会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
8月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年07月31日(金)

京都大原三千院 [行った気になる観光案内]

画像(320x212)・拡大画像(600x399)

「御殿門」前で記念撮影

デュークエイセスの『京都大原三千院』ご存知の方、あのメロディーが頭に浮かびますよね。
しかし、妙齢の美女にはほぼほぼ出逢えず、学生さんの修学旅行には遭遇する確率が高いでしょう。
(現状はそうでもないかな、コロナのせいで)※取材は2015年11月27日
とにかく、他の社寺より(一定の世代の方は)思い入れのある「大原三千院」の第一歩は、この「御殿門」から始まります。
また「御殿門」の向かい側には、京都らしい土産物の売店がいろいろあるので、帰りがけに覗かれるのもよろしいかと…

画像(180x121)・拡大画像(580x390)

「境内案内図」

そばにある「境内案内図」で、巡回コースをチェックしておくと、良いでしょう。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「御殿門」

さて、その「御殿門(拝観料700円)」は、寺院というよりお城のような石垣造りが特徴で、近江坂本の穴太衆(アノウシュウ)という石工たちが積んだもので、門跡寺院にふさわしい風格を備えたものです。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

左の石段を上る

門を入ると、30人以上の団体客は右へ、個人客は左へと案内板が出ているので、左の石段を上ります。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「客殿」の玄関

その先にあるのが「客殿」の玄関です。
ここで、履物をビニール袋に入れて、持って部屋に上がります。

画像(117x180)・拡大画像(364x560)

「伝教大師の聖句」

「天台宗 京都大原三千院」は延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東塔南谷に、一宇を構えたのが始まりです。
その後、比叡山から近江坂本、洛中と幾度か移転した後、明治維新後に、大原に移り「三千院」となりました。
その開祖「伝教大師の聖句」が、玄関に掲げられています。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

客殿のお庭「聚碧園」1

「客殿」に上がり、他の観光客の後を付いて行くと、立派なお庭が来客を迎えます。
このお庭「聚碧園(シュウヘキエン)」は池泉観賞式庭園と云い、東側は山畔を利用した上下二段式で、南側は円形とひょうたん形の池泉という池庭様式となっています。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「聚碧園」2

座敷内からのお庭。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

「聚碧園」3

お庭の部分アップ。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

「聚碧園」4

お庭の左側を眺めたところ。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「聚碧園」5

お庭の右側を眺めたところ。

画像(180x119)・拡大画像(560x372)

働く僧侶の皆さん

お庭をゆっくり拝見したら、皆に従って付いて行くと、出口に至ります。
この出口あたりで、お坊さんたちがせっせとお掃除をしているところに出会いました。

画像(180x119)・拡大画像(580x386)

「有清園」の眺め

お坊さんが働いているこの広い庭園は「有清園(ユウセンエン)」と云い、この先にある「往生極楽院」を含めた“池泉回遊式庭園”で、春は山桜と石楠花(シャクナゲ)、夏は新緑、秋には紅葉、冬の雪景色と、季節毎に彩りを変え、来園者の目を楽しませてくれます。

画像(180x120)・拡大画像(570x381)

「宸殿」を「有清園」側から見る

そして「客殿」のお庭を拝見して、出口に出て来た私たちのいた建物は「宸殿(シンデン)」と云い、三千院の最も重要な法要である「御懴法講(オセンボウコウ)」を執り行うため、御所の紫宸殿を模して、大正15年に建てられたものです。

画像(119x180)・拡大画像(372x560)

石仏

「有清園」の園内には、ところどころに、こうした石仏が配されているので、時間があれば、隠れた仏様探しも趣があるかも知れません。
実は、さきほど触れた「往生極楽院」と「わらべ地蔵」が、この庭園散策の目玉でもありますが、次回ご案内となります。

Posted by 小池 泉壬 at 15時30分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.