぎ』の「鴨南うどん」であります。
冷たい汁に、腰の強いうどんと、歯切れの良い鴨の風味が、よいコンビネーションで、杯の重ねに貢献します。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「鰤大根」

すると、さっぱりした口中に、次の『煮物』の「鰤大根」の甘辛こってりした味が広がって、またまた食欲が刺激されると言う訳です。
しかし、鰤よりも、大根が美味しくなるという、煮物の宿命を感じる逸品でした。

画像(180x100)・拡大画像(570x319)

鳥取牛の陶板ステーキ」

さてとお次に控えしは…てな感じで、『焼物』「鳥取牛の陶板ステーキ」が出番を待ってます。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

陶板焼き中

当然、ステーキですから、焼いてるところをご覧頂く訳ですが、鳥取牛の柔らかさ&脂の甘みと旨味は、恐るべきものでありました。
愛知なら、飛騨牛とか、松坂牛というブランドが憧れですが、鳥取牛“恐るべし”です!

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「河豚ちり鍋」

陶板焼きが出て来て、それで収まらないのが三朝館の凄いところです。
『台の物』は、なんと「河豚ちり鍋」ときました。
皿の右端が河豚ですが、真ん中辺りの黄土色のぺたっとしたのは「かき餅」で、なんとも美味しかった、です。

画像(180x137)・拡大画像(560x429)

河豚ちり鍋中

食材を、錫の鍋に入れて、火を点けます。
あとは、ぐつぐつなれば、食べ始められますが、さっきの陶板焼きといい、夕食が本当にゆったりとした気分で、楽しめる仕掛けになっていて、時の経つのを忘れてしまいそう。

画像(180x122)・拡大画像(560x381)

もみじおろしポン酢で頂く

さて、河豚、いってみましょうか。
見かけは、意外に地味でしたが、食べるとやっぱり、旨い!
身、しこしこでっせ。

画像(180x124)・拡大画像(560x387)

「海老の変わり揚げ」

もう終わりか、と思った頃に出てくる『油物』の「海老の変わり揚げ」であります。
なんと、海老にジャガイモを巻いて揚げてあって、そのカリカリ感がなんとも言えませんでした。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「甘鯛蕪蒸し」

ここらで、ちょっと箸休め、みたいな感じの『蒸し物』は「甘鯛蕪蒸し」であります。
小さめの料理の繊細さを、慎重に味わうのも、日本料理の良いところでしょうか。
酒が、どんどん進みます。

画像(180x124)・拡大画像(570x394)

「ずわいがに」

こんな段階で、まだ真打が登場するのが、冬の山陰地方の油断できないところです。
『酢の物』と言えば、普通、舌を洗うくらいの位置づけですが、ご当地は、ここで「ずわいがに」!!

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

かにを頂く

これはもう、本当に美味しくて!困ってしまうレベルの食感です。
かにの身の、粒だっている細胞のひとつひとつに、冬の旨味がぎゅーっと詰まっております!!

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「季節のフルーツ ゼリーがけ」

そして、『止椀』の「新薯(シンジョ)の赤出汁」、「三種の香の物」でご飯も頂き、最後の最後に出て来ます『果物』が、これだけのボリュームの「季節のフルーツ ゼリーがけ」ですが、やはり別腹にしっかり収めることができました。
※「三朝館」は、2013年に経営者が変わったようです。
今も、こんな料理が楽しめますように♪

Posted by 小池 泉壬 at 22時08分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=601

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.