会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2015年01月08日(木)

これが、話題の「大王いかスルメ」展示場所 [観光ニュース]

画像(107x180)・拡大画像(240x402)

ニュースより

本日のこのニュース

ダイオウイカで「世界一巨大なスルメ」

展示される「新湊きっときと市場」は
2014年1月の「とよてつバス旅ガイド」で取材してました

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

きっときと市場外観

取材に行ったのは
2013年12月5日でしたので

若干、変わっている所があるかも知れませんが

画像(180x118)・拡大画像(600x396)

イベントホール

正面入り口を入ると

こんな広いホールになっています

多分、ここに飾られているのでしょう

画像(180x86)・拡大画像(640x308)

広域図…グーグルマップ

場所は

広域で見ると

画像(180x92)・拡大画像(640x329)

接近図…グーグルマップ

そばに寄って見ると

画像(180x115)・拡大画像(600x384)

折角なので

中をご案内しましょう

まずは、ホールに入って正面にある喫茶コーナーと
富山名産「かまぼこ売場」

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

ホールの右側には

富山(射水市、新湊)の特産品コーナー

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

特産品コーナーの奥はこんな風です

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

左側は

さすが漁港の近くだけあって

鮮魚店コーナーになっています

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

画像(180x123)・拡大画像(580x398)

お昼時に立ち寄ったら

海鮮の食べられる「れすとらん きっときと亭」が
あります

画像(71x180)・拡大画像(238x600)

入口に表示のもの

気になるメニューは
(2013年12月時点のものですが…)

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

ちょっと光っちゃって

見にくいですが
大体分かりますよね

画像(180x119)・拡大画像(580x385)

もう少しお手軽な

ラーメン屋さんもあります

画像(180x118)・拡大画像(600x396)

実は、この場所は結構お奨めで

きっときと市場の向かい側は
ちょっとした公園(魁皇丸パーク)に、なっていて

画像(180x119)・拡大画像(600x397)

海王丸アップ

パークは駐車料も、入園料も無料

海王丸乗船料(大人400円)
※整備のため、2015年2月15日〜3月11日は休業とのこと

反対側を見ると

壮大な「新湊大橋」が眺められます

冬季は、雪でなかなか大変ですが
行ってみる甲斐がありそうですよ!

画像(320x212)・拡大画像(600x398)
画像(180x86)・拡大画像(625x301)

朝日新聞デジタルニュースより

後日談です

どんな味なんでしょうネー♪

Posted by 小池 泉壬 at 10時49分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2008年05月31日(土)

観光バス旅でもシートベルトを [観光ニュース]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

USJのお話を延々と続けているうちに、5月が終わってしまいました。
先日、久しぶりの観光バスツアー(私がカッコー、Tが豊鉄ハニットアゼリア)に行って参りましたので、タイトル通りの観光バス旅復活といきましょう。
で、話は6月1日より施行の「改正道路交通法」。後部席のシートベルトのお話を第1弾とさせていただきます。
先日のバスツアーのバス座席にもこんな表示と、ガイドさんからのご案内がありました。

画像(180x123)・拡大画像(500x343)

まだ今日は良いんですけど…、と注釈付きではありましたが、早速試してみることにしました。
で、気付いたことを2〜3。まず、2点式のシートベルトであります。お腹にだけするベルトです。
の、突っ込む方が座席にめり込んでいるので、指先で取り出す必要があります。

画像(180x137)・拡大画像(500x381)

続いて反対側の受け金具を確認します。
後は、しゅるっカチッですが、私の場合徐々に締まってくるシートベルトが苦手なので、しばらく着けているとだんだん体が嫌がってくるのが分かりました。
6月からは、マイカーでもやっているような締まり込み止めの工夫(自分なりの)を用意しなきゃ、と思った次第です。

画像(119x180)・拡大画像(398x600)

この姿ももう見おさめですね

バス会社の方に伺うと、特に高速道路内で従来やっていたガイドさんによる“温かいお茶”のサービスや、立って客席を向いての観光ガイドはできないことになったそうです。
また、ベルトをしていないで事故等に遭遇した場合、保険等の扱いにも影響が出るので、極力お願いしますということでした。
バス会社のこの件のご案内はこちらをご覧ください。
次回より「小豆島温泉の旅」と「夕日ヶ浦温泉の旅」を、お送りしますので、ご期待ください。

Posted by 小池 泉壬 at 11時16分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2007年05月27日(日)

体験型観光の強みと弱み [観光ニュース]

画像(121x180)・拡大画像(219x324)

九重町役場のHPの写真

5月25日朝のNHKラジオの各地のニュース・九州発によると、大分県九重町の「夢・大吊橋」が、昨年10月30日にオープンして以来、5月連休までで観光客が100万人を突破したそうである。当初の目標は、年間30万人!だったとのこと。

およそ6ヶ月ちょっと190日くらいで100万人である。単純計算で、1日5263人である。営業時間でみると、1338.5hで割るので、747人/1hになる。1分間に12.5人である。

この写真で見るともっと多い。これはGWの来客が多いときのものである。さきほどの12.5人は、オープン以来、雨の日も風の日もであるから、集中する時間は、こんななのだろう。いやはや、大当たり〜ぃ、である。

画像(125x180)・拡大画像(226x325)

グレーチング構造、町役場HPより

この橋のデータは、長さ390m、高さ173m、幅1.5mの日本一の人道大吊橋ということである。
結構、ゆらゆらゆれて、それが怖いのがまた人気なのである。役場作成のHPによると、安全のための禁止事項も多い。が、これくらい制限してくれると、かえって興味は増すというものである。※.一度、ご覧ください。
「大分県九重“夢”大吊橋」公式ホームページ
http://www.yumeooturihashi.com/

特に、橋の床がグレーチング構造(格子状の網構造)なので、歩行杖やハイヒールは注意、となっている。

画像(320x252)・拡大画像(500x394)

こちらは九重町観光協会HPの写真

何と言っても、ロケーションがよく、適度の怖さもまたよい。九重町観光協会「ここのえの自然と温泉」HPもご覧ください。
http://www.kokonoe-k.com/

ただ、これほどの大動員を成し遂げた割には、地元九重町の温泉(九重九湯と言って9箇所の温泉がある)の、宿泊客はさほど増加せず、NHKの聞き取りでは、近隣の有名温泉地に泊る客が圧倒的に多かった、とか。

一点ものの体験型観光施設の限界を見たような気がします。また、当地からの観バス旅には遠すぎるのが、残念ではあります。

Posted by 小池 泉壬 at 19時02分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.