会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
11月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2008年01月10日(木)

バス天07年創刊号「もっと美人になる湯 月岡温泉」 [月岡温泉・ホテル泉慶]

画像(320x165)・拡大画像(640x330)

全景の写真はタブロイド版では使わなかった

「バス旅天国」を計画していた頃、私はこの観バス旅行ガイドのフリーペーパーは、NETを大いに利用して作るつもりだった。
ホテル泉慶に泊まるサンライズOKツアー「月岡温泉の旅」は、チラシに「もっと美人になるお湯と越後・豪農の館」とうたい文句が付いていて、これだけで記事になる、と見込んでいた。

画像(167x180)・拡大画像(465x500)

こちらが誌面でご紹介した月うさぎキャラ

まず、月岡温泉をNetで調べると、直木賞作家の笹倉明氏の書き下ろし小説「新・雪国」の映画の現地ロケとして全面協力をしたようだ。
さらにHPから月岡温泉組合に連絡して、月の岡という場所のイメージを表している、ちょっぴり色っぽいウサギのキャラクターのデータを送っていただいた。

画像(180x180)・拡大画像(500x500)

どちらにするか大分迷いました

こちらはいかがですか、とお誘いいただいた別バージョンのキャラ。「月姫」となっていて、先のキャラよりさらに色っぽい(?)

画像(180x120)・拡大画像(600x400)

月鏡と名付けられた露天風呂。女性は誌面では出ていない

美人の湯、白玉の湯というだけあって、温泉には自信があるようだった。
平成8年に採掘した源泉は、“含硫黄ナトリウム塩化物泉”で、美肌の湯だから「白玉の湯」と名付けたそう。地下900mから、44.7℃で毎分550リットル湧出している。露天風呂には、これぞ温泉という匂いが漂っている。

画像(180x126)・拡大画像(600x423)

内湯の大浴場は日本海側随一の広さだとか。月鏡露天風呂とつながっているのが、庭園大浴場「月鏡」だ。男女入れ替わりの他方は「花鏡」という。

画像(180x146)・拡大画像(600x489)

大変豪華なロビー

大型観光ホテルのよさは、なんと言っても共有スペースの広さと充実度だろう。
TDRとも共通する“非日常感”であろう。

月岡温泉自体はなかなか大きな温泉地で、およその各旅館の位置関係は、こんな風である。
次回は、瓢湖の話、越後豪農の館、のご紹介とさせていただきます。泉慶の位置は地図の右上コーナーである。
また、泉慶の若女将のブログ「若女将のsenkei☆Life」
http://hasim.jugem.jp/ 
もなかなかの人気である。

画像(320x221)・拡大画像(577x400)

Posted by 小池 泉壬 at 23時57分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.