会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
1月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2020年11月28日(土)

07年大河ドラマ「風林火山博」はこうだった [記念館・〇〇博]

画像(320x211)・拡大画像(600x396)

博覧会場のある「山梨県民情報プラザ」

観光バスツアーの目的地に、NHK大河ドラマ縁の地と史跡、そして、現地の観光振興を後押しする〇〇博が、クローズアップされたのが、この2007年の「風林火山博」だったのではないかと、思われます(少なくとも愛知では)。
※それ以前の2005年愛知万博は別格として
この時は、山梨県が特に力を入れており、甲府市内の中心部の「山梨県民情報プラザ」で開催されておりました。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

1階に特設会場入口が

私は、豊鉄観光さんの「春日居温泉の旅」の観光立ち寄り先として、「風林火山博」の取材に伺ったのですが、甲府駅前通り(平和通り)を南方面に歩いて5分という、市内中心部の商業ビルが会場だったので、少々戸惑いました。
以下、2007年1月25日の取材の思い出であります。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

館内の様子

館内に入ると、即、土産物売場、といった雰囲気でした。

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

「風林火山博」の入口

そして、こちらが「風林火山博」の入口です。
当時の入場料は、大人:600円,小中学生:300円でした。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

『なぜ信玄は刀を使わない?』コーナー

入るとすぐに、この『なぜ信玄は刀を使わない?』というディスプレイが。
そして、甲府市民ボランティアが、親切丁寧に解説をしてくれるという、大河博の正統派的な運営でした。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

『信玄と謙信 川中島の一騎打ち』コーナー

次は『信玄と謙信 川中島の一騎打ち』で、かの有名な川中島合戦(何度かあったうちの一番有名な一騎打ちのシーンは、本当はなかったとか、説明されておりました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

『風林火山のルーツ』コーナー

次は『風林火山のルーツ』として、孫子の兵法書から、取った話と、信玄の情報戦重視について、のろしで、素早く敵の動きを味方に知らせる方法などが、解説されていました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

『由布姫?湖衣姫?どっち?』コーナー

その次のコーナー『由布姫?湖衣姫?どっち?』では、テレビの「風林火山」の原作とおよぼしい、井上靖の「風林火山」では由布姫、新田次郎の「武田信玄」では、湖衣姫となっている諏訪氏の姫君の名、についての考察が展示されていました。

画像(180x119)・拡大画像(570x379)

『復元 勘介の声』

ずっと、見て・読むコーナーが続いた後だけに、この『復元 勘介の声』コーナーは、注目を集めておりました。
2007年1月当時では、なかなかの科学の最先端の感じがありました。
横は、山本勘介が高給でヘッドハンティングされたというお話です。
※もちろん、山本勘介役の内野聖陽(マサアキ)さんの声ではありません。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「躑躅ケ崎館のジオラマ」コーナー

ほかに、いかにも歴史ものの博覧会らしい、信玄の居城「躑躅ケ崎館のジオラマ」もありました。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「信玄堤」コーナー

こちらは、戦略家信玄ではない、政治家信玄を表している「信玄堤」を構築した丸太と竹籠と石で出来た、今で言う「テトラポット」のような土木材の展示です。
信玄公に対する、甲府市民の情熱が窺い知れる展示です。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「百鬼丸」さんの製作工房

もっと、この「風林火山博」を特徴づけているのが、こちらの「百鬼丸」さんの製作工房があること。
今回の、武田二十四将の影絵などの、登場人物のアイコンの作者さんで、ご覧の通りの“雰囲気”のある方です。

画像(180x119)・拡大画像(560x371)

「武田検定」

もうひとつ、らしさが垣間見えたのが「武田検定」。
全10問のうち、0〜4問正解で5級、5〜10問正解で4級の認定書が、この場でもらえるようでした(0問正解でも?)。
これで、信玄公ファンが増えるのかと、オーソドックスで、なかなかの名案ではないでしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「風林火山」ゾーンの入口

そして、やっと大河ドラマの「風林火山」ゾーンの入口がありました。

画像(180x126)・拡大画像(580x409)

『人物相関図』

入るとすぐに、NHK大河ドラマらしい『人物相関図』が飾られていて、実は取材に行った私は、ここでほっとしたものです。
だって、当時のNHK大河ドラマの人気、あってこそのツアーでしたから。

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

衣装や小物の展示コーナー

さらに、ドラマで使用していた衣装や小物の展示コーナーとか、

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「輿入れ体験」コーナー

女性のお客さんの関心を集めるであろう「輿入れ体験」コーナーと、続き

画像(180x119)・拡大画像(570x378)

「風林火山フラッシュシアター」上映中

ちょっとしたミニシアターの「風林火山フラッシュシアター」などもあって、これこそNHK大河ドラマを体験できる博覧会を観に来たんだと、納得できるゾーンでした。

画像(180x117)・拡大画像(570x373)

「三条夫人と由布姫の打ち掛け」展示

最後に、特に女性客の視線を集めていた、このコーナーを観て、最後に、もう一度土産物ゾーンを通って「ほうとう」や甲府名物「煮貝」、葡萄酒、葡萄汁…等々で、財布のひもを緩めた方も、多かったと思います。
※大河ドラマでは、晴信の正室・三条夫人を池脇千鶴さん、由布姫を柴本幸さんが、演じておりましたね。

Posted by 小池 泉壬 at 14時07分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.