会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
7月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2008年01月16日(水)

水明館付近の下呂の街を歩いてみた [下呂水明館の旅]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

下呂水明館の旅を途中にしておりました。バスが着いて、バイキング昼食前の少しの時間、館内を見て回った後、ちょっと外に出てみた。というところで、12月29日のブログが終わっていました。
外に出ると、目に付くのがこの足湯。可愛いお客さんが家族で入っていて、とってもいい感じでした。
ちなみにこの写真は、去年の6月30日に撮っております。…もうそんなに経つのか!?と感慨も一入です。

画像(180x130)・拡大画像(600x435)

男性が結構頑張って入っております

下呂温泉といえば、美人の湯として有名です。水明館に書いてあった源泉の成分表には、アルカリ性単純温泉、PH9.18、源泉温度55度とあります。例のつるつるする湯で磨いたこのお嬢ちゃんたちは、大きくなって美人さんになるんでしょうね。
湯と言えば、あまりに有名なのがこの「いで湯大橋」から見下ろせる河原の露天風呂です。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

「いで湯大橋」そのものはこんな感じで、結構宿泊客とおぼしき方々も渡っています。

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

対岸を見やると、水明館と並んで有名な「小川家」が見えています。

画像(180x119)・拡大画像(500x332)

歩くと、この「いで湯大橋」は結構大きいのがわかります。
そろそろお腹が空いたので、戻り掛けに水明館の一部がカフェになっていて、「バーデン」と名付けられています。
バーデンは確か、ドイツの温泉地「バーデン・バーデン」から名付けたのでしょう。赤レンガがお洒落です。

水明館に向けて、バーデンの角を曲がると、こんな魚のオブジェがあります。下呂温泉は何度か来たことがあったのですが、いつも宿の中で、こうして街を歩いたことがなかったので、なかなか新鮮でした。
冬真っ盛りの今はともかく、春に行った方はぜひお散歩を。
次回はいよいよ昼食バイキングとなります。

よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

Posted by 小池 泉壬 at 23時31分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2007年12月29日(土)

下呂水明館は有名です [下呂水明館の旅]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

飛騨川にかかる「いで湯大橋」からの、この全ての建物が水明館である

下呂温泉の水明館と言えば料理のおいしい、老舗で規模も大きい観光ホテルとして有名である。
その水明館の昼食バイキング観バス日帰りツアーもまた有名である。

画像(180x119)・拡大画像(500x332)

玄関が格調高い

玄関に着くと、思わず緊張する(…のは私だけか?)。
立派な観光ホテルに来てしまったなあ、という感じである。
ちなみにこの建物は、上の全景でいうと左から2番目の飛泉閣になる。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

ロビーラウンジ「エビアン」窓の外は日本庭園

ホテル内に入ると、フロントとロビーラウンジが重厚に迎えてくれる。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

この日本庭園は一見の価値があると思う。池には大きな錦鯉が無数に泳いでいる。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

天皇陛下がおみえになった時のものだろうか

1階を奥に進むと、誇らしげに壁面に美術品や写真パネルが飾ってある。

画像(180x112)・拡大画像(550x343)

このフロアも格調高い

そのまま奥に進むと、エスカレータがあり2階の大中小の宴会場があるフロアへと導いてくれる。

本日は日帰りツアーのため、再び1階に戻ることにする。
この後、まだ昼食バイキングまで時間があったので、ちょっと下呂の街に出てみることにした。
→続く

画像(320x208)・拡大画像(600x390)

2階通路からエスカレータを眺める

Posted by 小池 泉壬 at 23時47分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2007年07月11日(水)

馬籠宿の魅力 [下呂水明館の旅]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

いかにも木曽街道の宿場ですなあ

馬籠宿シリーズ(?)も3回になってしまいました。
前回、言った通り、お見せしたくなるような写真がまだまだあります。

そこで、私がなぜ馬籠を記事にしたくなるのかを考えてみることにしました。もちろん、気に入った写真が撮れたこともありますが、なぜ気に入ったか、なぜ写真に撮ったか、を自問自答してみます。

理由その1、「らしい」でしょうか。

画像(180x119)・拡大画像(500x332)

店先にさりげなく売り物で置いてあるです。

いかにも、木曽宿らしい。江戸、明治初期らしい。
そうしてみると、坂道も石畳で…。道の脇にはきれいな水の流れる溝があり、花があり、水の中には鯉が泳いでいて…、浮玉もある。
う〜ん、らしい、なあ、であります。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

「脇本陣」手前の大黒屋さんの前の通り

その2、コース設計、ですかね。
我々のように、観バス客はおそらく1〜1.5時間くらいでしょう、ここの散策は。
すると、坂を上って「藤村記念館」か「脇本陣跡」を見学するか、「らしい」感じのお店に入って、軽く食事か。

いずれにせよ、やや古びた感じのお店を見ながら上ってくると中腹の「藤村記念観」あたりから新しい洒落た和風の感じになります。

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

大黒屋。きれいな建物。栗おこわが名物だそうです。

これは、過去何度もあった大火のためと、この地の人々の努力の賜物でしょう。
ちょうど、疲れたな、というタイミングで次が出てくるのです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

なんとか博とか○○村にもありそうですが、いい感じの郵便局

その3、演出。まあ、全体的にそうなっていますし、他の観光地もこうしようとしているのでしょうが、どこからどこまで、徹底していてくれるので、よくある「ちょいしらけ」の部分がないのです。

画像(320x224)・拡大画像(600x420)

脇本陣史料館の看板

その4、文化性。島崎藤村の「夜明け前」、とか時代性などが、単なる観光ではない教養の世界に誘ってくれております。

画像(320x214)・拡大画像(500x335)

記念写真を撮りたくなるような場所が多いです

その5、そしてここにやってきた観光客のみなさん。ちゃんとその気で馬籠宿に浸っております。
もっと、混んでいたら、あるいはもっと閑散としていたらどうだったか、とも思いましたが、それはそれでいいのではないかと思えるほど「らしい」観光地でありました。

Posted by 小池 泉壬 at 11時49分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.