会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
1月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

検索



カテゴリーリスト

最近の記事

2021年01月08日(金)

大化の改新で功績のご祭神…「談山(タンザン)神社」 [行った気になる観光案内]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

『八井内(ヤイナイ)』という交差点

奈良県桜井市多武峰(トウノミネ)にある「談山神社」へは、ハニットアゼリアツアーの「紅葉の談山神社・秋色の明日香」の取材で、2011年9月9日に訪れました。
いつものように、取材先が沢山あるので、マイカーで国道155号線を走って行くと『八井内(ヤイナイ)』という交差点で、案内表示が見えます。

画像(180x99)・拡大画像(600x333)

グーグルマップ

全体的な位置関係を、グーグルマップでご覧頂くと、地図左の「明日香」の「石舞台」から、およそ5q、東にある山地にあるのが分かります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「屋形橋」

この、右折口には「談山神社」の入口である、寺川に懸っている「屋形橋」があるので、分かり易いと思います。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

右折して入った道路

こんな感じの道を入って行くと、

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「徒歩入口」の表示

「談山神社」の駐車場があるので、そこに車を停めて「徒歩入口」の表示に従って、入って行きます。

画像(180x109)・拡大画像(585x356)

「境内の案内図」

2011年9月時点では、駐車場にこんな「境内の案内図」がありました。
ちなみに「多武峰(トウノミネ)」とは、談山神社のご祭神「藤原鎌足公」が、中大兄皇子(ナカノオオエノオウジ=後の天智天皇)と、「大化の改新」の密談をした場所なのです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

石段から、来た道を振り返る

徒歩で行く道を歩くと、じきに石段があります。
石段から、来た道を振り返って撮った写真が、こちら。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

山道を歩く

さらにもうしばらく、こんな山道を歩きます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

土産物屋さんの店舗

すると、道脇に土産物屋さんの店舗などが現れ、大分観光地らしくなります。
ただし、恐らく紅葉シーズンでないと(撮影時は9月9日13時過ぎ)、お店は開いていないのでしょう。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「大杉」

土産物屋を過ぎるとすぐ、道の右側に「大杉」が現れます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

談山神社鳥居

この大杉が、神社境内の入口のようなもので、大杉のところを右に曲がると、すぐこの鳥居と、石碑が目に入ります。
「別格官幣社…28社あり」とあるのは、明治政府が決めた“国家に特別な功労があった人物を祀る神社”のことで、現在の社格は「別表神社(全国で353社)」となっています。

画像(170x180)・拡大画像(495x523)

境内絵図

鳥居手前の石段に、当時はこんな境内絵図が、パウチされてぶら下がっていました。
現在もあるかどうかは、不明ですが、これで境内の様子がお分かり頂けるとおもいます。

画像(119x180)・拡大画像(368x555)

かなり段数のある石段

そして、かなり段数のある石段を上ります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

『入山受付』はコチラ

真直ぐ上るのか、と思うと、ちょっとした踊り場があり『入山受付』はコチラの表示があり、直進する部分には通行止めになっています。
ちょっとだけ石段の上に見える赤い建物には、この後、行けるのでご安心を。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

楓の山道

入山受付はコチラの表示に従って、左の道を進むと、このような木々の繁る山道になっています。
実は、この木々が、ほぼ全て楓の木で、

画像(180x122)・拡大画像(590x400)

紅葉シーズンの楓の山道

紅葉シーズン(例年11月中旬〜12月上旬)には、このように見事に楓の木々が色づくようです。
(談山神社提供)

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

祓戸社ゴマンド池

上の黄葉の写真に写っている「祓戸社(ハライドシャ=談山神社の末社)のゴマンド池」で、9月時点ではこのようでした。
すぐ先に「入山受付所(入山料600円)」があり、次回は有名な「十三塔」ほかの建物がある境内を訪れますので、乞うご期待!となっております。

Posted by 小池 泉壬 at 17時27分   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://bus-ten.sakura.ne.jp/tb.php?ID=602

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.