会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
6月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年05月21日(木)

淡路島「イングランドの丘」のペリカン・コアラ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

「イングランドの丘」入園ゲート

以前にご案内した「淡路ファームパーク イングランドの丘(入園料1000円)」で出逢った動物たちの思い出をば。

画像(180x118)・拡大画像(570x376)

コアラの看板

「イングランドの丘」と言いながら、一番の目玉は、当時も人気の高かった“コアラ”でした。
この道路看板もこの通り、コアラをアイキャッチャーにしております。
なんでも、この辺りの地形(なだらかな丘陵地)が、イングランドに良く似ているからなのだそうです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

ゲートを入ると

入園してみると、とても明るい雰囲気で、イングランドというより、オーストラリアの開放感。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「植物館」

上の写真の、反対側にあるこの建物は「植物館」で、オーストラリア原産の植物メインの展示になっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「ワラビー広場」

そして、さらに歩を進めると「ワラビー広場」。
つまり、コアラに合せて、とことんオーストラリアなのです。
でも、淡路島の気候風土には、ぴったりマッチしていたと思っています。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

エミュー

ワラビー、つまり小型のカンガルーの名が着けられた広場には、エミュー(ヒクイドリ目ヒクイドリ科エミュー属の二足歩行の飛べない鳥で、同じくオーストラリアにも居るヒクイドリより背が高い)や、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

モモイロペリカン、エミュー

モモイロペリカンなどが、一緒に柵の中で飼われていますが、肝心のワラビーの写真は、どこかに居たはずですが、撮れませんでした。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

ペリカンくん

代わりに、人気を集めていたのがこのペリカンで、結構愛嬌(けれど、つつくことがあるので油断できない)のある客対応が受けていました。
(なかなかでかいので、触れなかったのが残念!)

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

コアラ舎

当時スーパースターのコアラちゃんは、豪華マンション住まいで、来援客の視線を集めながらも、

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

寝ているコアラちゃん♀

ユーカリの木に掴まって、のほほんと寝ているばかりで、たま〜に、もぞっと動くくらい(よく動くのは早朝か夕方らしい)と、一斉にデジカメのシャッターが(2007年3月下旬ではスマホはまだ存在せず)切られていました。
今では懐かしい、オーストラリア的思い出であります。

Posted by 小池 泉壬 at 16時39分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年05月06日(水)

兵庫県豊岡市のコウノトリ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

コウノトリ展示ゾーン

前回に続き「城崎温泉の旅」と「夕日ケ浦温泉の旅」の取材時、2007年の3月と6月の2度、豊岡市の「コウノトリの郷」に立ち寄り、コウノトリを見ました。
この写真は、3月の取材時のもので、鳥類の展示としては必ずあるはずの“屋根”のない展示に驚きました(だって、屋根が無ければ逃げるだろ、と…)。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「コウノトリの郷」

田んぼの間を通っている道を走ると、このように「コウノトリの郷」の「コウノトリ文化館」の建物が見えてきます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

館内と松島館長後姿

文化館の中は、いかにも地方の文化施設らしい(って、変な言い方ですが、いい意味で)建物で、正面入り口を入ると、このような展示物が並んでいます。
写真中の後姿の男性は、館長の松島興治郎さんで、初訪問の私に1時間、コウノトリの自然繁殖への地元の情熱を語ってくれました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

日本コウノトリの剥製

館内には、この豊岡市の農村部の様々な自然との関わりが展示されていて、こうした剥製なども数多く見られます。
このコウノトリの剥製は、一度は絶滅となった日本コウノトリのもので、今、飼育されているコウノトリは、ロシア産のもので、他には中国産のものもいるようです。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

屋外飼育施設

文化館を突き抜けて、外に出るとこのように、屋外飼育施設になっています。
観光バスの立ち寄りコースと言うより、学術研究施設としての色合いが濃い施設だなと、当時思ったものです。

画像(180x116)・拡大画像(560x361)

コウノトリをアップ

少し見学者の位置と、コウノトリとの間隔が遠いので、動物園のような近接感はありませんが、自然にふるまっている彼らを、のんびり眺めていられるなら、ここは良い施設でしょう。
よ〜く観察したいなら、小型の双眼鏡か、デジカメで撮ってズームアップを。

画像(180x111)・拡大画像(580x359)

営巣用の塔

施設の外の農家の田んぼの中に、こうした電柱のような営巣用の塔が立っていて、やがてコウノトリが来てくれるのを待っています。
事実、数年後にこの塔に営巣したコウノトリに、赤ちゃんができたというニュースを観ることが出来ました。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

コウノトリの郷米

実際、一度はいなくなってしまった自然のコウノトリを復活させる試みは、農家の方にかなりな重荷を背負わせたようで(農薬の思い切った削減で、害虫駆除が大変)、その無農薬・減農薬をウリにしたお米を、隣接の「コウノトリ本舗」で積極的に販売していました。
人にも優しい栽培法の安心米です!

Posted by 小池 泉壬 at 15時49分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2020年05月02日(土)

伊根のとんびとカモメ [出逢った動物たち]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

大騒ぎ

天橋立観光とセットされやすい「伊根湾めぐり」は、舟屋(船の屋内ガレージ的なものがある住宅)が並んでいる伊根湾を、約25分かけて周遊するものです。
で、その遊覧船から餌をやると、トビやカモメが群がってくるスペクタクルを味わえるのが醍醐味なんです。
彼らはしっかり学習していて、遊覧船が桟橋から出る雰囲気を感じただけで、こうして群がってきます。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

ワシタカ科鳶の雄姿

トビもそばで見ると、なかなか猛禽類してます。
迫力あります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

カモメも参加

かもめも抜け目なくおこぼれを狙っていて、なかなかの空中戦!

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

遊覧船(乗船料800円)

遊覧船の謳い文句は、
湾を取り囲むようにして建つ舟屋を海上から眺めるのは、陸地からではなかなか味わえない舟屋の風景と趣があります。また、船に群がるカモメにエサをあげるのも、伊根湾めぐりの醍醐味のひとつです。 …です。

画像(180x118)・拡大画像(571x375)

伊根の舟屋

こちらが、伊根湾の舟屋が並んでいる風景です。

画像(180x119)・拡大画像(558x369)

舟屋アップ

舟屋のアップ。
城崎温泉泊りと、夕日ケ浦温泉泊りのコースの2回訪れました。
観光客の訪れなくなっている今、彼らはどうしてるのか…

Posted by 小池 泉壬 at 11時02分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.