会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2007年08月21日(火)

右顔が 美男におわす 露座の大仏 [熱海後楽園の旅]

画像(320x214)・拡大画像(500x335)

カッコーツアーの「熱海後楽園の旅」ホテルも著名だが、コースもまた有名観光地が設定されている。外国の方にも喜ばれそうな立ち寄り先に、私も懐かしい気持ちが甦り、であった。

鎌倉の大仏は、遠く小学校の修学旅行以来であった。
高徳院境内に向かう土産物屋通りには、タイムトンネルの向うから仕入れたばかりの、あの金色や銅色のミニ大仏様が並んでいるではないか!

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

個人で行けば、拝観料200円也を支払って境内に入る。外人さん(なぜか紅毛碧眼の方が多かった)が混じって、う〜んオリエンタル!

向うに見え始めるが、まだ小仏様である。奈良に比べ、屋外なのが私はよいと思えた。なんだか、「誰でもおいで」と言っているようだから。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

そばまで行くと、やはり「どれどれあなたの悩みを聞いてあげよう」と言っているようである。前かがみになっているので、そう感じるのだろう。
こちら側からのお顔は、思慮深く見える(?)のは気のせいだろうか。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

後ろに回ると、どなたかのブログに「背中に翼がある」とあったが、窓が見える。なにやら格子が牢獄のよう、と言っては恐れ多い、胎内めぐり(金弐拾円!也)の方が外を覗く窓であろう。

で、与謝野晶子先生の短歌の1節が浮かんだ右顔である。
どうです?

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

Posted by 小池 泉壬 at 21時49分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.