会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
7月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2017年04月23日(日)

神戸ハーバーランド煉瓦倉庫とプレスリー(後編) [取材詳細]

画像(320x216)・拡大画像(600x405)

オールドスパゲッティファクトリーと煉瓦倉庫の隙間道

ここで、やっと気づいたのですが、オールドスパゲッティファクトリーの看板がある建物は、この写真の左側の建物で、右の建物が煉瓦倉庫だったようです。
この隙間の通路を通って、もう一度入って来た処に出るべく、建物の間の小道を進みます。
(トイレのマークに惹かれたというのもありましたが…)

画像(180x110)・拡大画像(540x332)

小道を入ると、すぐにあったのがこのドアです。
K‐waveと書いてある看板。
「K‐wave」は、ローカルFM放送局?…と思いつつ、ドアを開けて建物の中へ。

画像(180x114)・拡大画像(570x364)

Kobe BRICK WEARHOUSE

まず左側にあったのが、この「Kobe BRICK WEARHOUSE」という、なにやら味のあるインテリアグッズのお店です。
が、店員さんの姿も見えず、当方にも時間もお金も心細かったので、写真だけ撮らせて頂いてパス。

画像(180x124)・拡大画像(560x387)

K‐wave

通路の突き当りが、K‐waveのドア。
通路に置いてあったカタログラックにあった『音の発信基地誕生!!』というパヌレットによれば、ここは、ライブやイベントのレンタルホールのようです。
観光客にはあまり縁のなさそうな施設ですが、その手前にトイレはありました(ホッ)。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

一旦K‐waveのドアから、元の建物の間の小道に戻って、少し進むと「Cafe RedBrick」の入口があります。
※ちなみにBrickは煉瓦のことなんですね。

画像(127x180)・拡大画像(452x640)

こんなメニューが貼り出されています。

画像(122x180)・拡大画像(436x640)

ランチタイムメニュー拡大

ねんのため、1枚を拡大してみますと、1400円のローストビーフ丼〜1000円のふわとろオムレツに至るランチメニューや、ドイツ風パンケーキ(そんなのあるんですね)各種(1300円〜1000円)とか、フレッシュジュースやコーヒー等々、時間が許せば寄りたかった、です。

画像(127x180)・拡大画像(425x600)

一応、そばにあった「オールドスパゲッティファクトリー」のメニューはこちら。

画像(180x117)・拡大画像(600x391)

そんなこんなで、再びガス灯通りに戻り、神戸駅方面(アンパンマンミュージアムの反対方向)に進みます。
(バスへの集合時刻は刻々と…!)
それにしても、灯が入ってないのでよく分からなかったガス灯通りは、

画像(180x135)・拡大画像(580x435)

夜のガス灯通(季節は初夏頃?)

夜はこんなにムーディになるようです。
(NETから拝借しました、ご参考まで)

画像(180x121)・拡大画像(560x377)

そして、もう少し進むと、ありました、いらっしゃいました!

画像(119x180)・拡大画像(399x600)

ロックンロールの王者、プレスリー様
エルヴィス・アーロン・プレスリーというのがフルネームなようです。
1977年に亡くなっているんですね。(そんなに前かぁ…)
これでやっと、プレスリー像の写真を撮って、後はバスへ一目散・・・だったです。

Posted by 小池 泉壬 at 16時14分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2017年04月18日(火)

神戸ハーバーランドの煉瓦倉庫とプレスリー(前編) [取材詳細]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

煉瓦倉庫のある港風景

とよてつ謝恩ツアーの、有馬温泉バス旅の立ち寄り先になっている「神戸ハーバーランド」について、事前にNETで調べると、範囲が広くて“外せないポイント”が、いまいち分かりづらかったデス。
港神戸、というイメージにぴったりのワードが「煉瓦倉庫」だったのは、港横浜からの連想でしょうか。

画像(180x134)・拡大画像(580x434)

上の写真「ハーバーウォーク」にある表示板

「神戸ハーバーランド」は、三宮の南西約2km、JR神戸駅の東側の旧・湊川貨物駅を中心とした約23haの区域を云います。
5年前の『20周年記念ランニングコース』の表示板で見ると、全容が分かります。
(撮影者の影が…!)

画像(180x123)・拡大画像(550x377)

この看板から煉瓦倉庫は少し離れている

前回ご案内した「MOZAIC」の南端にある「アンパンマンミュージアム」から、アンパンマンストリート(別称「ガス灯通り」)を、神戸駅方面に向かって歩くと、この「煉瓦倉庫」の店案内看板があります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

そして、看板のある側から、アンパンマンストリートの反対側には、結婚式場の「アニヴェルセル神戸」と、ショッピングタウンの「Umie South」が存在感を見せています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「オールドスパゲッティファクトリー」と煉瓦倉庫

煉瓦倉庫と「オールドスパゲッティファクトリー」が並んでいて、私たち観光客には、ああ、これが煉瓦倉庫だな、という姿を見せています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

煉瓦倉庫の海側、ハーバーウォーク

煉瓦倉庫の向こうはこの通り、港とハーバーウォークがあり、左前側には川崎重工の造船所、左奥には赤い港大橋も望めます。

画像(120x180)・拡大画像(381x570)

8時間労働発祥の地記念碑

右に折れて歩くと、こんな現代彫刻が建っていて、なんとこの神戸港から、日本の時間労働が始まった記念碑との表示があります。
まあ、へえ〜とか、ふ〜ん、という感じの記念碑であります。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

そして、記念碑から煉瓦倉庫越しの東奥に、特徴ある「神戸港旧信号所」が、よく見えています。
ただ、ここで帰りのバスの集合時刻を気にした私は、すぐそばにあった名所の「はね橋」を見落としておりました(残念!)

画像(180x115)・拡大画像(580x371)

季節が良ければ…

私はと言えば、最後になんとしても「プレスリー像」を見ないと、という意識が強く、記念碑前から煉瓦倉庫の西側に入っていました。
そこは1月下旬とは言え、屋外テーブルにカップルが居て、ビールと食事など楽しんでおりました。(風が強いにも関わらず、です)

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

上の写真の2つの赤レンガの建物の間を通って、元の場所に出ようとする私でした。
通路の「オールドスパゲッティファクトリー」の看板に惹かれましたが、あいにくMOZAICで食事を済ませていたので、横目で通過です。
(後編に続く、です)

Posted by 小池 泉壬 at 14時39分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2014年08月18日(月)

富士サファリパークの動物たち [取材詳細]

画像(320x210)・拡大画像(570x375)

豊鉄観光サービスさんの「ハニットアゼリアツアーC662」の取材で、
久しぶりに富士サファリパークに行って来ました。

係りのスタッフの方にしっかりサポートして頂き
ゼブラカラーの「サファリナビゲーションカーの後部に乗せて頂き、動物たちの写真を一杯撮らせていただきました。

本編の『とよてつバス旅ガイド(左のバナーからどうぞ)』では、載せきれなかった動物たちの写真の一部をご紹介します。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

こちらは、サファリゾーン最初の「クマゾーン」

多分、餌をねだっているアメリカグマたち

窓ガラスのない金網張りのジャングルバスのお客さんが楽しそー。

画像(180x123)・拡大画像(580x399)

そのジャングルバスは、サイタイプでした。

子供さんは堪らんだろーね。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

餌をもらえるのは、愛想のよい(?)アメリカグマで
そうでないヒグマは、だらっとしてます。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

次のゾーンのライオンたちは、さすが主役!

迫力あります!!

ジャングルバスは奇しくも「ライオンタイプ」です。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

木登りライオン(世界唯一!とか)の別カット

木は、登りやすい恰好ですが、そもそも草原のライオンには、木登りの習慣がありません。(体重もあるし…)

画像(180x121)・拡大画像(560x379)

その次の「トラゾーン」は、地味です。

トラはきれいなんですが、基本的にライオンみたいに群れでなく一匹虎なんで、“地味”です。

画像(180x111)・拡大画像(580x360)

そのまた次のチータは、走ってもいないし(健康管理上、走らせるときもあるそうですが)、365歩のマーチも唄っていません。

しかし、ひょろ長いですねぇ。

画像(180x126)・拡大画像(580x409)

そのまた次の「ゾウゾーン」は、愛嬌の良いインドゾウ(子象もいました)が主役ですが、

アフリカゾウも最後の方にちゃんといるので、アフリカゾウが好き!なお方は、見逃しませんように。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

次からは雑居ゾーン(失礼!)になります。

草食動物ゾーンの主役は、ゾウともタメを張れるサイでしょうか。

これは「シロサイ」だそうです。
一見、同じ土俵にいるようですが、うまく岩の障害で離されています。

画像(180x118)・拡大画像(580x382)

こちらは、一般草食動物のみなさんです。

キリン、エランド、トムソンガゼルが見えています。
このほか、ラクダやラマ、ブラックバックなどもいて、アフリカにいるみたいです。

画像(180x113)・拡大画像(580x365)

シマウマは、ちゃんとまとまっています。

なかでも、仔馬もいて、この授乳のシーンはなかなか見られませんよ、とスタッフの方が強調されていました。

う〜ん、ラッキー❤

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

ちょっと地味ですが、山岳草食動物も集団でいます。

写真は、多分ワピチと、バーバリーシープ、ニホンジカ(反転のはっきりしている小型の鹿)です。

真の動物好きなら、しっかり見るところです。

画像(180x108)・拡大画像(580x349)

トリは、アメリカバイソンたち。

なかなかの迫力ですが、大人しいです。

Posted by 小池 泉壬 at 11時27分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.