会社案内バス天について投稿時の注意事項プライバシーポリシー

バスの旅、観光バスツアーに関する旅行情報誌「バス旅天国」

もっと楽しくなる!観光バスツアー

バス旅、観光バスツアーをもっと楽しむ、旅の情報誌「バス天」Webバージョン。

先月
5月
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
来月
とよてつバス旅ガイド ツアーコース別詳細レポート

記事の検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

愛知県発!ブログで伝える観光バス旅情報サイト「バス旅天国」

2007年09月01日(土)

朝の露天風呂の爽やかさ [老神温泉「朝日ホテル」]

画像(320x195)・拡大画像(640x390)

脱衣場から露天風呂へ

多分、かなりの方が温泉に泊まると、夜と朝の2回は風呂に入ると思う。どころか、宿に着いたとき、夕食後、寝る前、そして早朝の4回という方もいるだろう。

最近はどこの宿も、屋内の大浴場と露天風呂の両方があるが、ここ朝日ホテルのように、大浴場と露天風呂が別の階にある場合、最低でも2回にはなるでしょう。

で、露天風呂は朝がいいのでは、というお話を。

画像(320x212)・拡大画像(640x424)

昨夜のまま点いている照明が早朝らしい

朝は、夜より周りがよく見える。当たり前だが、周囲の木々の葉の動きや鳥の声、風のそよぎが、のびのび感を助長してくれる。
しかも他の人がいないと、申し訳ないが気分がよいのである。

画像(180x119)・拡大画像(640x424)

ざぶりと湯に足を入れる。実は、カメラを手にしてである。これも他の人がいたらできない。
体を湯に沈めていく。かなり熱い湯である。が、気持ちがいい。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

いー湯だなあ…。おっとカメラに気を付けないと。

画像(180x145)・拡大画像(500x403)

お湯から上がると、脱衣場にフットマッサージ機が置いてある。無料なのがうれしい。これも他のお客がいないので、ゆっくり試せた。

朝日ホテルは渓谷沿いにあって、10階ほどもあるので、窓からの景色がよい。

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

窓から見下ろしたあたりが昔の老神温泉だとか

画像(277x320)・拡大画像(336x388)

イワツバメちゃん

その高い建物(10階の朝食を摂るレストラン)の窓の外を、小鳥がいっぱい飛び回っている。イワツバメなんだそうだ。彼らからは、このホテルが断崖に見えるのだろうか、巣がいっぱいあるらしい。
ホテルの人も可愛がっているんだと、うれしそうな顔で教えてくれた。

Posted by 小池 泉壬 at 20時52分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2007年08月31日(金)

え〜っ、畳敷きの大浴場!! [老神温泉「朝日ホテル」]

画像(320x212)・拡大画像(600x398)

以前、館内が全て畳敷きの夕日ヶ浦温泉「花御前」「紫峰閣」をご紹介したことがあるが、もちろんお風呂場は別だった。
が、しかし、この老神温泉「朝日ホテル」の大浴場は、お風呂場が畳敷きなのである。全〜部である。(と言っても浴槽内は違いますが)
ただ、やはりというか本物のイグサでは腐ってしまうので、柔道場などに敷いているポリ系の畳なんだそうで、これを敷き詰めてから、浴場の事故(滑って転んだりの)が皆無なんだとか。

でも、この洗い場で体洗うとき、最初はなんとなく、お湯をこぼしてるみたいでちょっと躊躇したです。

画像(180x119)・拡大画像(600x398)

お湯は、もちろん天然温泉掛け流しである。窓の外には渓谷美、が広がっている。
温泉は肌にやさしい。男でもそのあたりは分かるのである。の〜んびり湯に浸かって、いー気分。こちらの青いタイルの浴槽が、ややぬるめの湯であります。

画像(180x120)・拡大画像(500x334)

そして、赤いタイルの方が、やや熱めの湯。まあ、どちらかと言えばこの温泉は、温度が高めなんですかね。
そう言えば、群馬県のお湯って、熱めかな?
お湯は見たとおり、透明で泉質表の注意書きに、湯の花もあるので、お肌にすりこむとツヤが出るとありますよ、女性方。

画像(320x211)・拡大画像(500x331)

これが由緒正しき、泉質表。普通、天然温泉なら脱衣場あたりの壁に掲げていますね。細かい字でちょっと見難いですが、「単純泉:弱酸性低張性高温泉」となっています。

画像(111x180)・拡大画像(310x500)

最後に、このミストサウナが私は気に入りました。普通のサウナルームもあるので、そちらにも入りましたが、ミストサウナは、どてーっと、のんびりできるのが“個人的に”好きなんであります。
皆さん方にも、お好きな方、みえるでしょ?

ええっ、このホテルには露天風呂があるの?ですって、ありますとも、露天風呂とイワツバメの話に続く、です。

Posted by 小池 泉壬 at 20時38分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

2007年08月30日(木)

群馬・老神は地産系土産物の宝庫だ! [老神温泉「朝日ホテル」]

画像(320x212)・拡大画像(500x332)

山系にはありそうな品だが、特徴がある

軽井沢でお洒落な気分になった後、バスは山道を辿り山間の温泉、老神(おいがみ)温泉、朝日ホテルに着く。

このホテルは、もちろん温泉や景色がウリだが、カメラを手にした私は、意表を突いてホテルの土産物ショップに入り込んだのである。こんな施設もあると、一応抑えておいて、くらいのつもりだったが、地産風(完全に地元産ということでもないので)土産物の種類がハンパでなく、多い。

画像(180x118)・拡大画像(500x328)

よく見ると、例の「ゆべし」のバリエーションではないか。
なにっ、「蒟蒻にぎりゆべし」だって!?食べなかったのでわからないが、興味をそそるなあ。

画像(179x180)・拡大画像(500x501)

こちらは、群馬の代表選手「かんぴょう」だ。向うに「凍どうふ」と「花豆」がある。こちらも群馬らしい。

画像(180x132)・拡大画像(500x369)

な、なんと、こちらは「がごめ昆布茶」?隣は「豆腐のみそ漬け」である。特にわからなかった「がごめ昆布茶」をNetで調べたら、
がごめ昆布とは北海道の函館市〜室蘭市にかけて産する「かごの目」に似た突起が表面にある事からそう呼ばれる昆布のこと。他の昆布に比べると、特に粘り気が強く、栄養価が高いのだそう。
これは岐阜県本巣市のメーカーの稀少商品でした。
豆腐みそ漬けも酒のつまみに向いていそうですなあ。

画像(180x106)・拡大画像(500x297)

まだまだ、あって、山里らしい「しょうが湯」(…このあたりの子は風邪をひいたらのまされたのだろうか)や、

画像(180x119)・拡大画像(500x332)

さしみこんにゃく(これも群馬の定番)に「姿わらびのたまり漬け」…日本酒向き!?

「こごみ笹竹」なんてぇのも、お酒に合いそうで。
残念ながら、これらの土産物も、カメラの」被写体として、おもしろい!とサカサカ撮ったので、いずれも買っていません。ただ、こうして見てみると、値段も手ごろで買ってみればよかった、と…。
どなたか、おいでになったらお好みのものをぜひお試しあれ。

次は、老神温泉朝日ホテルのお風呂の話でーす。

画像(320x182)・拡大画像(500x285)

山の恵をラー油に漬けこんだ手造りの、とあります

Posted by 小池 泉壬 at 20時09分
  記事のURL   トラックバック ( 0 )   この記事にコメントを書く ( 0 )

ページのトップへ ページのトップへ

ただいまの投票テーマは…
“観光バス旅、あなたは利用派?”
投票する結果を見る

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

■当サイトはリンクフリーです。
バス旅天国バナー
バナーをご利用ください。リンクはバス旅天国トップページへお願いします。なお設置後ご連絡いただけると幸いです。

▼ランキングUPにご協力を。
人気ブログランキング
↑ご覧いただきありがとうございます。もしよろしければ当サイトのランクアップのために、1日1回の清きワンクリックをお願いいたします!



RSS1.0
Copyright (C) 2006-2008 Bee Communication co.,ltd. All rights reserved.