会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2019年04月26日(金)

箱根彫刻の森美術館(5)…足湯と帰路の彫刻たち [あの舞台はここ]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

カフェ&ギャラリーの横に「足湯」

実際には、前回ご紹介した「カフェ&ギャラリー」に寄った後、例の塔「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」に向かいました。
今回は、その塔を出てからのお話になります。
塔の前は小さな広場になっていて、さっき寄った「カフェ&ギャラリー」の建物と、その隣に人が大勢集まっている「足湯」のコーナーがあります。
その広場にも、いくつか彫刻があって、上の写真で白い塊が見えますが、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「眠れる頭」像

それは、イゴール・ミトライの「眠れる頭」像で、足湯側から見ると、このようなギリシャ風の女神像の頭部になっています。
この作者は、古代ギリシャ彫刻が好きなので、このように壊れて大地に転がっている状況まで、再現しているようです。

画像(180x114)・拡大画像(570x364)

人気の「足湯」

そして、人気の「足湯」。
細長く延びているので、こうして大勢が足湯に浸かりながら、広場や周りの風景を楽しむことができるのです。

画像(180x119)・拡大画像(500x332)

湯温計

この日(10月8日)の湯温は、41℃くらいのようでした。

画像(116x180)・拡大画像(362x560)

タオル自販機

足湯そのものは無料ですが、入った後の足ふきタオルが、こうして販売されていました。
ご自分で用意していくもよし、ここで記念に買うも(100円です!)よし、ですね♪

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「横たわる像」

同じく広場にあるこの彫刻は、ヘンリー・ムーアの「横たわる像」です。
箱根彫刻の森美術館には、ムーアの彫刻が10体と多くあり、このほかにもいろいろあるので、彼の優美な曲線美を満喫することができます。
この彫刻も、塔の前の広場に置かれています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「ファミリーグループ像」と「二つに分けられた横たわる像」

ヘンリー・ムーアの作品がいくつもあります。
なかでも「ファミリーグループ像」は、よ〜く眺めると、親子の情愛が伝わって来そうです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「ミス・ブラックパワー」後姿

少し行くと、草原に立つカラフルな彫刻が目にとまります。
作者はフランス女性のニキ・ド・サン・ファールの「ミス・ブラックパワー」で、はりぼてにポリウレタン塗装をしたこの「ナナ」シリーズは、おおらかな女性美を、太陽の下で謳歌しているようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「ミス・ブラックパワー」表側

「ミス・ブラックパワー」の表側は、このようになっています。
この、様々な角度で作品を愛でられるのが彫刻の良いところで、かつ自然の天候や木々の四季の変化を組み合わせたとき、野外美術館の良さが発揮される訳です。

画像(122x180)・拡大画像(388x570)

「神の手」像

帰路を辿ると、小道の脇にカール・ミレスの「神の手」像が台座の上に立っています。
大きな手の上の、叫ぶ人は運命に抗議しているかのように見えます。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「神の手」表側

ちなみに表側はこうなっています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「ボクシングをする2匹のうさぎ」

そのほか、こんな愉快なバリー・フラナガンの「ボクシングをする2匹のうさぎ」像が、現れたり、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「偉大なる物語」像

なにやら意味ありげな、塊のフォルムがなにかを伝えたげなジュリアーノ・ヴァンジの「偉大なる物語」像

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「球型のテーマ」「終わりのない対話」などなど

その先に、点々と見える野外彫刻の数々。
「球型のテーマ」「終わりのない対話」などなど。
そして、その先にこの世界に入って来た入口(今は出口)が見えています。
この自由な空間配列が、野外彫刻の醍醐味なのでしょう。

画像(130x180)・拡大画像(405x560)

「出口」

お疲れさまでした、こちらが元の世界に戻る「出口」です。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「スーベニールショップ」

エスカレーターを昇ると、ビュッフェレストラン「ベラフォレスタ(平日11時〜15時、土日祝11時〜16時営業)」と、写真の「スーベニールショップ」があります。
天気が良ければ、絶対お奨めの「箱根彫刻の森美術館」でした。(屋内美術館を割愛してスミマセンでした)

Posted by 小池 泉壬 at 18時56分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年04月17日(水)

箱根彫刻の森美術館(4)…ピカソ館とカフェ&ギャラリー [あの舞台はここ]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「ピカソ館」

「ピカソ館」の分かり易い外観は、丘や原や木々の間の諸処に現れる、彫刻との出会いの連続に大分慣れてきた目には、このすっきりした大きな文字は、インパクトがあります。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

坂道を下る

目の前に見えた「ピカソ館」ですが、そばに行くにはこの坂道を下らないと行くことができません。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

エミリオ・グレコ作品の坂道

でも、坂道の途中途中にあるイタリアの彫刻家、エミリオ・グレコの一連の作品「腰かける女2」「水浴びする女6」「うずくまる女4」などの作品が、目を楽しませてくれるでしょう。
彫像の詳細は、現地でのお楽しみ、ということで♪

画像(120x180)・拡大画像(383x570)

ピカソ館 短辺側

「ピカソ館」のところまで下りて、入口はどこ?となりますが、正解はでか文字の長辺側でなく、この短辺側にあります。
また、この入口のある辺の横、二人の人影の傍に、もうひとつ作品が立っています

画像(116x180)・拡大画像(363x560)

「預言者-大」

それがこのスペインの鉄の彫刻家パウロ・ガルガリョ作の「預言者-大」の像になります。
どうも、ガルガリョのバルセロナのアトリエを引き継いだのがピカソで、そこで青の時代の作品群を描いたという縁もあるようなのです。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「ピカソ館」出入り口

こちらが「ピカソ館」の出入り口になります。
ちらりと中が見えますが、当然館内は撮影禁止となっていました。
絵画だけでなく、多才なピカソの芸術活動が見られるような展示になっております。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

モニュメントの裏側

館内から外に出ると、外に立っているモニュメントの裏側が見えます。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「歩く花」

表側がこちら。
この作品は、ピカソでも岡本太郎でもなく、フェルナン・レジェの「歩く花」です。
「ピカソ館」とのマッチングがすばらしく異世界に来た感じがするのは、私だけでしょうか。

画像(119x180)・拡大画像(371x560)

「踊り子」

「歩く花」の前を通り、小さな橋を渡るとまた丘です。
今度は上りの坂道に、フィッツアーニの「踊り子」の像が現れます。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「カフェ&ギャラリー」の建物

その先に見えるのが「カフェ&ギャラリー」の建物です。
手前のオブジェは、多分「網目の球体」だと思いますが、間違っていたらすみません。

画像(180x118)・拡大画像(570x374)

「カフェ&ギャラリー」のカフェ

もう少し近寄ると、明らかに「カフェ&ギャラリー」ですね。
そろそろひと休みしたいところなので、この眺めは魅力的です。

画像(180x114)・拡大画像(570x362)

館内

館内はこんな風です。
ギャラリーという名のプロショップでしょうか。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「箱根スイーツコレクション」

カフェコーナーの入口に、こんな表示がありました。
「箱根スイーツコレクション」
オッシャレー、ではないですか。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

喫茶ブース

喫茶ブースもお洒落ですね〜♪
塔までもうすぐ、ここで一服しましょうか。
次回は、塔に登った後に見た作品と足湯のご案内となっております。
では、また。

Posted by 小池 泉壬 at 14時05分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2019年04月10日(水)

箱根彫刻の森美術館(3)…野外彫刻A [あの舞台はここ]

画像(320x222)・拡大画像(600x418)

園内詳細案内図

個々の野外彫刻と、その周りの風景に惹かれて、かなり細かくご案内をしているので、ここは「箱根彫刻の森美術館」の公式サイトに掲出されている案内図で、詳しく園内をご紹介させて頂きます。
前回は、この図の左下「将軍の孫」像と「マイスカイホール」まで進んでおりました。

画像(119x180)・拡大画像(371x560)

「My sky hole」の球を真下から見上げる

いろいろある野外彫刻の中でも、私的に大いに興味を持ったのが、この「マイスカイホール(My sky hole)」でした。
作者の井上武吉によれば、この球体に彼が入って、その中から天を覗くのだということです。
こうして、真下から見上げると、そんな気がするような…

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「球体を持った球体」

なんと、その作品の近くの丘に、もうひとつの銀色に輝く球体があります。
作品名は「球体を持った球体」で、作者のアルナルド・ポモドーロはイタリアの彫刻家で、両者に特別な関係は無いようです。隣りに見えるのは、伊藤隆道の「16本の回転する曲がった棒」です。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

メッシーナの「エヴァ」

個人的には彫刻の概念が大分変り、ふ〜んと思うしかなかったのですが、そのまま小道を進むと、私でも良く分かる彫刻らしい彫刻が現れます。
左の女性像は、メッシーナの「エヴァ」像で、奥の方には建物や細身の女性像が見えています。

画像(119x180)・拡大画像(371x560)

「若い女」

特徴的なフォルムの女性像は、佐藤忠良(チュウリョウ)の「若い女」という作品です。
佐藤忠良は「若い女」というテーマで、旭川市や群馬県の大泉町にも別のフォルムの作品を、発表しています。
ちなみに女優の佐藤オリエの父君なのだそうです。

画像(180x115)・拡大画像(580x371)

「森のアトリエ」と「ネットの森」

「若い女」の先から、小道は大分開けた場所に出ます。
写真の右側に見えているのが「森のアトリエ」
左側の太い木材を組み合わせたジャングルジムのような施設が「ネットの森」です。この写真の撮影後、一旦解体され、2017年7月に組み立て直しされました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「ネットの森」全景

こちらが「ネットの森」の全景で、中に入れるようになっていますが、木の造形物なのになぜ「ネットの森」と名付けられているのか、疑問に思いませんか。

画像(180x112)・拡大画像(570x356)

中を覗くと

この中に、ハンモック状のネットの造形物が展示されているからなのですが、今はもっと新しい木材になっているので、ずっときれいになっています。
この時は、時間の制限があったので、外からの撮影になってしまいました。…残念!

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

ジョアン・ミロの「人物」

この写真では「森のアトリエ」の前に立っているように見える(実際は「ネットの森」の前)カラフルな作品は、ジョアン・ミロの「人物」です。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

「山野を歩くヴァン・ゴッホ」

もう少し歩くと、このザッキンの「山野を歩くヴァン・ゴッホ」像に出会います。
芸術に取りつかれたような姿は、この彫刻の森にとてもよくマッチしています。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「ピカソ館」

「ヴァン・ゴッホ」と出逢った後、丘の下に見えるのが「ピカソ館」ですが、この後
ピカソ館」は改装に入り、今年(2019年)7月までは、中のピカソコレクションは、本官ギャラリーで展示されています。
次回は、この時は中に入れた「ピカソ館」より、です。

Posted by 小池 泉壬 at 17時39分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.