会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
9月
123456789101112131415161718192021222324252627282930
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2009年01月27日(火)

加西(カサイ)SAのぼっかけラーメンはいかが? [ラーメンの味]

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

ふっかけ、でもぼったくり、でもありませぬ

今回は、久々に観光バス旅、ではなく以前ご紹介した、美人女将の湯郷美春閣に取材に行った道中のことです。
東名・名神を、ばりばり走って吹田ICから中国自動車道に入って、ここまで来れば大丈夫と加西SAにて昼食ということに相成りました。
このSAには、なかなか大きな「加西神姫レストラン」というものがあり、私と相方のKカメラマンはラーメンでも食べよう、ということになったとお思いください。
私の頼んだのが写真の「ぼっかけラーメン」であります。

画像(180x140)・拡大画像(500x389)

値段も納得の明朗会計!

このレストランは、食券を自販機で買う、およそレストランというよりも“食堂”なのでありました。
なぜに得体の知れない「ぼっかけ」を注文したのか、と言えばそのネーミングであります。気になったのでありました。

画像(180x129)・拡大画像(500x360)

こちらも明朗!

相方のKは、同じ自販機のメニューから、その名も正当感漂う「加西ラーメン」をチョイスいたしました。

画像(180x129)・拡大画像(640x459)

Kは、その食べ物屋の屋号を冠した料理にハズレなし、という金言に従ったものでありましょう。
冒険心の無い奴だなぁ、などとは思わず、そっちにすれば良かったかな、と思ったのは『加西ラーメンのお客さ〜ん』と呼ばれて持ってきたKのが、美味しそうに見えたからであります。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

う〜ん、なんだか美味しそう。「どう、うまい?」などと聞いてみると「あっさり系で美味いっすよ」と、ぼそっと言って、後は無言でザザッとすすってます。
で、ほどなく私も呼ばれて持って来ましたよ「ぼっかけ」を。
麺は中太、ストレート麺。「加西」と同じく、メニューと同じ紅生姜ときざみネギがたっぷり。

スープは意外にあっさり系で、こげ茶の肉片は、じっくり煮込んだ牛筋ではなかろうか、という食感とお味でした。ずるずる…。
なんと奇妙な食感は、こんにゃくでした。こりゃ、どて煮ですね。でも、腹持ちはよかったです。

画像(320x212)・拡大画像(550x365)

折角なのでドアップでどうぞ

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

ここのメニューは平日10時〜20時となっております、だそうです

食券自販機には、おすすめBEST3が書いてあって「加西」は堂々の3位。で、なにこの2位の「天ぷらもちむぎ麺」って…。
その場では不明でしたが、Netで調べたら名物でした。
もちむぎ麺そしてもちむぎの館まである!

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

駐車場のややはずれにあります

たった1杯のラーメンで、ここまで引っ張りましたが、この加西SAには、さらに気になるものがあったです。復刻堂商店と看板しているなにやら、とか。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

こんなレトロっぽく見せてるジュース類

もちろん、なんだあれは?と駆け寄ったとです。
上の復刻堂焦点の真ん中は、すりガラスで、少し薄くなってるとこから、店内の昭和村みたいなのも見えるとですよ。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

ま、ジュースのお味は、フツー、でした。
でもそばのこのゴミ捨ても、看板とかも、なんかいい感じかも、と思っちゃいますよね。

画像(119x180)・拡大画像(332x500)

私は結構いいなーと思って、復刻堂商店の横に回って、
夢が覚めたとですよ。
これですもん。なんだやっぱ自販機じゃん。と思って、でもよっく考えてみると、ジュース売るのにこんなに努力している自販機は、見たことなかったですから、やっぱ宣伝してあげたい!って思ったとですよ。

この、味のある加西SAに、観光バス旅は多分停まらないでしょうが、マイカーでお出かけの方とか、バス乗客のどなたかが、運悪くどーしてもの自然の呼び声に誘われた場合とかに、ぜひご覧ください、味わってください。
という、お奨めのSAネタでした。

画像(320x249)・拡大画像(615x479)

地図上では、ここです。

Posted by 小池 泉壬 at 23時20分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2008年04月23日(水)

飛騨高山「板蔵」ラーメンと石原軍団と [ラーメンの味]

画像(320x178)・拡大画像(640x356)

前回冒頭の看板の向こうに見えている「板蔵」の建物。これでも全体の約2/3

前回は、観光バス旅に無理やり(…のように)ラーメンネタを引っ掛けてのお話だった(?)
が、冒頭に飛騨高山ラーメン「板蔵」の写真を掲げた割には、なんと話題にしていなかった。
ので、ごめんなさいということで「板蔵」のラーメンのお話。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

懐かしの「西部警察」。見にくいのはショーケースが照明を反射している為

この写真の左端の建物に、板蔵ラーメンの全自動の工場があって、観光バスツアー客に見学させている。が、それだけでなく、なんと石原軍団伝説のラーメンが、こんな風にディスプレイされている。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

なぜ、石原プロ公認のラーメンなのかっ!
あるとき西部警察のロケがこの地であったとき、軍団の誰か(係りの方は名前までは知らなかった)が、板蔵のラーメンを気に入って、しょっちゅう食べたんだそうだ。
それが縁になって、今では名入りのラーメンの他、こんなグッズコーナーがしっかりある。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

石原軍団フアンの方には、うれしいコーナーだ。大体、観光地のドライブインにこんな施設があるなんて、(テレビ局系列のドライブインを除けば)とっても珍しい。
こんなアイテムを見ると、男の子だった頃に戻ってしまう!…ですよね。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

取材ということで簡単バージョン

じゃあ、肝心のラーメンは、というと、あっさり系スープの好きな私は高得点を付けた。
しかも細麺のちぢれ麺。透きとおったスープはもちろん全部飲み干した。

画像(180x119)・拡大画像(550x365)

昨年秋は5食入り1050円だったが

観光地の名物ラーメンらしく、大量に陳列されており、自宅で食べてこのおいしさがあるかなあ…という心配は御無用。
家で作ってもおいしい。醤油、塩、みその3種が揃っている。

観光バスツアーで立ち寄ると、こんな「ちょっぴりプレゼント」が付いていることも多い。
このGW、飛騨高山の観光バス旅、またはマイカー旅のラーメン好きの方は「板蔵」に注目、です。
よろしければクリックお願いします。→ 人気ブログランキング

画像(320x214)・拡大画像(500x335)

07年秋の豊鉄ハニットアゼリアツアーの「ちょぴプレ」

Posted by 小池 泉壬 at 22時31分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2008年04月19日(土)

旅先の味としてのラーメンの考察 [ラーメンの味]

画像(320x176)・拡大画像(640x353)

飛騨高山「板蔵」

観光バス旅では滅多に食べないラーメン(ドライブインで小腹が空いたとき食べることもあるだろうが…)について考えてみた。
なんて、大層に言うのも気がひけるが、観光地、都会、ラーメンはどこでもある食べ物である。
例えば高山方面のバスツアーは、高山ラーメンの店「板蔵」に立ち寄る。

画像(117x180)・拡大画像(391x600)

田ぶし三島店

ところが、最近は地名のラーメンではなく、いわゆる有名店のラーメンが意外なところで食べられる。
例えば、伊豆に行った帰りにマイカーだったら、東京高円寺の有名店「田ぶし」の三島店に寄る手がある。

画像(180x118)・拡大画像(600x395)

醤油らーめん、スープが特徴的

「田ぶし」のラーメンは、豚骨に鰹節を揚げて作った「魚介香味油」をミックスしたスープが特徴で、柔らかな穂先メンマ、厚手のチャーシュー、煮玉子の醤油らーめん(650円)が旨い。流行りのつけ麺もOKだ。

画像(180x116)・拡大画像(550x355)

麺は中太のストレート麺で、こってりめのスープに合っている。難点は、旅先ではなく自分の町で食べているような気がするところか?

画像(122x180)・拡大画像(409x600)

他に「たんぽぽラーメン」もある

その対極が愛知から三重に抜ける湾岸高速道路内のSA「湾岸長島」のレストランの「蛤ラーメン」か。
こちらは、蛤なのに“あっさり!”。醤油、または塩ラーメンで、780円。ちょっと小ぶりだが、一杯入っている蛤は、桑名の名物だから、旅行気分も味わえる。

画像(113x180)・拡大画像(379x600)

小路に出ている看板

その他、観光地らしくはないが、東京の名所・六本木にこんなラーメンもある。
外苑東通りから、斜めに「国立新美術館」に抜ける小路をちょっと入ったところに「駄菓子屋」という名の、穴子料理の店があって、そこで出す「穴子ラーメン」が珍しい。

画像(180x111)・拡大画像(600x370)

ランチセット800円

穴子ラーメンと言っても、穴子がにょろっと入っているのではなく、穴子の骨から採ったスープと、かりっと揚げた穴子の骨が入っているラーメンなのである。
穴子は、セットになっているご飯もの(天ぷらか煮穴子めし)に入っている。

画像(180x111)・拡大画像(550x342)

ラーメンはあっさり系。当然、魚介系スープ。麺は極細ちぢれ麺で、スープがしっかりからむ。

画像(180x112)・拡大画像(550x345)

穴子料理のエコ利用だ

店内には穴子の骨があちらにもこちらにも干してある。

外観が“らしくない”ので、ご注意を。
こうして見ると、ラーメン好きの国民らしく都会にも観光地にも「特徴あるラーメン」が数々あるので、それを狙って行くのも一興、かな?

よろしければクリックお願いします。→ 人気ブログランキング

画像(320x226)・拡大画像(600x424)

ちょっと間違ったかな?と思わせる店構え

Posted by 小池 泉壬 at 23時56分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.