会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
10月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年02月02日(日)

修理中の多宝塔…石山寺(2) [琵琶湖の名刹「石山寺」]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

くぐり岩

前回の最後にご紹介した「くぐり岩」に近寄ったところが、こちらになります。
ちょっと足を踏み入れるのは、躊躇する方が多いのでは。
かく言う私も、取材時間が押していたこともあって、パスでした。
Netで拝見すると「マイ巡礼」さんの『くぐり岩(くぐってみました)』というブログがあり、やはり想像通り、体の硬い私は、あの時挑戦しなくてよかった〜、と思った次第です。

画像(180x103)・拡大画像(580x333)

「北半分境内図」

前回、境内案内とした案内図は“南半分”でしたので、ここからは「北半分境内図」にてご案内しましょう。
前回の南半分の図の、左上に延びていた石段を上り詰めた処が、この図の左下にある「蓮如堂」になります。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

上に向かって延びている石段

さて、その石段はこのように、上に向かって延びているのであります。
なにやら“大変でも上る”を思い出させるような、信仰心を試されているのではないかという、光景であります。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「蓮如堂」

石段を上り切ると、左に「蓮如堂(重文)」があります。
このお堂は、慶長七年(1602年)淀殿により、三十八所権現社本殿の拝殿として建立されたもので、浄土真宗中興の祖・蓮如上人の遺品を安置しています。
(蓮如上人の母堂が石山観音の化身だと云われています)

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

左「毘沙門堂」、右「観音堂」

蓮如堂の向かい側には、写真左の「毘沙門堂」、右の「観音堂」が建っています。
「毘沙門堂」は、源頼朝の寄進で建立され、江戸時代に再建され、兜跋(トバツ)毘沙門天が祀られています。
「観音堂」には、石山寺ご本尊の如意輪観音と、西国三十三所霊場の観音様が祀られています。


画像(180x117)・拡大画像(580x377)

本来は多宝塔が見える場所

ここからは、石山寺の象徴とも言える「多宝塔」が、硅灰石の岩山の上に見えるのですが、あいにく取材時(2011年9月8日)は、平成の大修理(多宝塔桧皮葺屋根葺替え工事…11年7月〜12年3月迄)中で、養生シートが懸っていました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「三十八所権現社」の赤い鳥居と本殿の一部

また、木立の間に石山寺の鎮守社である「三十八所(サンジュウハッショ)権現社」の赤い鳥居と本殿の一部が垣間見えます。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「本堂」

そして、石山寺の「本堂」も建っているのですが、通常ズームレンズの私のカメラでは、距離が取れなくて、全景が収められず、残念でした。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「紫式部源氏乃間」

「本堂」には、かの紫式部が、石山寺に参詣の折、源氏物語の着想を得たと云われ、縁の深い場所だということで、このような特設コーナーが設けられています。

画像(180x120)・拡大画像(560x376)

紫式部の面影が偲べる人形

中には、紫式部の面影が偲べる人形が座しており、遥か昔の執筆の様子を再現しています。
また、境内には「紫式部供養塔」が、松尾芭蕉の句碑と並んで祀られているのですが、修理中の多宝塔の傍だったので、写真を撮ることが出来ませんでした。残念!

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

「多宝塔」を観に石段を上る

それでは、工事中でしたが、普段は見られない修理中の「多宝塔」を観に参りましょう。
「芭蕉庵」「月見亭」への案内札も、立っておりました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「鐘楼」

途中、この「鐘楼」があります。
この「鐘楼」は、源頼朝公の寄進と伝わっているもので、上の階に平安時代のものとされる鐘が吊り下げられ、下の階から撞木を撞く珍しい構造になっています。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

大接近!修理中の「多宝塔」

そして、大接近できた「多宝塔」です。
今なら、ドローンで見てるみたいだ、と思ったのでしょうが、この時は、残念感が強く、仕方ないから撮り捲っておこう、とシャッターを切ったものです。
ちゃんと作業用足場を歩けるようになっていました。

画像(180x129)・拡大画像(550x395)

修理の様子を写真で紹介

このように、職人さん達の修理の様子が、写真で紹介されていました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

修理中の桧皮葺き屋根

実際、このようになっておりました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「心経堂」

また、木立の中に見える赤い「心経堂」は、花山法皇西国三十三所復興一千年記念行事の一環として、1990年に建立された堂宇です。
その鮮やかな朱が緑に映える美しい景色は、他の堂宇が建立された昔を連想させてくれます。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

下りの石段

そろそろ帰ろうと思った私の前に、下りの石段がず〜っと続いています。
大本山石山寺は、桜の季節、若葉の季節、蝉しぐれの季節、紅葉の季節と、四季折々に訪ねてみたい名刹です。

Posted by 小池 泉壬 at 14時52分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年01月24日(金)

瀬田川クルーズのバス旅取材の石山寺(1) [琵琶湖の名刹「石山寺」]

画像(320x209)・拡大画像(600x392)

石山寺「東大門」

2011年9月8日に、とよてつハニットアゼリアツアーの「瀬田川リバークルーズ」の取材で、琵琶湖の南端から流れ出ている「瀬田川」の外輪船によるクルージングと、琵琶湖名物料理の昼食を頂く「洗心寮」を訪れました。
そして、そのすぐそばにある、「多宝塔」で有名な「石山寺」の観光取材もさせて頂きました。
写真は、瀬田川クルーズの発着所からも見える鎌倉時代建立の「東大門」で、門前のタクシー乗り場と、厳粛な寺域とを分けています。(入山料600円)

画像(180x140)・拡大画像(580x452)

外輪船「一番丸」

瀬田川リバークルーズは、この外輪船「一番丸」(船長18,715m、船幅4.6m、総トン数38t)で、瀬田川や湖上からの琵琶湖の四季を眺めるものです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「洗心寮」と「水月」

また、昼食は琵琶湖畔の名料理店「洗心寮」で、琵琶湖名物料理を頂きます。
隣りは、こちらも名店「水月」です。

画像(180x91)・拡大画像(580x296)

境内案内図・南半分

さて、今回取り上げる「石山寺」は、奈良時代から観音様を祀る寺院で、平安時代には「京都清水寺」「奈良長谷寺」と並ぶ三大観音霊場として、栄えております。
従って、広い寺域に多数の堂宇が点在しているので、こうした境内案内図が欠かせません。

画像(180x114)・拡大画像(580x370)

仁王像

「東大門」には、鎌倉時代の運慶・湛慶の作と伝わる一対の仁王像が、寺内を守っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

平坦な参道

門をくぐると、平坦な参道がまっすぐ前方に延び、来訪者を優しく迎えてくれているようです。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

案内看板

入門してすぐの辺りに、このような大本山「石山寺」の案内看板が立っていました。
今でも、あると思うのですが、このような案内文を読むことで、気分は厳かな参拝者になるものです。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「拾翆園」門

参道の両脇には、いくつも門があって、参詣者に中はなにがあるのどろうと、様々な想いを抱かせます。
最初にある寺務院「宝性院」の隣りにある、「拾翆園(シュウスイエン)」は、抹茶を頂きながら(お茶席料500円)お庭を拝見できる場所で、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「拾翆園」建物

門内には、このような建物があり、お茶席が設けられています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「大黒天」門

「拾翆園」の隣りの「金龍王社」のさらに隣り、参道右側に大きな伽藍が目立つ「大黒天」の門が、並んでいます。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「大黒天堂」

この「大黒天堂」には、平安時代に、石山寺の三人の僧の夢のお告げにより、湖水から出現したと伝えられる「秘仏拳印大黒天尊」が祀られ、12年に一度、子の年(今年ですぞ!)に1週間だけ(10月1日〜7日)御開扉とのことです。
ゆめゆめ忘れることなかれ〜♪

画像(180x121)・拡大画像(570x385)

「公風園」の門

「大黒天」のほぼ向かい側には、名庭で名高い「白耳亭・公風園」の門が見られます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

門内のお庭

門内のお庭をちょっとだけ拝見。

画像(119x180)・拡大画像(378x570)

奥に「くぐり岩」が見えてます

今回のラストは、寺名の由来となった天然記念物の硅灰石の岩場にある「くぐり岩」です。
狭く足場が悪いのですが、なおさら霊験あらたかな気がする“くぐるといいことがある!”というパワースポットになっております。

Posted by 小池 泉壬 at 15時54分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.